Zyhlslomkqxljqlnetjg

CATEGORY | カテゴリー

マツダロゴの変更後がダサい?昔からの変遷を画像付きで紹介!

2018.06.08

ロゴマークは、どのカーメーカーも持っているインパクトのある印。マツダのロゴがダサいという意見が多いのもあってか、変更となった。昔から旧ロゴがダサいと思われていた、変遷するマツダのロゴ変更と神・悪魔などのロゴの意味を画像付きでご紹介しよう!

目次

  1. 旧ロゴはダサい?マツダのロゴ変更とは?
  2. 旧ロゴはダサいので変更?マツダというカーメーカー。
  3. ダサいロゴを変更!マツダの変遷と歴史とは?
  4. 変更がかかっている、ダサいと言われがちな「カモメマーク」と称されるマツダのロゴ・社名の由来とは?
  5. ダサいと言われ変更?マツダのロゴマークの意味その1:マツダの「M」
  6. ダサいと言われ変更?マツダのロゴマークの意味その2:フライング「M」
  7. ダサいと言われ変更?マツダのロゴマークの意味その3:「MAZDA」とゾロアスターの神と悪魔
  8. 「ダサい」からの脱却!マツダロゴの変更変遷を画像付きでご紹介!
  9. 昔の旧ロゴから現在まで!マツダのロゴ変遷と画像その1:1934年~
  10. 昔の旧ロゴから現在まで!マツダのロゴ変遷と画像その2:1936~
  11. 昔の旧ロゴから現在まで!マツダのロゴ変遷と画像その3:1959~
  12. 昔の旧ロゴから現在まで!マツダのロゴ変遷と画像その4:1975~
  13. 昔の旧ロゴから現在まで!マツダのロゴ変遷と画像その5:1992~
  14. 昔の旧ロゴから現在まで!マツダのロゴ変遷と画像その6:1997~
  15. 昔の旧ロゴから現在まで!マツダのロゴ変遷と画像その7:2017~
  16. 深い意味が込められているマツダのロゴが新しくなった!
D8a6cf870832ad27dfdef3bdc3feb3a6
引用: https://i.pinimg.com/564x/d8/a6/cf/d8a6cf870832ad27dfdef3bdc3feb3a6.jpg

車のエンブレムに用いられる車のロゴデザインは、消費者にとって何を感じさせるか、どんな車なのかを代弁する大事なファクターだ。例えばベンツやポルシェのような簡素でクールなロゴなら、だれもが認識できて、なおかつどんな車なのかを、ロゴを見るだけで判断できてしまう。ロゴの大切さがよくわかる例だろう。

1a11811f471a1834e17096157cac8cb7
引用: https://i.pinimg.com/564x/1a/11/81/1a11811f471a1834e17096157cac8cb7.jpg

さて、近年のマツダのロゴはよくダサいと言われてきた。ロゴの変遷をたどってみると、意外に改善はされてきているのかもしれない。旧ロゴよりシンプルにはなっているが、マツダ車に乗る人ならぜひ知っておきたい、そのロゴや社名の意味は知らないという人も多いのでは。マツダのロゴ変遷を画像付きでご紹介しよう。

1d338d4786c2df2274b41ef36bfeef74
引用: https://i.pinimg.com/564x/1d/33/8d/1d338d4786c2df2274b41ef36bfeef74.jpg
マツダ株式会社英訳:MazdaMotorCorporation。会社が設立されたのは1920年大正9年1月30日である。本社は広島県の安芸郡府中町にあり、従業員数は合計44,035名を誇る。代表取締役社長兼CEO小飼雅道氏。資本金は、2,589億5,709万6,762円である。

25b4bdf1c1ba9eb58200a72c42f1cc5f
引用: https://i.pinimg.com/564x/25/b4/bd/25b4bdf1c1ba9eb58200a72c42f1cc5f.jpg

歴史の長いマツダ。現在では、demioやアクセラ、ロードスターやアテンザなどの人気車種をはじめとして、CXシリーズなどのリリースも相まって機運が高まっているカーメーカーといえるだろう。街中のどこにでもマツダのカーディーラーを見ることができ、売り上げも上々のカーメーカー。そんなディーラーの看板には、昔からマツダのロゴマークが看板として飾られている。

Db8ee25001ed4daa84de65b590e5140a
引用: https://i.pinimg.com/564x/db/8e/e2/db8ee25001ed4daa84de65b590e5140a.jpg

カーオブザイヤーを受賞し続けている車種も存在するマツダだが、ロゴマークに関してはあまり評判のいいものではなかった。画像で見ても、印象としてはあまり特別なものは感じないだろう。そこにはどんな意味が込められているのか?カーメーカーとして、どんなコンセプトをもとに立ち上げた会社なのだろうか?

関連記事

71a818004debdd2ba17a048e8ade679a
引用: https://i.pinimg.com/564x/71/a8/18/71a818004debdd2ba17a048e8ade679a.jpg
1920年(大正9年)に前身の『東洋コルク工業』が設立。すぐに『東洋工業』に名称を変更した。これはコルク以外にも、自動車や削岩機(2002年に撤退)や工作機械(1989年に子会社へ移管)等の事業を広げたためである。 戦前はオート三輪/三輪自動車[11]のダイハツ、くろがねと共に三大オート三輪メーカーであった。戦後もマツダはオート三輪の製造販売を続け、エンジン排気量が2000ccクラスのT2000三輪トラックをリリース

Ba55614747d979d628d5caec0dc48205
引用: https://i.pinimg.com/564x/ba/55/61/ba55614747d979d628d5caec0dc48205.jpg

創設期はワイン用コルクなどの製造を行っていた前身の「東洋工業」。その後、社名を変えながら車の製造へと移行していく。3輪自動車製造に始まるマツダは、世界大戦を耐え抜き、現在の活躍へと活路をつないでいる。飛ぶ鳥を落とす勢いのマツダだが、ロゴは鳥にちなんだものなのだろうか?

833b3cf9df639ac9c0289e3204ad35c3
引用: https://i.pinimg.com/564x/83/3b/3c/833b3cf9df639ac9c0289e3204ad35c3.jpg

マツダの社名の由来は、みんなが思う以上に意外であり、面白いストーリーなのではないだろうか。調べなければなかなかたどり着かない情報ではあるものの、ロゴマークにはいろいろな由来が込められているのはご存じだろうか?そのストーリーや意味をひとつづつご紹介しよう。

1 / 3