2018年06月08日 UPDATE

万年筆の使い方とは?インクの補充法や最初の向きは?注意点をご紹介!

万年筆を普段から愛用している人も多いのではないでしょうか?ですが、その使い方は正しいですか?万年筆の使い方やインクの補充方法、最初の向き、万年筆を使う上での注意点などを紹介します。またパーカーなどの万年筆はプレゼントにも最適なギフト。大切な人へ贈りましょう。

目次

  1. 万年筆の使い方とは?
  2. 【万年筆の使い方】最初の向き
  3. 【万年筆の使い方】種類
  4. 【万年筆の使い方】インクの補充方法
  5. 【万年筆の使い方】注意点
  6. 【万年筆の使い方】パーカーの万年筆
  7. 【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:ソネット プレミアム ブラウンPGT
  8. 【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:デュオフォールド プレステージ ルテニウムチーゼルCT
  9. 【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:デュオフォールド インターナショナル パール&ブラックGT
  10. 万年筆の使い方とは?インクの補充法や最初の向きは?注意点をご紹介!

万年筆の使い方とは?

5b33ca91b394ef975e37add7e52cb614 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5b/5b33ca91b394ef975e37add7e52cb614_t.jpeg
4abc06bc26fd91baabc555ca741c3921 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4a/4abc06bc26fd91baabc555ca741c3921_t.jpeg
万年筆には、どんな特徴があるのかご存知でしょうか。高価なイメージの強い万年筆ではありますが、ボールペンに比べるて、長文を書いていても疲れにくいという特徴があります。また、自分の好みに応じてインクの色を変えることができるのも、大きな魅力の一つ。ですが、やはり、メリットばかりではありません。万年筆は、インクが乾くのに時間がかかり、手についてしまうこともあります。そして、意外と知られていないのが、メンテナンス。高価なものを長く使用するにはそれだけのメンテナンスをしっかりとやることも重要となってくるのです。メンテナンスをしなければいけないということは、それだけ繊細に作られているからこそ。そんな高価な万年筆は、どのように使用するば、長く愛用することができるのか。では、まず使い方を見ていくことにしましょう。

【万年筆の使い方】最初の向き

C38870ef3ed38f5fb475f7030837bc4f t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c3/c38870ef3ed38f5fb475f7030837bc4f_t.jpeg
223bf73df5595f6d520577ef9c5a9dab t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/22/223bf73df5595f6d520577ef9c5a9dab_t.jpeg
万年筆は、普段使用していない人が使用すると、慣れていないせいか少し使いずらいもの。最初は違和感を感じ、書きづらくて少しストレスを感じますが、慣れてくれば、万年筆だからこそ出せるインクの味わいを楽しむことができます。ペンの向きは、湾曲した金属面のペン先を上に向け、寝かせるようにして使用します。ベストな角度は、45度から60度くらいがちょうどよい向きとされています。最初は中々インクが出てきませんが、少し書く程度でインクが出てきます。インクが出てきたら、指先の力を抜いて書いていきましょう。

【万年筆の使い方】種類

220px fountain pen nibs
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6c/Fountain_pen_nibs.JPG/220px-Fountain_pen_nibs.JPG
万年筆のペン先は、様々な種類があります。極細字用のものから、細字用、中細字用、中字用、太字用、極太字、特太字用など、ペン先を変えることにより、自分の好きな太さの文字を書くことが可能となっています。また、万年筆についているキャップは、細いペン先を保護するという役割を含め、インクを乾きにくくするという役割も担っています。ついつい捨てがちになってしまうキャップですが、万年筆を使用する場合は、捨てずに必ず保存しておきましょう。

【万年筆の使い方】インクの補充方法

6c9aa143a5d048c1868300ea8bbe069d t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6c/6c9aa143a5d048c1868300ea8bbe069d_t.jpeg
Ccd87013cc41e766c0e97211853089a0 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/cc/ccd87013cc41e766c0e97211853089a0_t.jpeg
万年筆は、自分の好みの色で利用できるということをお話ししました。では、どのようにしてインクを交換するのでしょうか。インクの入れ方は、万年筆の種類によって異なり、その方法は「カートリッジ式」「吸入式」「コンバーター式」の3通りあります。「カートリッジ式」とは、万年筆の胴軸を外して、カートリッジを真っ直ぐに差し込無だけの簡単な方法。「吸入式」は、万年筆自体に、インクを吸引する機能が備わっている場合に利用できる方法で、ピストンを上下させながらインクを入れていきます。この吸入式は、ボトルに入っているインクを使用するので、手が汚れやすといったデメリットがありますが、一度に大量のインクを入れることができるというメリットもあります。次に「コンバーター式」。この「コンバーター式」には、3種類の吸入方式があります。付属しているつまみを逆方向に回しながらつまみを上げて、インクを吸い上げる「回転式」、万年筆の側面についたプレートを押し込んでインクを補充する「板バネ式」、ノブを数回押しながらインクを吸い上げる「プッシュ式」です。万年筆の種類を確かめながら、インクを補充してください。

