2018年06月13日 UPDATE

ゴアテックスとは?最強防水素材の商品の種類別お手入れ方法を紹介!

ゴアテックスとは何か聞いたことありますか?ゴアテックスとはどのような素材でどのようなお手入れ方法があるでしょうか?ゴアテックスの商品の種類とお手入れ方法が気になる方へ、防水性に優れたゴアテックスのおすすめのお手入れ方法をご紹介します。

目次

  1. ゴアテックスとは
  2. おすすめのゴアテックスとは【素材】
  3. おすすめのゴアテックスとは【種類】
  4. おすすめのゴアテックスとは【防水機能】
  5. おすすめのゴアテックスとは【お手入れ方法】
  6. おすすめのゴアテックスとは【ノースフェイス】
  7. おすすめのゴアテックスとは【モンベル】
  8. おすすめのゴアテックスとは【靴】
  9. おすすめのゴアテックスとは【靴下】
  10. おすすめのゴアテックスとは【まとめ】

ゴアテックスとは

Maker01 pict01
引用: http://webshop.montbell.jp/material/aboutmaterial/maker/images/maker01_pict01.gif

ゴアテックスという言葉をよくききませんか?ゴアテックスとはどのような物でしょうか?ゴアテックスの素材とはどのようなものかみていきましょう。ゴアテックスの特長ですがまず雨の親友を防ぐことが第一の特徴です。簡単にいうと優れた防水素材ですね。

Original
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.kurashi-no.jp/production/posts/eyecatches/000/008/453/original.jpg?1504367899

防水機能が高いゴアテックスですが防水はもちろんですが防水とセットで嬉しい防風機能もあります。しかし防水と防風は便利ですが蒸れないか心配ですよね?ゴアテックスとは雨の侵入を防ぎ風邪を防ぎ蒸れない効果もあります。何といっても梅雨時期にはゴアテックスは最強アイテムですね。

関連記事

おすすめのゴアテックスとは【素材】

08 02gore tex img01
引用: http://www.tanakasangyo.com/wp/wp-content/themes/tanaka_sngy/images/products/category/08_02gore-tex_img01.jpg

ゴアテックスとは1979年に創業者の息子のボブ・ゴアが開発しました。ゴアテックスの元となるものはPTFEという樹脂からできており皆さんの身近にも使われているフライパンやホットプレートのテフロン加工のテフロンが布に開発へとしていきました。ゴアテックスの原料はテフロン加工のテフロン?でもテフロンは何から?って考えますよね?テフロンをもっと軽量化しないとウェアにできないと考えられて開発を続けて色々と試行錯誤されたのでしょう。

Eptfe membrane
引用: https://www.gore.co.jp/sites/g/files/ypyipe116/files/2016-06/eptfe-membrane.jpg

防水性に優れた素材としてテフロンでもあるPTFEから人工血管にも使われているePTFEが採用されることになりました。ePTFEとは原料がホタル石です。ゴアテックスの原料は石から作られたことになります。この原料となったホタル石から防水、防風、蒸れを無くす素材が開発されたのは素晴らしいですね。

おすすめのゴアテックスとは【種類】

Skkltjoe6ljpsx5ve9lw
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523281410/skkltjoe6ljpsx5ve9lw.gif

次はゴアテックスの種類についてみていきましょう。ゴアテックスの種類は基本的にレイヤーで分けられています。3層、2層とかに分けられており各用途により使い分けします。しかしゴアテックスの2層といっても構造上どうしても3層になってしまうようですが少し3層のゴアテックスとは違うため2.5層といわれるものがあるそうです。

Cat goretex
引用: https://shopping.c.yimg.jp/lib/kutuya-net/cat-goretex.gif

ゴアテックスの種類によっても色々あるようですがどのゴアテックスもやはり通常の防水機能よりはるかに優れていることがいえるようです。その防水機能はどのような感じか気になると思います。防水機能についても見ていきましょう。

おすすめのゴアテックスとは【防水機能】

F0177260 1023223
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201011/02/60/f0177260_1023223.jpg

ゴアテックスの特長でもある防水機能ですがゴアテックスで防水機能がなくなると意味がないですよね。このゴアテックスの防水機能はどれぐらい優れているのでしょうか。ゴアテックスの防水機能は非常に優れているため各ブランドメーカーがゴアテックス素材のシューズやウェアを販売していますね。耐久性が非常に優れており防水機能も長く持続するためアウトドアや登山に最適な素材と言えるようです。

Article sp 14812315810 6965e3d928 k
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/production.hinata.me/image/image/860047484103015882/article_sp_14812315810_6965e3d928_k.jpg

よくある防水機能付きシューズとかはすぐに防水機能がなくなりますがゴアテックスは素材そのものが防水機能ですのでお手入れを怠らなければ半永久的に使用できます。何でもそうですが一番重要なのはお手入れですよね。それではお手入れ方法も見ていきましょう。

おすすめのゴアテックスとは【お手入れ方法】

Img 20170825 123513
引用: http://naitoradiary.up.n.seesaa.net/naitoradiary/image/IMG_20170825_123513.jpg?d=a1

