2018年08月09日 UPDATE

ハリアーが2018年にフルモデルチェンジ?寸歩|レビュー|年次改良は?

プレミアムSUVが人気の2018年、マイナーチェンジが完了したかっこいいハリアーがフルモデルチェンジをするかも?年次改良とも言えるチェンジを進めている、特別仕様車もあるハリアーのフルモデルチェンジやマイナーチェンジの内容や寸法、2018年レビューなどをご紹介!

目次

  1. 年次改良を繰り返し、マイナーチェンジしたかっこいいトヨタ・ハリアーが2018年フルモデルチェンジ?
  2. 2018年までマイナーチェンジ・フルモデルチェンジから年次改良を進めてきたトヨタのハリアーとは?
  3. これまでのマイナーチェンジとフルモデルチェンジで進化したトヨタ・ハリアーの現行モデルの2018年レビュー!
  4. ハリアーのレビュー:エクステリア
  5. ハリアーのレビュー:インテリア
  6. ハリアーのレビュー:エンジン性能・走行性能
  7. マイナーチェンジからフルモデルチェンジへ。2018年年次改良により進化するであろう新型ハリアーの変更内容を予想!
  8. マイナーチェンジからフルモデルチェンジへ。2018年ハリアーの改良予想その1:走行性能
  9. マイナーチェンジからフルモデルチェンジへ。2018年ハリアーの改良予想その2:エンジン性能
  10. マイナーチェンジからフルモデルチェンジへ。2018年ハリアーの改良予想その3:安全性能
  11. マイナーチェンジ・フルモデルチェンジと進化する2018年のハリアーを見守ろう!

年次改良を繰り返し、マイナーチェンジしたかっこいいトヨタ・ハリアーが2018年フルモデルチェンジ?

Carlineup harrier top pic 10 02
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/top/carlineup_harrier_top_pic_10_02.jpg
どのメーカーも大きく力を入れているSUV。最近ではクロスオーバーSUVが大変な人気を博している。ニッサンのCX5やCX8などが代表として挙げられるが、その中でも、トヨタのハリアーは特別仕様車もあり、ラグジュアリーな高級感あふれるSUV車といえるだろう。高級車は車体価格が高くて手を出せないと思っている人でも、ハリアーは手が届く値段設定となっている。
Rqbcsrl8jjrzkhdxlawt
引用: https://twitter.com/hiro_SRv/status/1005677700105711616
特別仕様車もあり、年次改良のごとく改良やモデルの追加を進めるかっこいいハリアー。この流れに沿って、2018年あたりにフルモデルチェンジをするかもしれない。気になるフルモデルチェンジの内容や寸法、特別仕様車の存在など、現在ハリアーに目を付けている人へ、ハリアーのレビューやフルモデルチェンジになった時の予想などをご紹介しよう!
765c8c68507984ab6e171a578d63af41
引用: https://i.pinimg.com/564x/76/5c/8c/765c8c68507984ab6e171a578d63af41.jpg

2018年までマイナーチェンジ・フルモデルチェンジから年次改良を進めてきたトヨタのハリアーとは?

Carlineup harrier exterior top pic 01 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_01_01_pc.jpg
ハリアー(HARRIER)は、トヨタ自動車が製造・販売しているクロスオーバーSUVである。「高級サルーン(セダン)の乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUVとして開発され、1997年に初代モデルが発売された。「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを開拓した先駆的モデルであり、後に世界中のメーカーから数多くの追随モデルが発売されることとなった。
引用元: ja.wikipedia.org

Carlineup harrier exterior top pic 04 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_04_01_pc.jpg
日本国外では初代と2代目モデルが同社の「レクサス」ブランドにおいて「RX」として販売されていた。国内においては2009年に発売された3代目RXでレクサス店での取扱いに移行したが、その後も2代目モデルの2.4L車及びハイブリッド車が「ハリアー」ならびに「ハリアーハイブリッド」として継続して販売されていた。その後、約一年の休売期間を経て3代目ハリアーにフルモデルチェンジされ、レクサスRXから分離・独立して日本国内専売車種となった。
引用元: ja.wikipedia.org

