2018年06月15日 UPDATE

ハイエースマイナーチェンジ最新情報!5型の価格や燃費などご紹介!

ハイエースでマイナーチェンジが行われました。今回はマイナーチェンジが行われた部分やマイナーチェンジ後の価格などハイエースの最新情報をお届けします。ディーゼルエンジン、5型の燃費や価格・スペックを新型ハイエース最新情報とともに画像付きでご紹介します。

目次

  1. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報
  2. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報①ディーゼルエンジン
  3. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報ディーゼルエンジンのメリット
  4. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報ディーゼルエンジンのデメリット
  5. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報ディーゼルエンジンのスペック
  6. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報②盗難対策
  7. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報③価格
  8. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報④特別仕様車
  9. 【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報⑤安全性能
  10. ハイエース300系フルモデルチェンジ最新情報
  11. まとめ

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報

Carlineup hiacevan grade special 3 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/special/carlineup_hiacevan_grade_special_3_01_pc.png
今回マイナーチェンジを行った200系5型ハイエースの最新情報をご紹介します。今回のマイナーチェンジではエクステリアの変更がなく画像では今までのハイエースと違いを見分けるのは出来ませんが、性能としては大幅な変更があったと言えます。今回変更された箇所は「ディーゼルエンジンの搭載」「盗難対策」「価格」「特別仕様車」「安全性能」この5つが変更されました。画像では分からない部分を細かくご紹介していきます。
Carlineup hiacevan grade special 3 02 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/special/carlineup_hiacevan_grade_special_3_02_pc.png

関連記事

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報①ディーゼルエンジン

Carlineup hiacevan performance engine 3 03 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/performance/engine/carlineup_hiacevan_performance_engine_3_03_pc.png
今回マイナ-チェンジが行われた200系5型の大きな変更点はディーゼルエンジンの搭載ではないでしょうか。過去にもディーゼルエンジンを搭載したハイエースはありましたが、今回搭載されるディーゼルエンジンは過去のとは違いスペックがあがったものです。今回発売されるディーゼルエンジンは燃費性能、トルクなどの背負う高性能が上がったものです。過去のハイエースとはまた違った走りを体感することが出来ます。
Carlineup hiacevan performance engine 3 04 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/performance/engine/carlineup_hiacevan_performance_engine_3_04_pc.png

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報ディーゼルエンジンのメリット

Carlineup hiacevan performance performance 3 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/performance/performance/carlineup_hiacevan_performance_performance_3_01_pc.png
新型ハイエースディーゼルエンジンのメリットデメリットをご紹介します。新型ハイエースのディーゼルのメリットは燃費性能の向上と燃料となる軽油が安いこと、トルクが上がりエンジンの耐久性が上がります。新型ディーゼルに変更すると購入後お金のかかる燃料費や修理にかかる金額が抑えられるということです。ハイエースの使用目的は仕事や趣味といった長距離を移動する目的に使用することが多く移動などにかかってくる燃料費や修理費というのはバカにならないものです。そういった部分を押さえることが出来のは仕事や趣味などに使う方とっていいことだらけです。
Carlineup hiacevan top 3 14 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/top/carlineup_hiacevan_top_3_14_pc.png

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報ディーゼルエンジンのデメリット

Carlineup hiacevan grade 3 44 lb
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/carlineup_hiacevan_grade_3_44_lb.png
新型ハイエースのディーゼルのデメリットはディーゼルエンジンらしいエンジン音やディーゼルになったことでのエンジンオイルの交換がガソリン車に比べて交換頻度が多くなることです。そして、4型からのことですがAdBlueの補充が必要になったことです。AdBlueについては後ほど詳しくご紹介します。問題なのがインジェクターの異常が多いことです。ハイエースは今まで1型から5型まで出していますが、どこかひとつは以上が見られるもので今回はそういったどうしようもない部分の異常がないものかと想定していましたが、今回のマイナーチェンジされた5型でも異常があるとのことです。直らない車の以上は購入したら一生付き合っていかなければいけないことですが異常があるのはなんとも納得いかないものです。ディーゼルエンジンの関係で音がうるさかったりエンジンオイルの交換頻度が増えるのは少々納得できますが、異常というのは悩まされるものです。マイナーチェンジを行うのだからこそ異常がない状態で妥協ラインなしで発売してほしいものです。
Hiacevan cp style3 image04 04 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style3/hiacevan_cp_style3_image04-04_pc.png

AdBlueについて

Carlineup hiacevan performance engine 3 08 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/performance/engine/carlineup_hiacevan_performance_engine_3_08_pc.png
ハイエースを購入するのなら今後一生付きあわなければいけないのがAdBlueです。AdBlueは4型からあるデメリットですが、今回も改善されることなく付いている機能です。AdBlueというのはエンジンをかけるのに必要な液体となっております。AdBlueは7.4リットルのタンクで走行距離1,000キロごとに1リットル減る使用となっています。なので年間10,000キロを走るのであれば年に1回満タン補充が必要となっていきます。トヨタ側はイージーメンテナンスとして画像で分かる通りボンネットから日常的な点検が行いやすいよう配慮を行っているとしていますが、そもそもこういったものがあるのはデメリットにしかなりません。長距離を走る目的で購入される方はAdBlueの補充に注意が必要となっています。
Carlineup hiacevan grade 3 36 lb
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/carlineup_hiacevan_grade_3_36_lb.png

