Nsar7hnpfs5vs7hlbvke

お酒

CATEGORY | カテゴリー

泡盛のおすすめの飲み方とは?初心者やおみやげにぴったりな銘柄は?

2018.05.27

泡盛は、アルコール度が高くて、色んな飲み方を楽しむことが出来るおすすめのお酒。安い泡盛はお土産としても人気なんです。そこで今回は初心者の人でも飲みやすい、おつまみと一緒に飲んでおいしい泡盛のおすすめの飲み方や2018年おすすめのラインナップをご紹介します!

目次

  1. 2018年も安くておいしい泡盛で盛り上がる!泡盛のおすすめの飲み方とは?
  2. 酒や焼酎の仲間?おすすめの飲み方も種類が多い泡盛をおさらい!
  3. 2018年お土産に最適!飲み方次第でおつまみと飲んでおいしい安い泡盛のおすすめその1:有限会社比嘉酒造 残波ホワイト
  4. 2018年お土産に最適!飲み方次第でおつまみと飲んでおいしい安い泡盛のおすすめその2:玉の露 30度 600ml [泡盛/沖縄県]
  5. 2018年お土産に最適!飲み方次第でおつまみと飲んでおいしい安い泡盛のおすすめその3:久米島の久米仙 30度 1800ml [泡盛/沖縄県]
  6. 2018年お土産に最適!飲み方次第でおつまみと飲んでおいしい安い泡盛のおすすめその4:泡波 泡盛 600ml
  7. 2018年お土産に最適!飲み方次第でおつまみと飲んでおいしい安い泡盛のおすすめその5:高嶺 おもと 30度 1800ml [沖縄県]
  8. 2018年お土産に最適!飲み方次第でおつまみと飲んでおいしい安い泡盛のおすすめその6:菊之露 VIPゴールド 古酒 30° 720ml
  9. 初心者におすすめの安い泡盛はロック・水割りだけじゃない。どんな飲み方があるの?
  10. 初心者もトライできる!泡盛の飲み方その1:果実酒を作る
  11. 初心者もトライできる!泡盛の飲み方その2:ソーダ割り
  12. 初心者もトライできる!泡盛の飲み方その3:カクテル
  13. 初心者もトライできる!泡盛の飲み方その4:お湯割り
  14. リーズナブルでおいしい泡盛をゲットして、香り高い南国のお酒を楽しもう!
31a1egrn0yl. sy445
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31A1EgRn0yL._SY445_.jpg

泡盛は、水割りやロックで楽しめるだけでなく、色んな飲み方で楽しむことが出来るお酒。しかもそれだけでなく、価格も安くてお土産にもぴったり。仲のいい友人と、大好きな彼女と一緒に泡盛を飲めば、その場が盛り上がるのは間違いないだろう。2018年もいろいろな泡盛の銘柄のラインナップが、パーティーや家飲みを盛り上げてくれる。

Cbd22758c50f221473d5aac5d52d764a
引用: https://i.pinimg.com/564x/cb/d2/27/cbd22758c50f221473d5aac5d52d764a.jpg

南国を思わせる、アルコールが強めの泡盛。果たして。泡盛はどんな飲み方をすれば美味しく頂けるのだろうか?また、有名銘柄をはじめとして、おつまみを楽しみながら飲めるおいしい銘柄はあるのだろうか?安くゲットできて、お土産にも最適で、初心者にもぴったりの泡盛の銘柄と飲み方をチェックしてみよう!

41aqwa2eoxl. sx342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41AQwa2eoXL._SX342_.jpg
泡盛(あわもり)は米を原料として、黒麹菌(アワモリコウジカビ)を用いた米麹である黒麹によってデンプンを糖化し、酵母でアルコール発酵させたもろみを一度だけ蒸留した琉球諸島産の蒸留酒である。単式蒸留焼酎(旧焼酎乙類)の一種。3年以上貯蔵したものは古酒(クース)と呼ばれる。 石垣島の泡盛 泡盛は酒として味わうほか、沖縄料理の調味料としても多く利用されている。1671年に琉球中山王が徳川家へ献上した物の目録に泡盛とあるのが文献上の最古であり、それ以前は、琉球酒や焼酎と記載されていた。

6161pg6pgil. sl1464
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6161Pg6pgiL._SL1464_.jpg

泡盛は、沖縄を代表するおいしいお酒。法律上は焼酎と同じカテゴリーに属すが、その製法と原料の違いから、違うお酒という認識が正しいだろう。泡盛は、口に含んだ時の香りと、泡盛独特のテイストが特徴で、お酒として以外にも、調味料として活用されたりと、沖縄では料理にも使われているポピュラーなお酒だ。

また、泡盛は、そのパッケージやボトルデザインも魅力的であり、お土産にも重宝するアイテムと言えるだろう。歴史も長く、古くから愛飲されている泡盛のラインナップをチェックしてみよう。

関連記事

51gascieh8l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51GaScieh8L.jpg
有限会社比嘉酒造 残波ホワイト 25度 720ml [泡盛/沖縄県]
価格 ¥ 1,450
フルティーで透き通るような香りと上品にして上質な味わいが特徴の女性にも大人気の泡盛「ザンシロ」です。2007年から八年連続モンドセレクション金賞受賞酒。ITQI四年連続二つ星受賞。創業昭和23年、沖縄県読谷村にて、人々に愛される酒造りを理念として地元で多くのファンを持つ蔵元です。「ザンシロ」「ザンクロ」の愛称で地元沖縄だは広く親しまれている泡盛残波、世界的にも認知度の高いモンドセレクション八年連続金賞を受賞、国際優秀味覚コンクール(ITQI)二年連三ツ星受賞。

41asj 3qhjl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ASJ-3qHJL.jpg
玉の露 30度 600ml [泡盛/沖縄県]
価格 ¥ 1,310

水割りで飲んでおいしい玉の露。一貫した製法を長きにわたって守っている老舗の泡盛。その工程はすべて手作りで行われている。クリアな泡盛は、水割りだけでなく、ロックでも、またほかのドリンクを混ぜても美味しく飲むことが出来る。価格もリーズナブルなので、お土産にも最適の泡盛と言えるだろう。

71qommv3ynl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71qOmMV3ynL._SL1500_.jpg
1 / 3