Carlineup harrier exterior top pic 06 04
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_06_04.jpg
Carlineup harrier interior top pic 07 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/interior/top/carlineup_harrier_interior_top_pic_07_01_pc.jpg
Carlineup harrier performance top pic 11
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/performance/top/carlineup_harrier_performance_top_pic_11.jpg
Carlineup harrier interior top pic 05 06
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/interior/top/carlineup_harrier_interior_top_pic_05_06.jpg
現在でも不動の人気を誇る、特別仕様車もあるトヨタのハリアー。初代のものに比べれば、シャープなエクステリアとシンプルでかっこいいインテリアが魅力的だ。最終的にはレクサスと別れて、トヨタのハリアーとしての地位を確立している。年次改良を繰り返して進化するハリアーは寸法なども変化してきた。現行モデルのレビューはどうなっているのだろうか?

関連記事

これまでのマイナーチェンジとフルモデルチェンジで進化したトヨタ・ハリアーの現行モデルの2018年レビュー!

3bf5ff62016abeffed920fb9250bf585
引用: https://i.pinimg.com/564x/3b/f5/ff/3bf5ff62016abeffed920fb9250bf585.jpg
現行のトヨタハリアーのレビューをチェックしてみよう。現行のモデルの走りや乗り心地から、次のハリアーが見えてくるかもしれない。

ハリアーのレビュー:エクステリア

【エクステリア】 歴代のハリアーの印象を残しつつかなり攻めたデザインでかっこいいです。 今までSUVに興味もなく、SUVにエアロ?とか思ってましたが、街で見たモデリスタver1に惚れました。 とにかくハリアーは他のSUVにはないスポーティーなエアロの似合うデザインです。
引用元: review.kakaku.com

ハリアーのレビュー:インテリア

Carlineup harrier grade top pic 10
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/grade/top/carlineup_harrier_grade_top_pic_10.jpg
【インテリア】 この車の最大の売り。高級感は他の追随を許さない。
引用元: review.kakaku.com

インテリア・エクステリアのデザイン性はやはりレビューでも評価が高い。特徴はエアロがとてもにあう車だということ。しかしながら、エアロなしでも十分にかっこいいという意見もある。エアロをつければ全長の寸法は変わるものの、寸法が大きくなってもさらにかっこいいハリアーにすることができそうだ。

ハリアーのレビュー:エンジン性能・走行性能

Carlineup harrier grade top pic 03
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/grade/top/carlineup_harrier_grade_top_pic_03.jpg
【エンジン性能】 2000CCのターボ車ですが、街中はゆったりと走って、高速や急な上り坂では驚くほど本領を発揮してくれます。 昔流行ったドッカーンターボはダサ過ぎます。一般道で競争し合ってどうするのって感じです。 ハリアーはまさに爪を隠した鷹、今時のターボ車と言えるでしょう。
引用元: review.kakaku.com

エンジン性能についても、今時のターボと評価を受けるレビューもあり、上々といえるだろう。求めるクオリティによっては、物足りないというレビューも見受けられた。モデルチェンジによって、さらなる性能アップに期待したいところ。
622b37aade4c49e2dd75cbdcbf8fae1e
引用: https://i.pinimg.com/564x/62/2b/37/622b37aade4c49e2dd75cbdcbf8fae1e.jpg
【燃費】 多分燃費を気にする方は多いんではないでしょうか 、高速だと13いきますし街中の通勤でも10切ることはないです。 走り方次第ではもっと燃費も良くなりそうです
引用元: review.kakaku.com

3dcd080cb62770b617bb536a03b44004
引用: https://i.pinimg.com/564x/3d/cd/08/3dcd080cb62770b617bb536a03b44004.jpg
【走行性能】 パフォーマンスダンパーのおかげか、曲がる時に変な挙動がありません、高速は、まっすぐ走りハンドルも安定しています 【乗り心地】 ノーマルと比べれば固めですが、高速では非常に乗り心地いいです
引用元: review.kakaku.com

燃費やエンジン性能も含めて、こちらも評価がいいレビューが目立つ。中には、走行性能や乗り心地に疑問を呈するレビューも見受けられる。年次改良で進化するハリアーだが、フルモデルチェンジではどんな改良がくわえられるのだろうか?特別仕様車も登場が期待されるかっこいいハリアーの変更はどこに加えられるのだろうか?

