Kbrbkb6xritfwxaijvbc

音楽

CATEGORY | 音楽

イヤホンの種類別おすすめ!カナル型など形ごとに音質・付け方解説!

2018.05.24

普段我々が何気なく使っているイヤホン、これにはいくつか種類があるというのはご存知でしょうか。実はイヤホンは種類によってその性能が明確に違っており、値段にも差が出てきます。今回はおすすめiphone対応イヤホンの付け方、音質を含めご紹介します。

目次

  1. はじめに:イヤホンにはタイプが存在する!いったい何種類ある?
  2. 【カナル型やBA型などのイヤホンの種類解説!その音質や付け方は?おすすめiphone対応モデルも紹介!】形状①カナル型
  3. 【カナル型やBA型などのイヤホンの種類解説!その音質や付け方は?おすすめiphone対応モデルも紹介!】形状②インナーイヤー型
  4. 【カナル型やBA型などのイヤホンの種類解説!その音質や付け方は?おすすめiphone対応モデルも紹介!】発音方式①ダイナミック型
  5. 【カナル型やBA型などのイヤホンの種類解説!その音質や付け方は?おすすめiphone対応モデルも紹介!】発音方式②BA型
  6. 【カナル型やBA型などのイヤホンの種類解説!その音質や付け方は?おすすめiphone対応モデルも紹介!】発音方式③ハイブリッド型
  7. 【カナル型やBA型などのイヤホンの種類解説!その音質や付け方は?おすすめiphone対応モデルも紹介!】機能性①ノイズキャンセリング型
  8. 【カナル型やBA型などのイヤホンの種類解説!その音質や付け方は?おすすめiphone対応モデルも紹介!】機能性②スマホ用マイク・リモコン付
  9. 【カナル型やBA型などのイヤホンの種類解説!その音質や付け方は?おすすめiphone対応モデルも紹介!】機能性③bluetooth搭載・コードレス
  10. まとめ:イヤホンは種類ごとに性能は全く違う!さまざまなイヤホンを試してみよう!
0000001306392
引用: http://www.e-earphone.jp/shopimages/gcom1420/0000001306392.jpg
0000001301724
引用: http://www.e-earphone.jp/shopimages/gcom1420/0000001301724.jpg

音楽を聴く、という文化は昔から我々の慣習に根付いており、年々その広がりを見せています。その音楽を聴くために今は電子機器が欠かさず必要になっており、イヤホンやヘッドホン、スピーカーなど、媒介となる機器も非常に多様になっています。そのなかでも注目すべきはやはりイヤホンで、ヘッドホンよりも圧倒的な普及率を見せており、その音質は値段にもよりけりですが非常に安定しています。中には10万円を超えてくるものすらも存在するこのイヤホンというアイテム、実はこれには種類がいくつかあるということで、今回はその解説をしていきたいと思います。

Mm hp117bk mdx
引用: https://direct.sanwa.co.jp/images/goods/MM-HP117BK_MDX.JPG
000000072509
引用: http://www.e-earphone.jp/shopimages/gcom1420/000000072509.jpg

恐らく世界中に普及しているほとんどのイヤホンはカナル型、そういっても過言ではないほどイヤホンの中ではかなりオーソドックスなタイプにあたるカナル型イヤホンです。種類と一概にいってもその見方は全く違うもので、このカナル型というのは主に形状における種類を表します。現状普及して居るイヤホンの形状は2種類、カナル型とインナーイヤー型ですが、圧倒的にこのカナル型の普及率が高いです。所謂耳栓のような形状なので遮音性が高く、音漏れがしにくいのが特長、そして耳にダイレクトに届く臨場感もカナル型の優れているところです。低音に強く、重低音が重視される音楽電子機器界隈ではかなり重宝されています。

00000001564981 a01.jpg?sr.dw=320&sr.dh=320&sr.jqh=60&sr
引用: https://image.biccamera.com/img/00000001564981_A01.jpg?sr.dw=320&sr.dh=320&sr.jqh=60&sr.mat=1
000000113000
引用: http://www.e-earphone.jp/shopimages/gcom1420/000000113000.jpg

ゲーム機や携帯電話を購入するとよく付属してくるのがこのインナーイヤー型のイヤホンですね。元々イヤホンというのはこの形状から始まったものですが、カナル型の普及によってインナーイヤー型はかなり安価なものとして扱われるようになりました。耳に指し込む部分が大きいので少し耳に合わない、という方も多いでしょう。そして普及率が薄れてしまった原因は遮音性の低さですね。電車やバスなどで使う機会が多くなったイヤホンはどうしても遮音性が求められます。そういった意味で普及率が激減したという背景もありますね。

関連記事

1 / 4