2018年06月12日 UPDATE

アロマキャンドルの使い方!いつ使う?おすすめの時間や楽しみ方!

アロマキャンドルは近年流行っているアイテムですが意外と正しい使い方を知らない方も多いのでは?そこでアロマキャンドルの正しい使い方を解説!アロマキャンドルの使用時間や火傷などの注意点から、いつ使うべきか・お風呂でのアロマキャンドルの楽しみ方までご紹介します!

目次

  1. アロマキャンドルの効果
  2. アロマキャンドルの使い方①1時間以上は使用する
  3. アロマキャンドルの使い方②溶けたロウは捨てる
  4. アロマキャンドルの使い方③芯を調節する
  5. アロマキャンドルの使い方④正しい消し方
  6. お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点①換気
  7. お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点②火傷
  8. お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点③湯船に落下
  9. お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点④耐熱性のキャンドルホルダー
  10. アロマキャンドルはいつ使う?
  11. まとめ

アロマキャンドルの効果

923922526670b35e961d31a1033d4b68
引用: https://i.pinimg.com/564x/92/39/22/923922526670b35e961d31a1033d4b68.jpg

アロマキャンドルには目で癒す楽しみ方と香りで癒す楽しみ方があります。楽しみ方は人それぞれですが、アロマキャンドルにはこの2つの癒し効果があるため人気のあるアイテムです。そして、使える場所が色々と幅広くおしゃれな使い方やデザインが多くあるので特に女性に人気あるものとなっています。これまで日本ではキャンドルアーティストなんていませんでしたが、今では日本で活躍できると国内にも数多くのキャンドルアーティストがいます。人気あるデザイナーの作品になると2,000円から数万円するキャンドルがあります。キャンドルには色々な効果があり楽しみ方も人それぞれとなっています。

2bc995f13278809c16173182a63630dc
引用: https://i.pinimg.com/564x/2b/c9/95/2bc995f13278809c16173182a63630dc.jpg

関連記事

アロマキャンドルの使い方①1時間以上は使用する

47d60b987cdfd03abb1ec6dfdfeb1bf1
引用: https://i.pinimg.com/564x/47/d6/0b/47d60b987cdfd03abb1ec6dfdfeb1bf1.jpg

アロマキャンドルが人気ありますが、実は人気あるのにもかかわらずあまり正しい使い方がされていないもの現実です。アロマは火を使いますので、癒し効果がありますが危険なものとなってしまいます。そして、火災だけでなく一酸化炭素中毒にもなる危険性がありますので正しい使い方を身につけ楽しみ方を見つけましょう。アロマキャンドルの使い方は「最低1時間は使用」することです。キャンドルは短時間使用するだけの方法を取りますと火のついた周りだけロウが溶け周りの部分が溶けなく火のついた部分だけが穴が開くというブサイクなキャンドルとなってしまいます。なので、火でロウが均一に解けるまで1時間以上は使用するようにしましょう。キャンドルの大きさ尚にもよりますが、多きものや面積の広いものは1時間では均一に溶けないこともありますのでキャンドルの解け方にあわせてたのしみましょう。

Lwxkfqpshyi. ux300 ttw
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/S/aplus-seller-content-images-us-east-1/A1VC38T7YXB528/A2ZY0PE6VJETL/B00YR0SHRM/lWXKFqPShyi._UX300_TTW_.jpg

アロマキャンドルの使い方②溶けたロウは捨てる

5f19368d36a990329c86eeb85e1240e5
引用: https://i.pinimg.com/564x/5f/19/36/5f19368d36a990329c86eeb85e1240e5.jpg

アロマキャンドルの正しい使い方は「溶けたロウは捨てる」ことです。アロマキャンドルを試用したことの無い方に良くありがちなことで溶けたロウをそのままに状態にして次回使うときまで放置することです。溶けたロウをそのままにしてしまうとアロマの香りが付いている部分のキャンドルが溶けないためアロマの香りを楽しめませんなので、ロウを残しておくとアロマキャンドルとして意味が全くないものになります。アロマの香りを楽しみには溶けたロウは必ず捨てるようにしましょう。ロウを捨てるときは高温となっていますので、十分に注意して捨てるようにしましょう。皮膚に付くとロウは固まりますので取ることができず火傷してしまうので捨てる際は手袋などしましょう。

