A4063xe5oue4jw1z9srz

CATEGORY | カテゴリー

ハイエースの内装をカスタム!純正パーツをdiy/塗装でおしゃれに!

2018.06.13

商用車にも見えてしまうはハイエース。内装はきっちりとカスタムパーツで装飾しておきたいところです。ここでは、ハイエース内装をオシャレにカスタムできる純正パーツの紹介や、ウッド調パネルやクリップの外し方などdiyとして簡単にできる方法をご紹介。

目次

  1. ハイエースの醍醐味は内装を好みのデザインにカスタムすること!
  2. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!①内張りクリップの外し方を紹介!
  3. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!②超豪華VIP仕様!
  4. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!③キャンプに便利なカスタム例
  5. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!④ハイエース カスタム 内装 舞杏コンプリート レッドパッケージ
  6. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!⑤200系ハイエースⅡ型ウッド調カスタム
  7. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!⑥ハイエース200系ワゴンGL対面シートカスタム
  8. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!⑦オールブラック仕様『flexdreamハイエース200系デモカー内装カスタムFD-BOX3』
  9. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!⑧ほぼ家のような車中泊仕様『ハイエース車内泊DIYカスタム デスク&床編』
  10. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!⑨フルフラットベッド仕様『ハイエース200系ワゴンGLシート内装カスタムFD-BOX3』
  11. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!⑩土足厳禁!走るBAR仕様『ハイエース カスタム 内装 レガンス コンプリート TYPE-G Toyota Hiace 200 modified LEGANCE Style』
  12. ハイエースの内装カスタムをウッド調から車中泊仕様まで徹底紹介!純正パーツを塗装・diyするための内張りクリップの外し方も紹介!⑪対面ベンチ仕様『flexdreamハイエース内装カスタムコンプリート FD-BOX5 Revo i-Seat バタフライ型』
  13. ハイエースの内装をカスタムして自分好みの1台に仕上げよう!

ハイエースは車内に非常に広い空間を持っているので、多くは商用車として使われることが多いクルマでした。しかし、近年ではハイエースを自家用車としてオシャレに乗りこなす若者が増えてきています。ハイエースを乗っていて商用車と間違われるのはもったいないので、外装はもちろんのこと内装までしっかりとオシャレにカスタマイズして誰が見ても商用車ではないということをアピールできるように用意しておきましょう。

ハイエースは、他のファミリーカーに比べて圧倒的な室内空間の広さを持っています。そのため、カスタマイズしようと思えば、原型が想像できないほど手の込んだオシャレな空間を作り出すことも可能になっています。ハイエースと同じトヨタから販売されている「アルファード」は、ノーマルの段階からある程度ラグジュアリーな内装になっていますが、逆に言うとほとんどカスタマイズする余地が無いとも言えます。その点ハイエースは、内装のほとんどの場所が手つかずの状態なので、自分好みの空間にカスタマイズする楽しみがあるのです。

旅行に出かけたときに車中泊を行ないたいのならば、フルフラットのベッドを搭載して自宅の寝室よりも快適な空間を作り上げることも可能です。また、若い女の子を連れ込んでパーティー気分を味わいたいのならば、キラキラでゴージャスな内装にすることも可能です。さらに、ハイエースは非常に流通量が多い車種なので、内装をカスタマイズするためのパーツも非常の多く出回っています。そのため、クルマにそこまで詳しくないという人であっても、パーツを買ってきて組み込むだけで、ある程度まではオシャレにカスタマイズすることが可能になっているのです。

関連記事

ハイエースの内装をカスタマイズする上で、絶対に行うであろう作業に「内張りクリップを外す」という行程があります。ハイエースは、内装の内張りをクリップで固定しているのですが、この内張りクリップの場所が初心者には分かりづらい場所に配置されています。分かりやすい場所にあると目立ってしまうのは理解できますが、説明書なんかがあってもいい気がしますね。こちらの内張りクリップですが、実は適当に力技で外すのはNGとなっています。自分のクルマを廃車にするまで乗り続けるのならば問題ありませんが、中古車として買い取ってもらう場合には、一度ノーマルの状態に戻した方が高く買い取ってくれることもあります。そのため、しっかりと手順を把握してクリップを壊さないように丁寧に外してあげましょう。

1 / 4