2018年06月06日 UPDATE

スカイラインマイナーチェンジ(2018)のレビュー!変更点と違いを比較!

日産のスカイラインが、マイナーチェンジを施し登場した。数々の変更点が見受けられるその車体はラグジュアリーできれいな流線形を見せてくれる。今回は前バージョンとの違いを比較。2018年も人気のスカイラインのマイナーチェンジについてレビューを参考にご紹介しよう!

目次

  1. 違いや変更点を比較!マイナーチェンジを施したスカイラインとは?
  2. スカイラインのマイナーチェンジの内容を知る前に、人気のスカイラインをおさらいしよう!
  3. 全モデルと比較したい。マイナーチェンジを施したスカイラインと、そのスペックとは?
  4. 2018年も人気のマイナーチェンジ後のスカイラインのレビュー。変更点はどんなところ?
  5. 2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその1:フロントデザイン
  6. 2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその2:リアデザイン
  7. 2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその3:インテリアデザイン
  8. 2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその4:ステアリングデザイン
  9. 2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその5:ホイール
  10. インフィニティQ50 も先行でマイナーチェンジ!気になる違いとは?
  11. インフィニティQ50のマイナーチェンジ変更点と違いその1:ダイレクトアダプティブステアリング
  12. インフィニティQ50のマイナーチェンジ変更点と違いその2:プロパイロット
  13. インフィニティQ50のマイナーチェンジ変更点と違いその3:Red Sportの追加
  14. 新しく施されたスカイラインのマイナーチェンジ。よりスポーティなデザインで爽快に走ろう!

違いや変更点を比較!マイナーチェンジを施したスカイラインとは?

A982cc23b53568e45f249acb9e483abe
引用: https://i.pinimg.com/564x/a9/82/cc/a982cc23b53568e45f249acb9e483abe.jpg

日産の名車であり、インフィニティQ50としてもリリースされているスカイライン。爽快な走りと機能性、外観のフォルムがきれいな息の長い名車はマイナーチェンジとモデルチェンジを繰り返し、新しく登場となった。2018年も人気が収まりそうにないスカイラインの最新のマイナーチェンジが気になるところ。

3abe3d4a5b4a9921418bbe54946559bb
引用: https://i.pinimg.com/564x/3a/be/3d/3abe3d4a5b4a9921418bbe54946559bb.jpg

果たして、新しくマイナーチェンジを施したスカイラインと、前モデルのスカイラインとの間の違いはどこにあるのだろうか?また、変更点を比較すると、どんなところに個性を見つけることができるだろうか?スカイラインのおさらいと、2018年も人気が続くであろう、マイナーチェンジ後のスカイラインをご紹介しよう!

スカイラインのマイナーチェンジの内容を知る前に、人気のスカイラインをおさらいしよう!

3f0421650073700ab464cf17694ec325
引用: https://i.pinimg.com/564x/3f/04/21/3f0421650073700ab464cf17694ec325.jpg
スカイライン (SKYLINE) は日産自動車が製造・販売している乗用車である。1957年に富士精密工業(のちのプリンス自動車)の主力車種として生産を開始。1966年にプリンスが日産自動車と合併した後も車名が引き継がれ、長期に渡って生産されてきた。 車名は「山並みと青空を区切る稜線」に由来する。2007年3月21日、名付け親の桜井眞一郎がこの名を思いついた場所である群馬県草津町の山小屋「芳ヶ平ヒュッテ」に、生産50周年を記念して「スカイライン命名の地」のプレートが設置される。

Skyline 1712 350gt sp.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/specifications/grade/skyline_1712_350gt_sp.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

現在リリースされているスカイラインは、なんと13代目となり、最初に製造されたスカイラインから比較して、長年にわたって製造がつづいている人気車種。現在はV37型と呼ばれるスカイラインとなっており、ハイブリッドモデル導入や、エンジン性能や機能性も含めて、スカイライン最高峰のモデルとなっている。

関連記事

全モデルと比較したい。マイナーチェンジを施したスカイラインと、そのスペックとは?

