H6zkygsqduduerh4j2an

トレーニング

CATEGORY | カテゴリー

筋トレは寝る前にしても効果があるの?メリットとデメリットを紹介!

2018.05.05

筋トレをするタイミングについて、悩んだ経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。寝る前に筋トレをしても効果あるの?寝る前に筋トレをするメリット・デメリットって何だろう?今回は、『寝る前』に筋トレを行うメリット・デメリットや効果についてご紹介いたします。

目次

  1. 寝る前筋トレのメリットデメリット:寝る前に筋トレを行っても大丈夫?
  2. 寝る前筋トレのメリットデメリット:この時間帯がベスト!筋トレの効果抜群な時間帯
  3. 寝る前筋トレのメリットデメリット:夕方から夜の時間帯はキツいんだけど?
  4. 寝る前筋トレのメリットデメリット:これなら寝る前にやっても大丈夫!
  5. 寝る前筋トレのメリットデメリット:寝る前にオススメの筋トレメニュー!
  6. 寝る前筋トレのメリットデメリット:筋トレ後のおすすめストレッチ
  7. 寝る前筋トレのメリットデメリット:寝る前に筋トレをする時のポイント!
  8. 寝る前筋トレのメリットデメリット:寝る前の筋トレをする時におすすめな食事
  9. 寝る前筋トレのメリットデメリット:寝る前に筋トレをするとダイエットに効果がある?
  10. まとめ
Xourrkku5plekkppyoql

寝る前に筋トレを行うのはあまりよくないと考えられています。それは、交感神経という自律神経系を構成する末梢神経が働いてしまいなかなか寝付けなくなってしまう為、睡眠の質が低下する為デメリットが生じてしまうのが理由とされています。睡眠の質が低下するということは、筋肉の成長に必要な成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうので、デメリットのある寝る前に筋トレを行うのはあまり推奨しません。

関連記事

Wx16ztuqewpfckpglmiq

筋トレの効果が絶大なメリットのある時間帯は、夕方の16時~18時頃と考えられています。その理由として、食後から時間が経っているので胃の消化活動が落ち着いていること、筋肉も良く動いているので運動しても怪我をしにくいということ、また、交感神経が活発的に働くので筋肉へのアプローチ(パフォーマンス)がよくなるメリットがあります。

Eoxfupdn4rr97zf3iky8

「夕方や夜は疲れているから運動したくない」そんなあなたにオススメなのは早朝の筋トレです。朝、早起きができる方、朝に時間がある方はぜひこの時間に挑戦してみましょう。
注意する点として、起きたばかりの身体は筋肉も硬い状態で怪我をしやすくなっているのでその点では早朝の運動はデメリットが生じます。怪我をしないようにするために運動前のストレッチ・準備体操を入念にやることが大切なポイントになります。また、運動前の軽い軽食(バナナなど)を食べると良いです。空腹状態で運動をすることになってしまうと筋トレをしてもあまり効果がないので、少しでもいいので胃に食べ物を入れてあげましょう。

Elgkeur2zgjxycruku2d

がっつりとした筋トレはあまりよくありませんが、軽いストレッチなどの運動は行うといいと考えられています。
また、夜の21~22時頃も大丈夫です。夕食後、胃の消化活動が落ち着いている時間帯だからという点、またお風呂に入った後なら筋肉が柔らかくなっているのでより発汗効果も期待できる点が挙げられます。寝る時間帯が、遅めの24時前後という習慣がある人でしたら尚のこと、この時間帯なら運動後に時間が空いて眠気がくる可能性もあります。

1 / 4