Veaf543hsfxpfytcpylj

雑貨

CATEGORY | カテゴリー

アロマキャンドルの使い方!いつ使う?おすすめの時間や楽しみ方!

2018.06.12

アロマキャンドルは近年流行っているアイテムですが意外と正しい使い方を知らない方も多いのでは?そこでアロマキャンドルの正しい使い方を解説!アロマキャンドルの使用時間や火傷などの注意点から、いつ使うべきか・お風呂でのアロマキャンドルの楽しみ方までご紹介します!

目次

  1. アロマキャンドルの効果
  2. アロマキャンドルの使い方①1時間以上は使用する
  3. アロマキャンドルの使い方②溶けたロウは捨てる
  4. アロマキャンドルの使い方③芯を調節する
  5. アロマキャンドルの使い方④正しい消し方
  6. お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点①換気
  7. お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点②火傷
  8. お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点③湯船に落下
  9. お風呂でアロマキャンドルの使い方や注意点④耐熱性のキャンドルホルダー
  10. アロマキャンドルはいつ使う?
  11. まとめ
923922526670b35e961d31a1033d4b68
引用: https://i.pinimg.com/564x/92/39/22/923922526670b35e961d31a1033d4b68.jpg

アロマキャンドルには目で癒す楽しみ方と香りで癒す楽しみ方があります。楽しみ方は人それぞれですが、アロマキャンドルにはこの2つの癒し効果があるため人気のあるアイテムです。そして、使える場所が色々と幅広くおしゃれな使い方やデザインが多くあるので特に女性に人気あるものとなっています。これまで日本ではキャンドルアーティストなんていませんでしたが、今では日本で活躍できると国内にも数多くのキャンドルアーティストがいます。人気あるデザイナーの作品になると2,000円から数万円するキャンドルがあります。キャンドルには色々な効果があり楽しみ方も人それぞれとなっています。

2bc995f13278809c16173182a63630dc
引用: https://i.pinimg.com/564x/2b/c9/95/2bc995f13278809c16173182a63630dc.jpg

関連記事

47d60b987cdfd03abb1ec6dfdfeb1bf1
引用: https://i.pinimg.com/564x/47/d6/0b/47d60b987cdfd03abb1ec6dfdfeb1bf1.jpg

アロマキャンドルが人気ありますが、実は人気あるのにもかかわらずあまり正しい使い方がされていないもの現実です。アロマは火を使いますので、癒し効果がありますが危険なものとなってしまいます。そして、火災だけでなく一酸化炭素中毒にもなる危険性がありますので正しい使い方を身につけ楽しみ方を見つけましょう。アロマキャンドルの使い方は「最低1時間は使用」することです。キャンドルは短時間使用するだけの方法を取りますと火のついた周りだけロウが溶け周りの部分が溶けなく火のついた部分だけが穴が開くというブサイクなキャンドルとなってしまいます。なので、火でロウが均一に解けるまで1時間以上は使用するようにしましょう。キャンドルの大きさ尚にもよりますが、多きものや面積の広いものは1時間では均一に溶けないこともありますのでキャンドルの解け方にあわせてたのしみましょう。

Lwxkfqpshyi. ux300 ttw
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/S/aplus-seller-content-images-us-east-1/A1VC38T7YXB528/A2ZY0PE6VJETL/B00YR0SHRM/lWXKFqPShyi._UX300_TTW_.jpg
5f19368d36a990329c86eeb85e1240e5
引用: https://i.pinimg.com/564x/5f/19/36/5f19368d36a990329c86eeb85e1240e5.jpg

アロマキャンドルの正しい使い方は「溶けたロウは捨てる」ことです。アロマキャンドルを試用したことの無い方に良くありがちなことで溶けたロウをそのままに状態にして次回使うときまで放置することです。溶けたロウをそのままにしてしまうとアロマの香りが付いている部分のキャンドルが溶けないためアロマの香りを楽しめませんなので、ロウを残しておくとアロマキャンドルとして意味が全くないものになります。アロマの香りを楽しみには溶けたロウは必ず捨てるようにしましょう。ロウを捨てるときは高温となっていますので、十分に注意して捨てるようにしましょう。皮膚に付くとロウは固まりますので取ることができず火傷してしまうので捨てる際は手袋などしましょう。

1 / 4