まずゴアテックスにも種類が色々ありますが種類に関係なくお手入れの基本はこのようになりますので覚えておきましょう。まずお手入れといっても洗濯ですよね。ゴアテックスの洗濯でまずしてはいけないことがあります。塩素系んお漂白剤は厳禁です。ゴアテックスの洗濯手順はぬるま湯で通常より少なめの液体洗剤で洗濯をしてください。普通の洗濯よるすすぎを念入りにするようにしましょう。また選択する際に粉末洗剤も使えません。また他の物と一緒には選択しないようにした方が良いですね。

2 3
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2016/06/2-3.jpg

乾燥させる時は基本的には自然乾燥です。脱水も軽めで乾燥機は使わないようにしましょう。またアイロンがけを行う時はスチームは止めて低音でアイロンをあててください。ドライクリーニングについては撥水加工をやり直さないといけなくなるそうですのでメーカーの注意書きや撥水加工の手順を良く読んでから行いましょう。基本的にドライクリーニングはしない方が良いですね。しかし何度も洗濯を繰り返しているとたとえゴアテックスといっても撥水効果低下します。撥水加工は市販の撥水材もしくはアウトドアのお店で説明を聞いてから購入をおすすめします。

おすすめのゴアテックスとは【ノースフェイス】

Np61540 1
引用: https://tshop.r10s.jp/demodesports/cabinet/tnf/jkt/np61540_1.jpg?fitin=275:275

ゴアテックスの商品を販売されているメーカのご紹介です。まずはノースフェイスです。ノースフェイスでは防水ジャケット・パーカーが多く販売されています。普段雨の日のレインコートにゴアテックスのじゃけっとが 使えますね。ゴアテックスのジャケットも防水性、防風にすぐれていて梅雨時期にはとても人気の商品ですね。ノースフェイスの エンデュランスフーディーなどは耐久性もあり軽くて人気がとてもあります。

A19aa35f2c2ff6a9d0aab8dfd6a5161d
引用: https://iwiz-kainavi.c.yimg.jp/d/iwiz-kainavi/p/b1/49/27/a19aa35f2c2ff6a9d0aab8dfd6a5161d.jpg

ゴアテックス製品全体が人気がありますが値段が高いという欠点がありますね。でも機能全体を見ていると値段はこれぐらいは仕方ないと納得できるはずです。またゴアテックス素材を使った商品の中ではノースフェイスは良心的な価格で販売されているためおすすめです。

おすすめのゴアテックスとは【モンベル】

0ff5e03504df526fa24f0d143dd75f8f
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2016/04/0ff5e03504df526fa24f0d143dd75f8f.jpg

ゴアテックスジャケットで次におすすめするブランドはモンベルです。モンベルは日本のアウトドアブランドで日本国内でも根強い人気のブランドです。ゴアテックスのジャケットもデザイン性もよく使用する人が便利な作りになっていますね。さすがアウトドアメーカーともいえます。門bルのゴアテックスジャケットは通勤通学の雨の日にも使う方がいるぐらい人気があるようです。

Crane mon 1132101
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/crane_mon-1132101

毎年梅雨時期になると売れるゴアテックスジャケットですがモンベルのゴアテックスジャケットのおすすめは首元がハイネックになっているレインダンサージャケットというのがおすすめです。蒸れないため雨の日にはとても便利です。

おすすめのゴアテックスとは【靴】

Tk3248bk 1
引用: http://www.cap10.jp/products/gore_shoes/image/tk3248bk_1.jpg

ゴアテックスといえばジャケットが多いと思っている方が多いと思いますが実はゴアテックスの靴も販売されています。靴で嫌な思い出はありませんか?大雨の中革靴で通勤・通学して会社や学校に着いた時は靴はもちろん靴下までがびしょびしょになってしまっていることが経験したことがあると思います。また晴れの日でも革靴は蒸れやすいためゴアテックスの革靴になると蒸れないので人気が高いです。

Imgrc0070495996
引用: https://tshop.r10s.jp/flags/cabinet/imgrc0070495996.jpg?fitin=275:275

革靴を履いている人で多いのが足の蒸れですよね。足の群れが続くと水虫の原因ともなり職業病ともなったりします。水虫になる人は特にゴアテックスの靴がおすすめです。

おすすめのゴアテックスとは【靴下】

41bm4leq67l. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41BM4lEQ67L._SY355_.jpg

ゴアテックスの靴を紹介しましたがゴアテックスの靴下も販売されています。ゴアテックスの靴下は魚釣りなどアウトドアにも最適です。また梅雨時期などの大雨の中で通勤で使うと便利です。まず、防水機能に優れているため足が蒸れません。また完全防水ですので少々の雨でもびくともしません。

61gjpl1%2bnxl. sy450
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61GjpL1%2BNxL._SY450_.jpg

おそらく雨の日の足の蒸れでお悩みの方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?ゴアテックス素材の靴下は通勤通学はもちろんレジャーにもおすすめですね。色は派手な物から地味な物まで色々ありますので使用用途に合わせて選ぶと良いでしょう。靴下にしたら値段はめちゃくちゃ高く感じますが蒸れない靴下で使用してみたら満足できる商品と思います。

関連記事

おすすめのゴアテックスとは【まとめ】

ゴアテックスは防水機能、防風機能、蒸れ防止の機能が付いた最先端素材ではないでしょうか?最近は色々な物がゴアテックスで作られてきていますので今後も楽しみな素材ですね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://lh3.googleusercontent.com/-pYlORQ0cr84/VtRovbO3PHI/AAAAAAACMA0/ruC5xdTR0jI/h600-o/20131229140418d84.jpg