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報ディーゼルエンジンのスペック

Hiacevan cp style3 image01 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style3/hiacevan_cp_style3_image01-01_pc.png
ディーゼルエンジンのスペックをご紹介します。今回変更されたディーゼルエンジンのスペックは最高出力:177PS/3,400rpm、最大トルク:450Nm/1,600-2,400rpm、排気量:2,754ccとなっています。過去のディーゼルエンジンのスペックは最高出力:144PS/3,400rpm、最大トルク:300Nm/1,200-3,200rpm、排気量:2,982ccとなっています。トルクから排気量まで全てスペックが上がっているのが分かります。こうしたところが画像で分かることが出来ない点の一つです。
Hiacevan cp style3 image03 04 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style3/hiacevan_cp_style3_image03-04_pc.png

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報②盗難対策

Carlineup hiacevan style 3 04 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/style/carlineup_hiacevan_style_3_04_pc.png
マイナーチェンジで追加されるのが盗難対策でうs。トヨタ車は盗難件数が多く盗難被害でトヨタ社の車がワースト5位を独占状態です。盗難車ワースト5位の終止符を打つためにこれまで追加オプションだった盗難対策セキュリティアラームを標準装備しました。これまでイモビライザーなど防犯対策を取ってきましたが、盗難犯も質を上げイモビライザーカッターなどありいたちごっこでした。今回搭載されるセキュリティアラームはドアのこじ開けや侵入などの盗難時にホーンとハザードランプの点滅で警告するというシステムです。ここにも画像だけでは分からない変更点があります。
Hiacevan cp style3 image02 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style3/hiacevan_cp_style3_image02-01_pc.png

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報③価格

Carlineup hiacevan style 3 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/style/carlineup_hiacevan_style_3_01_pc.png
マイナーチェンジで価格に少し変化があります。ガソリン車タイプの場合は今までの価格に10万円ほど高くなっています。ディーゼルエンジンタイプは過去の価格より30万円高額となっています。価格の変化は妥当といえるものだと思います。
Carlineup hiacevan style 3 02 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/style/carlineup_hiacevan_style_3_02_pc.png

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報④特別仕様車

Carlineup hiacevan grade special 3 03 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/special/carlineup_hiacevan_grade_special_3_03_pc.png
ハイエースに特別仕様車の変更がありました。画像で確認できる通りハンドルの一部やインテリアなどに高級感あふれる木目調になっています。その他にもインパネなどの変更されています。画像で見る限りではわからない部分をご紹介しますとフロントグリルやメッキバックドアガーニッシュのメッキ変更、ヘッドライトのLEDへの変更などです。画像では分からない変更点を実物を見て違いを確認して見てはいかがでしょうか。
Carlineup hiacevan grade special 3 04 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/special/carlineup_hiacevan_grade_special_3_04_pc.png

【価格/燃費/ディーゼル】新型ハイエースマイナーチェンジ最新情報⑤安全性能

Carlineup hiacevan safety tssp 3 04 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/safety/tssp/carlineup_hiacevan_safety_tssp_3_04_pc.png
変更点は安全性能です。追加されるのはToyota Safety Sense Pです。Toyota Safety Sense Pは自動ブレーキ、車線はみ出しアラート、自動ハイビームが安全標準装備されました。ハイエースの今まで醜かった武運や安全走行がこのシステムにより更なる安全を実現することが出来ます。
Carlineup hiacevan safety tssp 3 05 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/safety/tssp/carlineup_hiacevan_safety_tssp_3_05_pc.png

ハイエース300系フルモデルチェンジ最新情報

ハイエースは今回マイナーチェンジを行いましたが、2018年末から2019年以降にフルモデルチェンジが行われるとの最新情報があります。今回フルモデルチェンジが行われる場所は今までのハイエースは座席の下にエンジンが搭載してあるキャブオーバー型でしたが今後フルモデルチェンジが行われる場合はボンネットにエンジンが搭載されるセミボンネット型になると予想されています。海外のハイエースは今日本で売られている200系5型ではなくボンネットにエンジンが搭載されているプロエースというものです。なぜ今までの200系5型のような形にでなくなる理由は安全性の問題です。今ある200系5型のハイエースは衝突安全性能の条件に満たせなくなってくる可能性があるため今後ボディの形から変更されるのではないかとされています。

関連記事

まとめ

新型マイナーチェンジが行われた200系5型のハイエースの最新情報は参考になったでしょうか。今回200系5型ハイエースは変更された箇所は少ないものですが、大きな変化といえます。デザイン自体の変更点は画像など見ても見当たりませんが、安全性能、エンジン性能、価格、特別仕様車など変更がありました。安全性能はトヨタ車についているToyota Safety Sense Pが搭載されエンジンはディーゼル仕様車が加わりました。価格としてはディーゼルの価格が少し加えられたような形です。あまり変更したようには見えませんが乗って見ると違いが分かること間違いなしです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/top/carlineup_hiacevan_top_3_24_pc.png