2018年08月09日 UPDATE

エクストレイルのフルモデルチェンジの時期はいつ?2019年の予定?

日産の人気SUVであるエクストレイルが、2019年にモデルチェンジをするのではないかといわれています。詳しい時期がいつになるかは不明で、次期モデルと比較してどこが変わるのか気になるという方もいるはずです。今回はエクストレイルのモデルチェンジについて書きます。

目次

  1. エクストレイルのモデルチェンジはいつ?
  2. 時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:クロスモーション
  3. 時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:e-power
  4. 時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:PHV
  5. 時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:プロパイロット
  6. 時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:安全装備
  7. 時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:燃費
  8. 時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:価格
  9. 時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:時期
  10. 次期エクストレイルのモデルチェンジは期待大

エクストレイルのモデルチェンジはいつ?

日産の大人気SUVであり、国産車のSUVの人気ランキングでも常に上位にいるほど人気であるエクストレイル。アウトドアなどのアクティビティを楽しむための工夫が施されている本格派SUVとして出てきたエクストレイルが、今回モデルチェンジするのではないかといわれています。ここ最近の日産は、プロパイロットをはじめとする自動運転技術や予防安全装備や、e-powerなどの電気自動車関連などのハイブリッドなどに力を入れており、今回のエクストレイルのモデルチェンジではそれらが実装されるのではないかという声が多いです。またそれ以外にも、デザインも大きく変わるのではないかともいわれています。

F8da349de09c45e357ff6e0a415888d6
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2017/06/f8da349de09c45e357ff6e0a415888d6.jpg
20170626 05000329 autocone 000 1 view
引用: https://amd.c.yimg.jp/amd/20170626-05000329-autocone-000-1-view.jpg

時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:クロスモーション

今回のエクストレイルのモデルチェンジの注目点の一つであるデザイン。今回のモデルチェンジではかなり変わるのではないかといわれています。デザインについては、今年のデトロイトショーで日産が発表した新しいSUVとしてクロスモーションというコンセプトを発表しました。専門家の間ではこのクロスモーションのデザインが今回のエクストレイルのデザインになるのではないかといわれています。とはいえ、日産は海外向けにもSUVを展開しており、もしかしたらこのクロスモーションがそのまま次期エクストレイルに採用されるということはないと考えられています。

16103049610 o
引用: http://fsv2.autoc-one.jp/images/article/201801/16103049610_o.jpg
Nissan xmotion concept photo 03 source
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2018/01/Nissan-Xmotion-Concept-Photo-03-source.jpg

時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:e-power

一昨年登場した日産の人気コンパクトカーのひとつであるノート。注目すべきポイントはエンジンを発電専用に使用したという新しいタイプの電気自動車というところです。このノートの登場を皮切りに、日産でもe-powerを搭載した車種を拡大させるのではないかといわれています。そして次なるターゲットとして選んだものが、この大人気SUVであるエクストレイルではないかということとなります。仮にもし実現したとなると、国産SUVの中では一番最初の電気自動車ということで更なる注目を浴びること間違いありません。SUVというのはそのボディサイズゆえにどうしても燃費が悪いという印象を持ちやすいだけに、これは非常に気になるところです。

Thumb 400 02 px400
引用: http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/102800490/thumb_400_02_px400.jpg
161102 02 01 1200x799
引用: https://s.aolcdn.com/hss/storage/midas/b8799920a74a1c4da78d6af07e0cae7b/204835096/161102-02-01-1200x799.jpg

時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:PHV

とはいえ、e-powerが始めて採用されたくるまはノートであり、ノートはコンパクトカーのためこれほどうまくいったということとなります。そのため、一部からはあえてPHVを入れるのではないかと言われています。プラグインハイブリッドというのはプリウスにも一部導入されており、そのほかにも同じくSUVのライバルである三菱のアウトランダーにもプラグインハイブリッドが採用されています。仮にもしプラグインハイブリッドが採用されるということとなると、こちらもかなり注目される存在となります。ちなみにその場合は、日産で新たに開発せずに、三菱製のシステムを使用するのではといわれています。

Product 3
引用: https://www.designworks.jpn.com/assets/images/products/52prius/product-3.jpg
20150915 20102598 carview 000 4 view
引用: https://amd.c.yimg.jp/amd/20150915-20102598-carview-000-4-view.jpg

関連記事

時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:プロパイロット

昨年は仮想通貨やシェアリングエコノミーなど、社会の常識を大きく変えることが多く起こりました。それは自動車業界でも同じです。クルーズコントロールなどの機能自体はすでにさまざまなメーカーでも定番となっていますが、日産は他のメーカーに先駆けて本格的な自動運転技術を導入しました。日産のプロパイロットは他のメーカーにも影響を与え、現在さまざまなメーカーでも自動運転技術の開発を進めています。この日産の伝家の宝刀ともいえるプロパイロットを、次期エクストレイルにも導入されるのではないかといわれています。すでにいくつかの車種で導入されているため、これはかなり確率が高いです。

