2018年04月11日 UPDATE

カバーオールの着こなし方!メンズの定番おしゃれアイテムを基本から!

秋のメンズ定番といえばカバーオール、でもおしゃれな着こなしだったり、カバーオールと他のメンズアイテムのおしゃれな組み合わせって意外と難しい…。そこで今回はカバーオールの基本・おしゃれな着こなし方をご紹介!あなたもカバーオールをおしゃれに着こなしてモテモテに⁉︎

目次

  1. カバーオールの着こなしをおしゃれにするための基本
  2. カバーオールとは?おしゃれの基本のために知っておきたいこと
  3. メンズカバーオールのおしゃれな着こなしの基本:生地①デニム
  4. メンズカバーオールのおしゃれな着こなしの基本:生地②ヒッコリーストライプ
  5. メンズカバーオールのおしゃれな着こなしの基本:生地③ブラウンダック
  6. メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ①
  7. メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ②
  8. メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ③
  9. メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ④
  10. メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ⑤
  11. メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ⑥
  12. カバーオールをおしゃれに着こなすための定番組み合わせ・参考コーデまとめ。

カバーオールの着こなしをおしゃれにするための基本

定番の秋冬アウターのライダースジャケットやMA-1等と比べるとカバーオールは少し知名度が低いメンズアウターですよね。
ですがどのアイテムとも合わせやすく、カジュアルなコーデに持って来いのアイテムです!
今回はカバーオールの基本の着こなしポイントを押さえておしゃれメンズになりましょう!
まずはカバーオールについて詳しく見ていきましょう!

カバーオールとは?おしゃれの基本のために知っておきたいこと

17480436b 33 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/436/17480436/17480436B_33_D_500.jpg

カバーオールはワークジャケットのことを言います。
もともと作業着なので生地がデニム等のとても丈夫なものから出来ており、フロントに機能的なポケットが付いているのが特徴です。
着るとラフなシルエットでカジュアル且つ男らしいルックスなのが特徴のファッションアイテムです。
そしてカバーオールの最大の魅力は「生地」です。生地の種類によりカバーオールの印象が変わり、経年変化により味が出ます。
次にカバーオールに主に使用される生地をご紹介します!

メンズカバーオールのおしゃれな着こなしの基本:生地①デニム

27893269b 34 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/269/27893269/27893269B_34_D_500.jpg

デニムはカバーオールの定番の生地です。
どのアイテムともなじみが良く、オールシーズン使え、コーデの幅もカジュアル~きれいめまで広く活用出来るので人気があります。

メンズカバーオールのおしゃれな着こなしの基本:生地②ヒッコリーストライプ

28012034b b 05 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/034/28012034/28012034B_b_05_500.jpg

ヒッコリーストライプはワークウェアによく使用されているデニムでストライプ柄の生地のことをいいます。
正式名称はヒッコリー・ストライプド・デニムと言い、1927年にH.D.Lee社によって汚れが目立ちにくい生地として開発されました。
定番はネイビーとホワイトのストライプ柄です。着るとカジュアルですが落ち着いた色合いでおしゃれな大人な雰囲気になります。

メンズカバーオールのおしゃれな着こなしの基本:生地③ブラウンダック

23758963 17 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/963/23758963/23758963_17_D_500.jpg

ブラウンダックもワークジャケットに良く使われる生地で、とても丈夫で耐久性に優れた生地です。
初めは着ると硬いかもしれませんが、着れば着るほど柔らかくなり体に馴染んでいきます。
また、経年変化によるアタリや退色感も楽しめます。
ブラウン系の色は落ち着いた大人なカジュアルコーデにぴったりです。

メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ①

20170209130531881 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/x4ku58/20170209130531881/20170209130531881_500.jpg

基本の落ち着いた濃色デニムのカバーオールに白のインナーと黒のスキニーパンツを組み合わせてモノトーンのきれいめカジュアルコーデに!
デニムの色が濃色だと大人っぽい雰囲気になりますよね。

関連記事

メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ②

20170419161026767 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/m2ykvs/20170419161026767/20170419161026767_500.jpg

定番のデニム生地のカバーオールにシンプルなジーンズとごつめのブーツを組み合わせた基本のワークスタイルです。
ナチュラルなキャスケットを被ることでこなれ感を演出。

メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ③

20171109172455311 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/k9uids/20171109172455311/20171109172455311_500.jpg

ブラウンダックのカバーオールをメインにしたコーデ。
パンツは黒よりもオリーブのほうがブラウンと色馴染がいいのでおすすめです。
白のスニーカーで抜け感を。
秋のカジュアルコーデにぴったりです。

メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ④

20170202144945047 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/gux42m/20170202144945047/20170202144945047_500.jpg

インナーに紺と白のボーダーを組み合わせることによりクリーンな印象に。
また紺と黒の2色コーデでまとまりが良く、少し長めの丈のデニムのカバーオールにする事でスラッとしたシルエットになりおしゃれなきれいめコーデになります。

メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ⑤

20171122130138916 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/x4ku58/20171122130138916/20171122130138916_500.jpg

テーラードジャケットのようなカバーオールにカジュアルなチェックのシャツとスラックスを組み合わせることできれいめカジュアルコーデに!
足元は黒で引き締めメリハリを演出。

関連記事

メンズカバーオールをおしゃれな定番基本着こなし術・参考コーデ⑥

20170906202232577 500
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/j98a1w/20170906202232577/20170906202232577_500.jpg

ブラウンダックのカバーオールにチェックのシャツとベージュのアンクルパンツでかわいらしいユルカジコーデに。
足元は黒で引き締めるのがポイントです。

カバーオールをおしゃれに着こなすための定番組み合わせ・参考コーデまとめ。

いかがでしたか?
今回はカバーオールの魅力と基本のおしゃれな着こなし方をご紹介しました。
カバーオールは着込むほどに変わった表情を見せてくれるので自分だけのオリジナルなカバーオールになりますよ。是非自分の好みの生地を見つけてみて下さい!
またカバーオールはインナーとパンツの組み合わせしだいでコーデの雰囲気がガラッと変わりますよね?
カバーオールはラフなアイテムですのできれいめにコーデするのがおすすめです!
是非、秋冬はカバーオールを定番のアウターとして活用しおしゃれメンズになりましょう!

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://img5.zozo.jp/goodsimages/804/27281804/27281804_21_D_500.jpg