マイナーチェンジからフルモデルチェンジへ。2018年年次改良により進化するであろう新型ハリアーの変更内容を予想!

4efb22499a37bcc3c6b47a500dfe327a
引用: https://i.pinimg.com/564x/4e/fb/22/4efb22499a37bcc3c6b47a500dfe327a.jpg
年次改良に加えてフルモデルチェンジが予想されるトヨタのハリアー。ここでは、エンジンと走行性能、安全性能にフォーカスして予想をしてみよう。外観や内装、寸法に至るまで、これからも進化と発展が期待できるトヨタのハリアーの改良予想をご紹介!

マイナーチェンジからフルモデルチェンジへ。2018年ハリアーの改良予想その1:走行性能

Tnga main pic
引用: https://toyota.jp/pages/contents/prius/004_p_001/image/tnga/top/tnga-main-pic.jpg
トヨタの新しいプラットフォームであるTNGA技術が採用される新型ハリアー。そこには燃費の向上や動力性能、寸法が変わるボディの剛性の向上が含まれている。走行性能としては、基本性能の見直しである「走る」「曲がる」「止まる」という箇所が見直される。また、パワートレインの低重心・高性能ユニットという考え方を追加し、走行性能の向上が期待できる。

マイナーチェンジからフルモデルチェンジへ。2018年ハリアーの改良予想その2:エンジン性能

Carlineup camry performance 2
引用: https://toyota.jp/pages/contents/camry/008_p_001/nxt/image/performance/carlineup_camry_performance_2.jpg
エンジン性能についても、ダイナミックフォースエンジンの採用が確実だろう。次世代プラットフォームであるTNGAのコンセプトに基づいて設計されたエンジンとなる。新型カムリへの搭載より、これからのトヨタ車へ適応となり、寸法も変わる。このエンジンの特徴は、ガソリン・ハイブリッド共に最大熱効率40%を実現しているところにある。このエンジンによって、最大出力や最大トルクの向上と、燃費の向上が期待できる。

マイナーチェンジからフルモデルチェンジへ。2018年ハリアーの改良予想その3:安全性能

Pic 2
引用: https://toyota.jp/pages/contents/prius/004_p_001/image/tnga/top/pic-2.jpg
安全性能にもさらなる進歩がみられるであろう新型ハリアー。トヨタの第二世代のセーフティセンスが適応となるだろう。ハイビームの調整を自動で行うアダプティブハイビームシステムや、ミリ波レーダーとカメラで衝突を防ぐプレクラッシュセーフティーシステム。
その他にも現行のハリアーに追加される安全性能システムとしては、道路の標識をディスプレイに表示するロードサインアシストなど。さらなる安全性を求めて、ハリアーは進化する。

関連記事

マイナーチェンジ・フルモデルチェンジと進化する2018年のハリアーを見守ろう!

D39aec956cec4c35dc4b8274d83e5f54
引用: https://i.pinimg.com/564x/d3/9a/ec/d39aec956cec4c35dc4b8274d83e5f54.jpg
評価も高くかっこいいハリアー。モデルチェンジの際は、特別仕様車の登場も期待できる。寸法の変化なども気になるところだが、エンジンや安全性能も向上するだろう。燃費の向上はもちろんのこと、特別仕様車のカスタムも気になるところ。マイナーチェンジ・フルモデルチェンジを繰り返し、進化する2018年のハリアーを見守ろう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/0c/2b/29/0c2b29cfe98370c20c511d4017eb0d4a.jpg