Skyline 1712 exterior interior cs1 001.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/exterior_interior/skyline_1712_exterior_interior_cs1_001.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg
Skyline 1712 exterior interior th1 001.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/exterior_interior/skyline_1712_exterior_interior_th1_001.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg
Skyline 1712 top cs3 006.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/top/skyline_1712_top_cs3_006.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

【全長】4815mm【全幅】1820mm【全高】1440mm

【ホイルベース】2850mm 【車両重量】1810kg 【定員数】5人

Skyline 1712 top cs3 010.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/top/skyline_1712_top_cs3_010.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

スカイラインの仕様としては、マイナーチェンジとなるので、ハイブリット仕様やガソリン仕様のエンジン性能などのパワートレインに関しては大きな変化は見られない。しかしながら、インテリアやエクステリアなどが、よりスポーティなモデルへと変化を遂げている。マイナーチェンジにおける変更点や違いはどこにあるのだろうか?レビューをチェックしてみよう。

2018年も人気のマイナーチェンジ後のスカイラインのレビュー。変更点はどんなところ?

4b968d04c386a4ed4bf15e72f6048cd4
引用: https://i.pinimg.com/564x/4b/96/8d/4b968d04c386a4ed4bf15e72f6048cd4.jpg

2017年年末のマイナーチェンジ発表から話題の日産スカイライン。これまでのモデルに比べて、どの部分が変更点なのか、また、旧モデルとの違いはどこにあるのだろうか?スカイラインのマイナーチェンジにおける変更点や違いをチェックしてみよう。

2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその1:フロントデザイン

Skyline 1712 top cs3 002.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/top/skyline_1712_top_cs3_002.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

マイナーチェンジの変更点のひとつは、フロントグリルのデザイン。流行でもあるフロントグリルのデザインを大型化することによって、その高級感と存在感を高めている。また、スカイラインを正面から見た時の表情がより鋭く、違いが出ている。よりスポーティな車を意識させるフロントデザインへと変更となっている。

2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその2:リアデザイン

55bfb764f219ee10e9433408e8e700cc
引用: https://i.pinimg.com/564x/55/bf/b7/55bfb764f219ee10e9433408e8e700cc.jpg

フロント部分に加えて、リアの表情も大きく変わっている。主な変更点はテールランプ。インフィニティをより意識したテールランプの形へと変更となっている。ほかの車種との類似を指摘されていたスカイラインだったが、今回の変更により、デザインはより高級なインフィニティに近いものになっている。

2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその3:インテリアデザイン

Skyline 1712 exterior interior th2 001.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/exterior_interior/skyline_1712_exterior_interior_th2_001.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

インテリアデザインの違いとしては、インストゥルメントパネルの変更。細やかなパターンをおりなすステッチが、より造形美を際立たせるデザインとなった。このデザイン変更は、スカイラインのコックピットに座ったときに、よりスポーティーなセダンとしての魅力を、乗り手にも感じさせることができる変更となった。

他にはシフトノブの変更点が挙げられる。これまでと比較すると、より豪華で繊細なデザイン変更が行われている。シフトノブの形状も握りやすく、スポーティな走りを実現してくれそだ。

2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその4:ステアリングデザイン

Skyline 1712 exterior interior th1 002.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/exterior_interior/skyline_1712_exterior_interior_th1_002.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

ステアリングデザインにも変更点がある。違いは、グリップが少々太くなったこと。これによって、グリップを握った時の感覚がより運転しやすくなり、ステアリングホイールの中央部分が6角形へと変化し、それを覆うアルミメッキの枠が、乗り手の走る意欲を掻き立てるデザインとなった。また、ステアリングについているスイッチもデザイン変更となり、より扱いやすいステアリングホイールとなっている。

2018年も人気!スカイライン・マイナーチェンジでの変更点とレビューその5:ホイール

Skyline 1712 top cs3 005.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/top/skyline_1712_top_cs3_005.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

今回のマイナーチェンジでは、アルミホイールのデザインも変更となっている。よりスポーティさを感じさせるデザインへと変更となっており、切削光輝19インチアルミホイールを採用。これにより、さらなる快適でスポーティな走りを感じさせる外観へと変化している。

関連記事

インフィニティQ50 も先行でマイナーチェンジ!気になる違いとは?