Serena 1802 safe 001.jpg.ximg.l full m.smart
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/serena/1802/safe/serena_1802_safe_001.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg
1 1nissan 2016pp pp 1as9v0308 310
引用: https://www.jiji.com/news/handmade/special/feature/car/photos/nissan-2016pp/1-1nissan-2016pp-PP-1AS9V0308_310.jpg

時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:安全装備

先に説明したプロパイロットを導入するのではないかということと同時に、そのほかの安全装備もそれに合わせて強化されるのではないかということも言われています。現行型の時点でも自動ブレーキやアラウンドビューモニターなどの、予防安全装備や運転が楽になるシステムや装備は搭載されており、世界的にも高い評価を受けている機能をさらに強化させるのではないかという声も多いです。プロパイロットもし実装させるということであれば、自動運転技術をさらに安定したものとするためということも考えられます。アメリカのテスラ社の自動運転車の死亡事故の影響もあるため、ここは気になるところです。

Maxresdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/af9VfeCMGVU/maxresdefault.jpg
27194033981 o
引用: http://fsv2.autoc-one.jp/images/article/201712/27194033981_o.jpg

時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:燃費

多くの人が気になる燃費ですが、こちらについてはe-powerの実装が実現したとなると、かなり飛躍的に向上することとなります。すでに導入されているノートe-powerの燃費を見ると、リッターあたり37.8キロとかなり燃費が良く、通常のガソリンエンジンモデルと比べてもその差は10キロも違ったりと、e-powerのもつポテンシャルは非常にすごいものです。現行のガソリンエンジンモデルの燃費が約16キロであるため、そこから燃費が10キロ以上向上するとなると、かなりの性能となります。とはいえ、実際に数字としてすでに出ているため、これはかなり現実味があります。

Hqdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/cSnUuc8_Nr8/hqdefault.jpg
Extrail00101
引用: https://i0.wp.com/kurumakaikaeru.com/wp-content/uploads/2015/07/extrail00101.jpg?resize=636%2C416

関連記事

時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:価格

気になる価格の部分ですが、エンジンのラインナップが現行モデルと同じ場合だとあまり変わりません。というのも、モデルチェンジでよほど大きく変わらない限り、大幅な値上がりをすることはありません。しかし、先にも書きましたが、プロパイロットの実装やe-powerの採用された場合は、かなり値段が上がってしまいます。とはいえ、全グレードに採用されるのではなく、あえてプロパイロットやe-powerを搭載した別グレードを設定して出すということも考えられています。おそらく日産も、いきなり全グレードに採用するのではなく、特別仕様を設けて様子を見るということもあり得ます。

044 o
引用: http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1516961/044_o.jpg
E8b5a4
引用: http://fanblogs.jp/rpstep/file/E8B5A4.jpg

時期はいつ?2019年モデルチェンジ予定の次期エクストレイルを現行型と比較:時期

これだけかなり注目要素の多い次期エクストレイルのモデルチェンジですが、いつごろ発売されるのか気になる人も多いはずです。日本の自動車業界において、モデルチェンジをするサイクルとして5年から7年おきといわれています。現行モデルともいえる3代目がデビューしたのが2013年であるため、そのモデルチェンジのサイクルの考えに当てはめると、時期としては早くても2019年ではないかといわれています。先にも説明しましたが、現時点で採用されているプロパイロットは高速道路向けであるため、2020年ごろには一般道向けのプロパイロットを導入する予定でもあるため、エクストレイルもそれにあわせてくるのではないかという声も出ています。

D35ddb78
引用: http://livedoor.blogimg.jp/ganbaremmc/imgs/d/3/d35ddb78.jpg
Nissan rogue sl 2017 1
引用: https://car-news.jp/wp-content/uploads/2016/02/Nissan_Rogue_SL_2017_1.jpg

次期エクストレイルのモデルチェンジは期待大

いかがでしたか。次期エクストレイルのモデルチェンジの内容はかなり期待できるモデルチェンジであることがわかったと思います。現在の日産は電気自動車や自動運転技術などの最新技術に力を入れており、今回のエクストレイルのモデルチェンジに合わせて本格的に実装されるのではないかという声も出ているなど、技術面を中心にかなり注目を浴びています。技術の日産と呼ばれている日産がどのような展開となるのか、非常に気になるものです。

929cf804bc
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/carlife/storage/210503/plus/929cf804bc.jpg?ct=303540b04320
Xtrail 170629 002
引用: https://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2017/06/Xtrail_170629_002.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2017/04/f144322b0a7bccbebb68b7c12540a1d8.jpeg