2018年06月02日 UPDATE

オデッセイの内装を改造して車中泊!外し方|シートアレンジを画像で解説

オデッセイのrb1やrc1はホンダのおしゃれなミニバン。外見はさほど大きく感じませんが、内装や装備を改造したりすると、車中泊にも適した車です。今回はそんな人気のオデッセイの内装シートアレンジや外し方、車中泊に適した改造ツールなどを画像付きでまとめてみました。

目次

  1. オデッセイとは?
  2. オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:グレードごとのシートアレンジを楽しむ
  3. オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:6通りのシートアレンジや外し方
  4. オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:7人乗りのシートアレンジ(2人まで)
  5. オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:7人乗りのシートアレンジ(2人~4人)
  6. オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:8人乗りのシートアレンジ(2人まで)
  7. オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:荷物が多い時のシートアレンジ
  8. オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:オデッセイは荷物の出仕入れが楽ちん
  9. オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:オデッセイは乗り降りも楽
  10. まとめ

オデッセイとは?

オデッセイとはホンダのちょっと高級感のあるミニバン。ミニバンというと箱型で高いルーフのモデルが多いですが、オデッセイは、低いルーフで、外見がスマートなところが特徴。都会的なセンスが受けて人気のモデルになっています。画像はrc。

オデッセイの魅力は、何といってもスタイリング。低いルーフで設計されているため、セダンのような安定性のある乗り心地と、広い室内空間を兼ね備えた、独特の世界をもった車です。

オデッセイは人気モデルで、1994年発売以来、現代で5代のモデルが発売されてきました。これからオデッセイを探すなら、4代目のrb1、2、3,4か、5代目のrc1、2,4がメインになるでしょう。rb1、2型は2003年から2008年、rb3、4型は2008年から2013年、rc1、2、4型は2013年から発売されています。画像はrb。

オデッセイ人気のrbモデル

rb1、2型は、ミニバンなのに低い低床プラットフォームを採用して、大きなインパクトを与えました。rb1、2型は、低床プラットフォームを採用したため、ミニバンなのに高性能でスポーティな走りを実現し、スマートなデザインは、都会的でハイセンスなイメージです。続くrb3、4型は、rb1、2型のデザインを継承しながらもフロントマスクがより今風に変更されました。画像はrb。

オデッセイ人気のrcモデル

rc1、2、4型は2013年から発売されて現在まで続いているデザイン。両側スライドドアで、8人乗りが設定されるなど、rc1、2、4型はより、ミニバンの機能性がプラスされたモデル。画像はrc。

rc1、2、4型は、先代のrb1、2型に比べるとルーフの高さは高くなりましたが、床がrb1、2型に比べて低くなっていて、高性能な走りを実現しています。rb1、2型に比べて、rc1、2、4型は、よりミニバン色の強いデザインになってきています。画像はrc。

rc1、2、4型が、他のミニバンに近いデザインになってきた理由は、ミニバンに居住性を求めるニーズが高まったことが上げられるのではないでしょうか。rc1、2、4型は、8人乗りの使用があり、シートアレンジも多くせっていされている今風なモデルです。画像はrc。

オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:グレードごとのシートアレンジを楽しむ

rc1、2、4型は、内装が豪華で評判。もともと、オデッセイは高級感のある内装が人気でしたが、内装がさらに豪華でシートアレンジや外し方も多彩で、高級車にミニバンのシートアレンジや外し方をプラスしたような豪華な内装です。画像はrc。

rc1、2、4型の、シートアレンジや外し方は、選択肢が多いのが特徴。シートアレンジや外し方へのこだわりが感じられます。グレードによって、シートが選べて、シートアレンジや外し方が選択できるのが特徴。さらにシートは高級感のある本革シートがオプションで採用されています。

rc1、2、4型には、3種類のシートが準備されています。一つ目は、黒のスムース素材を採用したシート。豪華さが魅力。二つ目は、標準的な黒のファブリック素材のシート。三つ目は、今風なアイボリーカラーのシート。黒に比べると室内の印象が明るくなって広さを感じさせます。オプションで本革シートも準備されています。本革シートには、黒とアイボリーカラーが準備されています。

オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:6通りのシートアレンジや外し方

オデッセイrc1、2、4型には、7人乗りだけではなく8人乗りも採用されました。シートアレンジや外し方のパターンも多く、グレードによって7シートアレンジや外し方を楽しめます。画像はrc。

7人乗りのシートアレンジや外し方は、2列目が独立した乗り心地のいいシートになっているので、それに適した、シートアレンジや外し方になってきます。独立シートには、背もたれの調整機能や、脚を伸ばせる機能など快適な装備が満載です。7人乗りは、車中泊でも快適な広々とした快適なシートアレンジを楽しめます。

関連記事

オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:7人乗りのシートアレンジ(2人まで)

オデッセイで、車中泊を楽しむなら、普通は、2人までの少人数で広々と使うのが望ましいですね。

オデッセイrc1、2、4型のシートアレンジでは、2列目シートがロングスライドできるので、2人なら快適に過ごすことができます。脚を伸ばせるように、オットマンを出せば楽ちん広々モードになります。

オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:7人乗りのシートアレンジ(2人~4人)

オデッセイrc1、2、4型で、2人以上4人までで、車中泊にチャレンジするなら、ちょっと狭くなりますが、2列目をロングスライドで、最大限後ろにずらして、1列目のシートを倒すことで、対応可能です。

オデッセイrc1、2、4型なら、座った状態なら最大7人乗車可能ですが、3列目の真ん中のシートの真ん中部分を倒すことができるので、6人乗車なら、真ん中を倒したほうが快適です。

オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:8人乗りのシートアレンジ(2人まで)

オデッセイrc1、2、4型8人乗りで車中泊にチャレンジするなら、フラットモードがおすすめ。8人乗りの、1列目と2列目のシートを最大限に後ろに倒すと、ほぼフラットな状態のシートアレンジをつくることが可能です。

一列目を倒すときには、ヘッドレストを後ろに倒すことができるので、簡単にフラットなシートアレンジをつくることができます。

オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:荷物が多い時のシートアレンジ

オデッセイrc1、2、4型は、車中泊で荷物が多いケースでも対応可能なシートアレンジがあります。3列目のシートは前に折りたたむことが可能で、沢山の荷物がある時に便利なシートアレンジです。

関連記事

オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:オデッセイは荷物の出仕入れが楽ちん

オデッセイrc1、2、4型のラゲッジスペースは、3列目シートをそのままの状態で使用しても、結構大量の荷物を収納することが可能です。さらに、オデッセイの特徴である低床プラットフォーム設計は、荷物の出し入れも楽ちんです。

オデッセイなどミニバンの内装を改造したり車中泊を楽しむアイデア:オデッセイは乗り降りも楽

車中泊で、意外と助かるのが、オデッセイの低床プラットフォーム設計。いくら車中泊といっても、ずっと車の中にいるわけではありません。結構車の外に出ることが多いものです。そんな時に、車の床が低いのはとっても楽ちん。車の乗り降りがとっても楽なんです。

まとめ

オデッセイについて、内装のシートアレンジを活かして快適に過ごす機能をオデッセイrc1、2、4型を中心にまとめました。オデッセイの特徴としてあげられる低床プラットフォーム設計は、外見ではなかなか分からないオデッセイの快適性を実現しています。例えば、車からの乗り降りや、荷物の積み下ろしなど、多様なシートアレンジもオデッセイの魅力でした。ホンダの技術を集めたオデッセイは他のメーカーに見られない個性的な魅力に満ちた車でした。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bh9AGP_AvC4/?tagged=%E3%82%AA%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%BB%E3%82%A4rc