3f7eb56a88636b5e5b023faf1227efcc
引用: https://i.pinimg.com/564x/3f/7e/b5/3f7eb56a88636b5e5b023faf1227efcc.jpg
日産の高級車ブランド・インフィニティは、量産型可変圧縮比エンジンを搭載した新型SUV「QX50」を発表した。 日産は、高級車ブランド・インフィニティのフラッグシップSUVとなる「QX80モノグラフ」の画像を公開した。 ... 日産の米国ブランド・インフィニティは、デトロイトモーターショーで新型「Q60」を世界初公開した。

C561c98f62a8c35709db533f821e254e
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/61/c9/c561c98f62a8c35709db533f821e254e.jpg

北米で展開するインフィニティのQ50は、スカイラインと同じモデル。こちらのQ50も日本のスカイラインに先行してマイナーチェンジを施している。その内容と違いはどんなところにあるのか?スカイラインあわせて、インフィニティQ50のマイナーチェンジ内容もチェックしてみよう。

インフィニティQ50のマイナーチェンジ変更点と違いその1:ダイレクトアダプティブステアリング

63e80eff78f4a548dc3a37480f961c51
引用: https://i.pinimg.com/564x/63/e8/0e/63e80eff78f4a548dc3a37480f961c51.jpg

インフィニティQ50の大きな変更点のひとつとして、ダイレクトアダプティブステアリングのアップグレードが挙げられる。ステアリングの反応を自分で選ぶことができる機能となっており、Q50を走らせるシーンに合わせて、全六種類ものモード切替が可能になっている。

インフィニティQ50のマイナーチェンジ変更点と違いその2:プロパイロット

378c6c07f8c6a25c0f53f679bb126224
引用: https://i.pinimg.com/564x/37/8c/6c/378c6c07f8c6a25c0f53f679bb126224.jpg
Piloted Drive 1.0は高速道路の単一のレーンを自律的に走行することが出来るのみである!! 徐々に機能が追加され 2018年にはレーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。 2020年には市街の交差点を安全にナビゲート出来るようなるそうだ。

自動運転機能を搭載したマイナーチェンジ後のQ50。それによって、さらなる快適な走行性が期待できる。

インフィニティQ50のマイナーチェンジ変更点と違いその3:Red Sportの追加

2d7ac995874ce854daa283e4b2b51d92
引用: https://i.pinimg.com/564x/2d/7a/c9/2d7ac995874ce854daa283e4b2b51d92.jpg
日産の海外向け高級ブランド、インフィニティの新型Q50(日本名:ニッサン・スカイライン)に設定されたハイパフォーマンスモデル「レッドスポーツ400」の北米市場での価格が発表され、4月8日に発売が開始された。車両価格は、後輪駆動仕様で4万7950ドル(約517万円)、4WD仕様は4 万9950ドル(約539万円)である。

新しく施されたスカイラインのマイナーチェンジ。よりスポーティなデザインで爽快に走ろう!

Skyline 1712 top cs3 009.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/top/skyline_1712_top_cs3_009.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

現行型のスカイラインに初めて施されたマイナーチェンジは、前モデルと比較しても、スカイラインをまた大きく変えそうだ。これまでのモデルよりも、よりソリッドな外観と、豪華になった内装が魅力的。スカイラインに乗る人の意識も変えてしまう勢いだ。スポーティなマイナーチェンジを施したスカイラインで爽快に走ろう!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/skyline/1712/exterior_interior/skyline_1712_exterior_interior_cs1_002.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg