Asakoy5vonvnj4hv26du

CATEGORY | 車

フォレスターで車中泊を!窓に合うカーテンは?人気のベッドマットも!

2018.08.05

フォレスターはその室内の広さで車中泊が容易に出来るようになっています。しかしどうしても段差が出来てしまうものです。それらを解消するために窓のカーテン、マットやベッドなどは効果があるのでしょうか。今回はフォレスターの車中泊について書いていきます。

目次

  1. フォレスターで車中泊をするには?
  2. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:パワーリアゲート
  3. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:カーゴトレーマット
  4. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:リアビューカメラ
  5. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:車中泊専用マットセット
  6. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:サンシェード
  7. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:車中泊用炊飯器
  8. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:車載用冷蔵庫
  9. 段差解消できる?フォレスターの車中泊に必要な窓のカーテンやマット、ベッド:寝袋
  10. フォレスターの車中泊は段差をなくして快適に

スバルのクロスカントリーSUVとしてデビューしたフォレスター。現在ではクロスオーバーSUVとなっており、その居住性は他のコンパクトSUVと比べても非常に高いです。また、ラゲッジスペースが非常に大容量のため、荷物も多くつむことが出来ます。これだけ居住性が高いとなると、車中泊をするには非常におすすめの車となります。とはいえ、何も用意しなくても車中泊が出来るというわけではありません。フォレスターの場合は後部座席を倒すことが出来るとしても、どうしても段差が出来てしまいます。そのため、マットなどはどうしても必要となってきます。今回はフォレスターで車中泊をするために必要なグッズなどを紹介します。

70004000743017040800200
引用: https://picture1.goo-net.com/7000400074/30170408/J/70004000743017040800200.jpg
Img 15d9a1dd85b85cc486a2c0b992fb5641293329
引用: https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/1/5/1140/img_15d9a1dd85b85cc486a2c0b992fb5641293329.jpg

フォレスターという車は、アウトドアなどのアクティビティを楽しみたいという人に向けた車作りをしています。そのため、最初に購入する時点でオプション装備を取り付けることでさらに車中泊を快適に過ごすための環境づくりが出来ます。パワーリアゲートは車中泊以外にも、荷物を積み込む際などにも非常に便利な装備です。リモコンや運転席から操作が可能であり、手がふさがっている状態でも用意にリアゲートを空けることが可能となっています。車中泊においては、価格は約16万円と高めですが、車を購入する際のオプションとして装備することを考えると、つけておいて損はありません。

Maxresdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/rZNguHG1U-E/maxresdefault.jpg
P1
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/006/760/834/6760834/p1.jpg?ct=6967d6321f9c

夏場はアウトドアグッズやカヤックなど、そして冬場はスキーやスノーボードなどを積み込んだりと、さまざまなものを積み込むことが出来ます。しかし、それらをつむとどうしても座席が濡れてしまったり汚れてしまいます。せっかく居住性が良い装備が充実しているとしても、シートが汚れたりしてしまっては意味がありません。そんなときに便利なものが、カーゴトレーマットです。樹脂製のトレーとなっているため、スキーやマリンスポーツ用具などを入れても座席が濡れることを抑えることが出来ます。価格は約2万円であり、社外品と比べると高いのですが、オプションのため性能は非常に性能が良いです。

P1
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/002/575/181/2575181/p1.jpg?ct=4900ae805c3f
20141210 e93747
引用: https://artsc.ocnk.net/data/artsc/product/20141210_e93747.jpg

最近の自動車の多くには、このリアビューカメラが標準装備されているという車が非常に多いです。フォレスターの場合はオプション装備として用意されています。リアビューカメラについては、最近では社外品として販売されているものもありますが、やはりオプションとして用意されているものの方が非常に性能が良く、さらには、駐車の際のナビゲーション機能も付いているため、駐車が非常に楽になります。車中泊においては、車を止めておく場所の安全などを確認するために使用できたりと非常に便利なアイテムです。価格は約3万5千円なので、購入時につけておくと色々便利です。

1 / 3