Dkxk65dkc3c6uuorcljh

トレーニングメニュー

CATEGORY | トレーニングメニュー

筋肉をつける食事法:メニュー・タイミング〜コンビニ製品でも可能!

2018.05.29

筋トレなどのトレーニングに筋肉をつける食事をプラスすることで、より一層筋肉質な体に整えられます。炭水化物を始めメニューはコンビニ製品でも対応でき、レシピ付きでまとめました。筋肉をつける食事は摂取するタイミングも重要なので、ポイントを知って筋肉をつけよう。

  1. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉に必要な栄養素とは?
  2. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉に必要な栄養素➀タンパク質
  3. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉に必要な栄養素➁炭水化物
  4. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉に必要な栄養素➂ミネラル
  5. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉に必要な栄養素➃アミノ酸
  6. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事のタイミング
  7. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事のタイミング➀筋トレ終了後〇分以内に食事を摂る
  8. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事のタイミング➁トレーニング前の食事でエネルギーをチャージ
  9. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事のタイミング➂1日の食事は6食にする
  10. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事➀ヘルシーな胸肉で効率良くを筋肉をつくる
  11. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事➁さっぱりとして食べやすい豆腐メニュー
  12. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事➂納豆をご飯に乗せる男の朝食メニュー
  13. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事➃スイーツ好きが喜ぶデザートレシピ
  14. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋肉をつける食事⑤脂質の少ないおやつで間食を楽しもう
  15. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】コンビニでも筋肉に効果的な食材はある!➀サラダチキン
  16. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】コンビニでも筋肉に効果的な食材はある!➁うずら玉子水煮
  17. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】コンビニでも筋肉に効果的な食材はある!➂サバ缶
  18. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】コンビニでも筋肉に効果的な食材はある!➃プロテインゼリー
  19. 【炭水化物が筋肉をつける食事?コンビニでも可能なレシピやメニュー】筋トレに筋肉をつける食事をプラスして男を上げよう!
323a1c0f8eb7a70782b36ae844e76e07
引用: https://i.pinimg.com/564x/32/3a/1c/323a1c0f8eb7a70782b36ae844e76e07.jpg
1935044fdba5c35ef05d48029ac61492
引用: https://i.pinimg.com/564x/19/35/04/1935044fdba5c35ef05d48029ac61492.jpg
万全な状態で生活するには栄養バランスの取れた食事は当然ですよね。それを踏まえた上で、スポーツや筋トレをするには動力源となる炭水化物、タンパク質が特に大事になってきます。まずはじめにそれら筋肉に必要な栄養素から見ていきたいと思います。
Babab8bd79d224b6e38032f797d717e7
引用: https://i.pinimg.com/564x/ba/ba/b8/babab8bd79d224b6e38032f797d717e7.jpg
筋肉の材料となるタンパク質。髪や骨などの形成に繋がり、筋肉をつけるには欠かせない栄養素です。不足しがちなときはプロテインを飲むとタンパク質を手軽に摂取できますよ!
E6dae717f498d926ceaad7bf8b4031ed
引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/da/e7/e6dae717f498d926ceaad7bf8b4031ed.jpg
人間の動力源である炭水化物は取りすぎると脂肪に変わり太る原因になりますが、不足すると力を出すことができません。炭水化物はエネルギー消費のベースとなり、これが不足すると筋肉の形成に必要なタンパク質を代わりに使うことになります。そのため、ある程度の炭水化物は必要になります。
B5905549dd20e16972ec57b8510a8c6d
引用: https://i.pinimg.com/564x/b5/90/55/b5905549dd20e16972ec57b8510a8c6d.jpg
亜鉛やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルは、トレーニングでダメージを受けた筋肉の回復に効果があります。疲れを残さないことで日々、安定したパフォーマンスに導いてくれます。
924e58cd91bc556d51c4ce0c3858cd5c
引用: https://i.pinimg.com/564x/92/4e/58/924e58cd91bc556d51c4ce0c3858cd5c.jpg
必須アミノ酸であるBCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンを含む栄養素で、トレーニングで消耗する筋肉疲労を和らげる特性を持ちます。また、エネルギー源としてのタンパク質の消費を抑え、筋肉のつきやすい体に導いてくれます。
7dc8c758308930164a05a6cfbed2cad6
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/c8/c7/7dc8c758308930164a05a6cfbed2cad6.jpg
普段は朝昼晩と1日3食の食事を摂る方が多いと思います。スポーツや筋トレをする方は食事のタイミングに気をつると、そのときのパフォーマンスや体に残る疲労を軽減するなどメリットはたくさんあります。このタイミングについて順に見ていきましょう。
E85f0cefc2f2a17a2a3a5615eb49c11b
引用: https://i.pinimg.com/564x/e8/5f/0c/e85f0cefc2f2a17a2a3a5615eb49c11b.jpg
ランニングやプッシュアップなどの筋トレをした後はすぐに栄養補給をしましょう。時間にすると、トレーニング終了から30分以内の補給が良いとされています。遅くとも1時間以内に摂るようにしましょう。
1 / 4