Cpcqfrhpyxjlgg75lair

インテリア

CATEGORY | インテリア

枕は低反発と高反発どちらがおすすめ?それぞれ人気ブランドを紹介!

2018.06.12

枕には低反発枕と高反発枕があります。どちらにもメリットデメリットがありますが、どちらの枕がいいのかなど解説いたします。枕の正しい選び方・おすすめの人気ブランドから、向きによる寝心地の変化までご紹介します!自分にあった枕は低反発・高反発どっち?

目次

  1. 【低反発/高反発】枕の正しい選び方
  2. 【低反発/高反発】枕の正しい選び方①枕と首の関係
  3. 【低反発/高反発】枕の正しい選び方②枕の高さ
  4. 【低反発/高反発】枕の正しい選び方③寝返り
  5. 【低反発/高反発】枕の正しい選び方④通気性は良いか
  6. 【低反発/高反発】枕の正しい選び方⑤枕カバーの素材
  7. 横向き上向きで寝心地が変わる
  8. 低反発枕のメリット
  9. 低反発枕のデメリット
  10. 高反発枕のメリット
  11. 【低反発/高反発】おすすめブランド人気枕①
  12. 【低反発/高反発】おすすめブランド人気枕②
  13. 【低反発/高反発】おすすめブランド人気枕③
  14. まとめ
51a fer7svl. sl1200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51A-fer7SVL._SL1200_.jpg

枕を選ぶときに無意識的に悩んでしまうのが低反発か高反発、そして枕の柔らかさと硬さです。この2つは基本的に睡眠の質を上げるのには必ず必要となってくるものですが、そのほかにも枕選びに欠かせないことをご紹介します。枕には高反発枕や低反発枕とありますが、選ぶ基準はそれだけでなく枕と首の関係や枕の高さ、寝返りがしやすい蚊など枕を選ぶだけですが、高反発か低反発かという単純な話ではないのです。そこで、本当に快眠が得れる身体にフィットした枕選びをご紹介します。

61dfsfd6o3l. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61DFsfD6O3L._SL1000_.jpg

関連記事

51me%2bhmldrl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Me%2BHmLDRL._SL1000_.jpg

正しい枕の選び方には「枕と首の関係」を知ることが必要となってきます。今現在お使いの枕は低反発枕ですか。それとも高反発枕ですか。枕には基本的に2種類ありますが、その中でも枕から首までフィットしたものを選ばなければいい質の睡眠はできません。頭から首まで真っ直ぐな構造となっていません。硬い枕だと頭だけで首を支えるため肩こりの原因となります。また柔らか過ぎる枕だと頭と首の隙間を埋めることが出来ますが、埋めれるだけで首を本当に支えていることにはなりません。枕を選ぶ時はただ硬いものがいいとは限りません。そして柔らかすぎても首を本当に支える事が出来ているとは限りません。なので枕を選ぶ時は、頭と首の隙間を埋めることができ頭から首全体を均一の重さで支えることが出来る枕なのかを確認して購入しましょう。

71tkyvckykl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71TKYVckyKL._SL1500_.jpg
61fcq7xpjrl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Fcq7xpjRL._SL1500_.jpg

2つ目の正しい枕の選び方には「枕の高さ」を知ることが必要となってきます。枕選びには頭と首のフィット性が大切とご紹介しましたが、頭と首だけがフィットしているだけではいい質の睡眠を得ることが出来ません。いい質の睡眠を得るには枕の高さも重要なものとなってきます。枕には高さが色々あります。枕の高さには人それぞれの頭から首の付け根までフィットさせるために本来考えられた高さですが、頭を高くしないと寝られないという方や低くないとねr内といった本来の使いかたとは違う方法で利用されています。枕の高さは頭から首の付け根まで自然なフィット性を作るためにあるものです。また、体型によって枕の高さが変わってきます。首の太い方や太っている方は枕を高くしてしまうと呼吸が出来なくなることがありその影響でいびきをしてしまう可能性もあります。

1 / 4