7a67f46f9a395aaf8141a180edcc065f
引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/67/f4/7a67f46f9a395aaf8141a180edcc065f.jpg

アロマキャンドルの使い方③芯を調節する

D29fe42736dbb6391e626a9b0347d5a0
引用: https://i.pinimg.com/564x/d2/9f/e4/d29fe42736dbb6391e626a9b0347d5a0.jpg

アロマキャンドルの正しい使い方は「芯の長さを調整する」ことです。使用するとロウは溶け出しますが芯は溶けず長いまま残っています。芯が長いまま火をつけたりしますと黒い煙が上がったり少し燃える可能性があります。アロマのせっかくのいい香りが焦げた煙などで台無しとなってしまうため芯の長さ調整は必要となってきます。また、芯の長さには焦げるだけでなく火の大きさなさなど違ってきます。芯が長いと火が大きくなりキャンドルの消費が早くなります。逆に短すぎると火が弱くキャンドルの溶けが遅くアロマの香りを楽しめません。キャンドルを楽しむにはキャンドル芯を適度な長さに調節しなければいけません。キャンドル芯の最適の長さは5mmから6mm程度の長さがおすすめです。

Aromacandle discimage
引用: https://cache.ymall.jp/image/special/201209_aromacandle/aromacandle_discimage.jpg

アロマキャンドルの使い方④正しい消し方

21d8359da39229fb69104379c06ca487
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/d8/35/21d8359da39229fb69104379c06ca487.jpg

アロマキャンドルの正しい使い方は「正しい消し方」を知っておくことです。キャンドルを消すときに意外とやりがちなのが息を吹きかけ消す方法です。その方法で火を消しますと焦げ臭い嫌な臭いがします。焦げ臭い匂いがするとせっかくいい匂いになった部屋も台無しとなってしまいますので、アロマキャンドルを使用するときは正しい火の消し方を身に付けましょう。アロマキャンドルの正しい消し方にはアイテムがあります。それは「スヌーファー」です。スヌーファーはキャンドルの火を消すための道具です。スヌーファーは色々種類がありますがおしゃれなデザインのものが多くおしゃれなキャンドルの雰囲気に合った火消しアイテムです。アロマの香りを上手に楽しむにはスヌーファーなど使用して消しましょう。スヌーファーがない場合の消し方はピンセットなどキャンドル芯を挟んで消す方法とキャンドル芯を溶けたロウに付けて消す方法があります。ただし、キャンドル芯をロウに付けて消す場合は長時間付けておくと固まり次回使うときにキャンドル芯に日が付きにくくなることがあります。また、キャンドル芯がロウの中で固まることもありますので長時間つけておくのはやめましょう。

4cb1fea5431b80903530b72b43d50457
引用: https://i.pinimg.com/564x/4c/b1/fe/4cb1fea5431b80903530b72b43d50457.jpg

お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点①換気

0b390ba9411ad900cb502f1eb6825e43
引用: https://i.pinimg.com/564x/0b/39/0b/0b390ba9411ad900cb502f1eb6825e43.jpg

アロマキャンドルの楽しみ方のひとつにお風呂があります。お風呂で使用すると幻想的な時間を楽しめますが、お風呂でアロマキャンドルを使うには注意点を知っておかなければいけません。そこでアロマキャンドルをお風呂で使用するときに気をつけることをご紹介します。お風呂でキャンドルを使用するときには必ず換気をするようにしましょう。アロマキャンドルは多きものから小さいものななどありますが、大小かかわらずに換気が必須です。そして、アロマキャンドルを使うときに良くやるのが多くの数のキャンドルをつけることですが、幻想的な雰囲気を楽しめますが、一酸化炭素中毒の危険がありますので換気は必ず行いましょう。