【万年筆の使い方】注意点

82134f6afef7ae3d0fab915e2f7d16c1 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/82/82134f6afef7ae3d0fab915e2f7d16c1_t.jpeg
4a76b00cde0e9cdaa26dadd0ff683c1e t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4a/4a76b00cde0e9cdaa26dadd0ff683c1e_t.jpeg
続いては、万年筆の使い方や選び方に関する注意点です。万年筆はとても高価なものということは前述でお話ししました。そのため、購入して後悔しないためにも、デザインや使い心地は最も重要です。現在、万年筆は、国内問わず海外のブランドも多数あります。国内で有名なものですと「パイロット」「プラチナ」といったブランド、海外ですと「モンブラン」や「パーカー」が人気のようです。万年筆での使い方の注意点としては、長時間使用しない場合は、必ずキャップを閉めること、カートリッジ交換をするときは、万年筆を上に向けたままにしておくこと、古いインクと新しいインクを混ぜないことなどです。細かい注意点はありますが、長く使用するためには、やはり必要なことと言えそうです。

【万年筆の使い方】パーカーの万年筆

1 000000006817
引用: http://giga-images-makeshop-jp.akamaized.net/ippitsukan/shopimages/17/68/1_000000006817.jpg?1516940077
2 000000006817
引用: http://giga-images-makeshop-jp.akamaized.net/ippitsukan/shopimages/17/68/2_000000006817.jpg?1516940077
万年筆の最初の向き、指の力など、使い方を学んだところで、ここからはおすすめの万年筆をご紹介します。ブランドは、海外ブランドでもある「パーカー」。「パーカー」は、「世界で最も愛されているペン ~The Most Wanted Ped~」という称号を手にした人気のブランドです。その歴史はすでに120年。長い時を経て今なお愛されているブランドの一つでもあります。そんな「パーカー」には、どんな万年筆があるのでしょうか。早速見てみましょう。

【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:ソネット プレミアム ブラウンPGT

61jxjraortl. sl1485
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JxJRAORTL._SL1485_.jpg
51rlknfsz5l. sl1050
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51RlkNFSz5L._SL1050_.jpg
51%2beegqnozl. sl1050
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BEegQNOzL._SL1050_.jpg
パーカーブランドから、まず初めにご紹介するのは「ソネット プレミアム ブラウンPGT 」。この万年筆は極細字用の万年筆です。ペン先は、18金のピンクゴールドで仕上げ、落ち着きある上品なデザインに仕上げました。ブラウンという色合いも、スタイリッシュで、フォーマルからビジネスシーンまで幅広く利用できるスタイルです。価格は、20000円ほど。プレゼントにも最適な逸品となっています。

【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:デュオフォールド プレステージ ルテニウムチーゼルCT

71yaxwebnol. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71yaxwebnoL._SL1500_.jpg
71joum40pil. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71JOum40PIL._SL1500_.jpg
81x63z%2bb25l. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81X63Z%2BB25L._SL1500_.jpg
続いてご紹介するのは「デュオフォールド プレステージ ルテニウムチーゼルCT 」。この万年筆は中字用です。特徴は、ラグジュアリー感漂うデザインにあります。万年筆は男性が使用するイメージがありますが、この万年筆は、女性が持っていても違和感なく使用できるデザイン。手にフィットしやすい大きさであるというのも魅力の一つです。価格は、120000円ほどと、とても高価なものです。

【万年筆の使い方】パーカーのおすすめ万年筆:デュオフォールド インターナショナル パール&ブラックGT

71ychnzbudl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ycHNzbUDL._SL1500_.jpg
51a%2bgxq6sjl. sl1445
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51a%2BGxq6sJL._SL1445_.jpg
6124q7yt9ql. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6124q7yT9qL._SL1000_.jpg
続いてご紹介するのは「デュオフォールド インターナショナル パール&ブラックGT」。高級感漂うデザインが特徴で、「筆記用具というよりは、装飾品のようだ」と、購入者からも絶賛の声が上がっている人気商品です。この万年筆は細字用。価格は、80000円ほどとなっています。

万年筆の使い方とは?インクの補充法や最初の向きは?注意点をご紹介!

4858755512699437a99e27f990cfaed9 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/48/4858755512699437a99e27f990cfaed9_t.jpeg
万年筆の使い方や最初の向き、インクの交換方法などをご紹介しました。万年筆は、非常に繊細に作られているということを知っていただけたでしょうか。繊細に作られているということは、それだけ手間もかかり、値段が効果になってしまうということも仕方がないのかもしれません。ですが、万年筆は、ボールペンとは違った文字の味わいを深く出してくれるものです。最初は、ペン先の向きの注意や力の入れ具合に苦労するかもしれませんが、なれると手放せなくなるくらい、スムーズに文字を書くことができるようになります。美しい文字は、万年筆で。是非、お気に入りの万年筆を見つけてみてはいかがでしょうか。もちろん、プレゼントにもおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/82/82134f6afef7ae3d0fab915e2f7d16c1_t.jpeg