Qeq3zdorhx3g6zzw1yba

CATEGORY | カテゴリー

ハイエース200系5型マイナーチェンジによる違いは?新型の変更点解説!

2018.06.10

現在販売中のハイエースはフルモデルチェンジとマイナーチェンジを繰り返して、「200系」の「5型」と呼ばれています。このハイエース200系5型は、マイナーチェンジでどんな変更があったのでしょうか。旧型と新型の違いを、装備や価格、燃費の面から比較していきますよ。

目次

  1. ハイエースの「200系5型」って?
  2. ハイエースは「200系5型」へマイナーチェンジ! ① 安全装備に違いが
  3. ハイエースは「200系5型」へマイナーチェンジ! ② ディーゼルエンジンに違いが
  4. ハイエースは「200系5型」へマイナーチェンジ! ⑤ 燃費にも違いが
  5. ハイエースは「200系5型」へマイナーチェンジ! ③ オートマチック車仕様に違いが
  6. ハイエースは「200系5型」へマイナーチェンジ! ④ 盗難防止システムにも違いが
  7. ハイエースは「200系5型」へマイナーチェンジ! ⑥ ほかにもこんな違いが
  8. ハイエースは「200系5型」へマイナーチェンジ! ⑦ 価格にも違いが
  9. ハイエースは「200系5型」へマイナーチェンジ! 〔番外編〕 次のフルモデルチェンジは?
  10. ハイエースはどこへ向かっていくのか
21110804493 o
引用: http://fsv2.autoc-one.jp/images/article/201711/21110804493_o.jpg

ハイエースは、1967年から販売されている、トヨタ自動車のキャブオーバータイプの乗用車です。モデルチェンジを繰り返し、現在販売されているのが、2004年から製造販売されている「200系」です。そして、50周年となった2017年にマイナーチェンジされた新型モデルが「5型」と呼ばれています。

Carlineup hiacevan safety tssp 3 01 pc
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/safety/tssp/carlineup_hiacevan_safety_tssp_3_01_pc.png

トヨタが展開する衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備しています。

“Toyota Safety Sense P”は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。

20171122 2068
引用: https://www.do-blog.jp/needsbox/photo/20171122-2068.png

レーダーやカメラにより、事故を未然に防ぐことが可能になっていますね。さらに、車線をはみ出していることを知らせてくれる「車線はみ出しアラート」や、夜間のライディングを制御してくれる「自動ハイビーム」などの機能も搭載しています。

1/5