B2e7c491817aa5fb282f112b69a83549
引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/e7/c4/b2e7c491817aa5fb282f112b69a83549.jpg

お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点②火傷

A73ccaa890ff926e0ffa9e088eb3c020
引用: https://i.pinimg.com/564x/a7/3c/ca/a73ccaa890ff926e0ffa9e088eb3c020.jpg

お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意する点は「火傷」です。水を扱うお風呂で火傷をするというのはあまり意味が分からない方もいると思いますが、実はキャンドルでの火傷が多くその中でもお風呂の中での火傷経験が多くあります。キャンドルでの火傷といっても火があたって火傷というものではなく火を消そうとしたときに火傷をしたり、消した後キャンドルを移動させようとしたときにやけどすることがあります。キャンドルは火を消した後でも高温となっているのでやけどをする可能性が高くなっています。キャンドルの扱いには十分注意しましょう。

4de0126721cfe95ae4bc21cc723dfce3
引用: https://i.pinimg.com/564x/4d/e0/12/4de0126721cfe95ae4bc21cc723dfce3.jpg

お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点③湯船に落下

D2e3db887e779ab6d1067fdaea9f3233
引用: https://i.pinimg.com/564x/d2/e3/db/d2e3db887e779ab6d1067fdaea9f3233.jpg

お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意する点は「湯舟へのキャンドルの落下」です。お風呂場は以外と平らな部分が少なくキャンドルが湯船に落ちてしまうということもあります。火のついたままのキャンドルが湯船に落ちてもやけどや火災が起こることはありませんが、アロマキャンドルには余り肌にいい成分が入っていないため肌荒れの原因となってしまう可能性があります。キャンドルが落下しないよう安定した場所に置き楽しむようにしましょう。

F7d48ecc6c8da32c87e5228b54383947
引用: https://i.pinimg.com/564x/f7/d4/8e/f7d48ecc6c8da32c87e5228b54383947.jpg

お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点④耐熱性のキャンドルホルダー

14b3e96327749227177b86c01daa9f30
引用: https://i.pinimg.com/564x/14/b3/e9/14b3e96327749227177b86c01daa9f30.jpg

お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意する点は「耐熱性のあるキャンドルホルダー」です。キャンドルは耐熱容器にはいて楽しめるものですが、キャンドル容器が耐熱になっていたとしてもキャンドルを置いている場所は高温となるため置いてある部分が焦げたり溶け出したりする危険性がありますので耐熱性のキャンドルホルダーを使用してアロマキャンドルを楽しみましょう。

Ce5d798af568ca405e847dc1c387a930
引用: https://i.pinimg.com/564x/ce/5d/79/ce5d798af568ca405e847dc1c387a930.jpg

アロマキャンドルはいつ使う?

10960717d39a242464ed4f6e8a15b30b
引用: https://i.pinimg.com/564x/10/96/07/10960717d39a242464ed4f6e8a15b30b.jpg

アロマキャンドルはいつ使うのですが、アロマキャンドルは癒されたいときに使う方が多くいますいつ使うかは個人差がありますが、癒されたいときにおすすめします。また、いつ使うかはありませんが、幻想的な雰囲気を楽しむにもおすすめです。いつ使うのという疑問ですが、来客時などにもおすすめです。アロマキャンドルはあまり香りのきついものではありませんので自然にリラックスが楽しめます。

0228178821f3902c684a8d410a1721e0
引用: https://i.pinimg.com/564x/02/28/17/0228178821f3902c684a8d410a1721e0.jpg

関連記事

まとめ

アロマキャンドルの使い方や楽しみ方、いつ使うのかなど参考になったでしょうか。アロマキャンドルは癒し効果のある幻想的なアイテムです。火を使ったりしますので危険なアイテムですので十分注意して使用するようにしましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/92/39/22/923922526670b35e961d31a1033d4b68.jpg