Lq4kgrt9dczvrvckm2yv

パーカー

CATEGORY | カテゴリー

万年筆の使い方とは?インクの補充法や最初の向きは?注意点をご紹介!

2018.06.08

万年筆を普段から愛用している人も多いのではないでしょうか?ですが、その使い方は正しいですか?万年筆の使い方やインクの補充方法、最初の向き、万年筆を使う上での注意点などを紹介します。またパーカーなどの万年筆はプレゼントにも最適なギフト。大切な人へ贈りましょう。

目次

  1. 万年筆の使い方とは?
  2. 【万年筆の使い方】最初の向き
  3. 【万年筆の使い方】種類
  4. 【万年筆の使い方】インクの補充方法
  5. 【万年筆の使い方】注意点
  6. 【万年筆の使い方】パーカーの万年筆
  7. 【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:ソネット プレミアム ブラウンPGT
  8. 【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:デュオフォールド プレステージ ルテニウムチーゼルCT
  9. 【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:デュオフォールド インターナショナル パール&ブラックGT
  10. 万年筆の使い方とは?インクの補充法や最初の向きは?注意点をご紹介!
5b33ca91b394ef975e37add7e52cb614 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5b/5b33ca91b394ef975e37add7e52cb614_t.jpeg
4abc06bc26fd91baabc555ca741c3921 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4a/4abc06bc26fd91baabc555ca741c3921_t.jpeg

万年筆には、どんな特徴があるのかご存知でしょうか。高価なイメージの強い万年筆ではありますが、ボールペンに比べるて、長文を書いていても疲れにくいという特徴があります。また、自分の好みに応じてインクの色を変えることができるのも、大きな魅力の一つ。ですが、やはり、メリットばかりではありません。万年筆は、インクが乾くのに時間がかかり、手についてしまうこともあります。そして、意外と知られていないのが、メンテナンス。高価なものを長く使用するにはそれだけのメンテナンスをしっかりとやることも重要となってくるのです。メンテナンスをしなければいけないということは、それだけ繊細に作られているからこそ。そんな高価な万年筆は、どのように使用するば、長く愛用することができるのか。では、まず使い方を見ていくことにしましょう。

C38870ef3ed38f5fb475f7030837bc4f t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c3/c38870ef3ed38f5fb475f7030837bc4f_t.jpeg
223bf73df5595f6d520577ef9c5a9dab t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/22/223bf73df5595f6d520577ef9c5a9dab_t.jpeg

万年筆は、普段使用していない人が使用すると、慣れていないせいか少し使いずらいもの。最初は違和感を感じ、書きづらくて少しストレスを感じますが、慣れてくれば、万年筆だからこそ出せるインクの味わいを楽しむことができます。ペンの向きは、湾曲した金属面のペン先を上に向け、寝かせるようにして使用します。ベストな角度は、45度から60度くらいがちょうどよい向きとされています。最初は中々インクが出てきませんが、少し書く程度でインクが出てきます。インクが出てきたら、指先の力を抜いて書いていきましょう。

220px fountain pen nibs
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6c/Fountain_pen_nibs.JPG/220px-Fountain_pen_nibs.JPG

万年筆のペン先は、様々な種類があります。極細字用のものから、細字用、中細字用、中字用、太字用、極太字、特太字用など、ペン先を変えることにより、自分の好きな太さの文字を書くことが可能となっています。また、万年筆についているキャップは、細いペン先を保護するという役割を含め、インクを乾きにくくするという役割も担っています。ついつい捨てがちになってしまうキャップですが、万年筆を使用する場合は、捨てずに必ず保存しておきましょう。

1 / 4