2018年05月25日 UPDATE

ランニングフォームの改善!レッスン指導なしで着地や骨盤運動を改善!

ランニングフォームで体の疲れ方が違ってきます。骨盤の使い方や着地の仕方などランニングフォームを改善をすると走りが楽になり、長距離を走っていても疲れにくい体になります。今回はレッスンや指導なしですぐにもできるフォームの改善法をご紹介。

目次

  1. ランニングのフォームの改善は骨盤から
  2. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【自分のフォームを知る】
  3. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【着地】
  4. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【姿勢】
  5. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【腕ふり】
  6. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【上半身】
  7. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【下半身ポイントは】
  8. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【レッスン】
  9. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【呼吸】
  10. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【まとめ】

ランニングのフォームの改善は骨盤から

Figure beginner03
引用: https://www.zamst.jp/runningform/common/img/figure_beginner03.png
Img 1516871 24441927 0?2006 11 27
引用: https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516871/img_1516871_24441927_0?2006-11-27

ランニングフォームを改善したいと思うことは自分のランニングフォームが良くないことに気付いている証拠です。走り方が悪いと故障もしやすくなりますのでランニングフォームの改善は行うことは良いことです。ランニングフォームを改善するためにはまずは骨盤から見ていきましょう。骨盤が正しい位置に無い人が多いです。骨盤のゆがみですね。骨盤が歪んでいると右足と左足の長さが違う人も出てきます。骨盤の歪みは出来る限り早い段階で矯正することをお勧めします。ランニングフォームの改善は骨盤の歪みからまずは見ていきましょう。

関連記事

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【自分のフォームを知る】

Images?q=tbn:and9gcrje20ujec2zug8in ek6as84czdn 0du5 zs9guic65giul7sbgw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRje20uJec2ZUg8in-ek6as84CzdN-0Du5_ZS9guIC65giUL7SBGw
Ec1e2f01
引用: http://livedoor.blogimg.jp/itachirc/imgs/e/c/ec1e2f01.jpg

ランニングフォームを改善したい方はまずは自分の走りを知ることが大切です。自分のフォームを知ることでどのように改善したいか、どのように改善するか方向性が見えてきます。まず、指導者となる方がいらっしゃるようでしたら悪い箇所を指摘してもらえばいいですが指導者がいない場合は自分のランニングフォームをムービーで撮影しましょう。そして自分のランニングフォームを見直してからどことどこの改善が必要かがわかってくることでしょう。自分でランニングフォームを改善するには自分で現在ンおランニングフォームを把握して自分のランニングフォームを頭の中にたたきつけて悪いところを洗い出して改善していきましょう。

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【着地】

F9f492f6f0da4e89bc39c0ebb058862a1 300x200
引用: http://arunners.org/wp-content/uploads/2017/11/f9f492f6f0da4e89bc39c0ebb058862a1-300x200.jpg
20170415165441
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hiroyuki86/20170415/20170415165441.jpg

ランニングフォームを改善したい方は自分のランニング着地をまず知りましょう。ランニング着地とは走っていてつま先から着地しているかかかとから着地しているかがまずは着地について自分のフォームがどちらなのか知ることが重要です。ランニングの着地がかかと着地の方でしたら大丈夫ですがつま先着地の方はかかと着地で走れるように練習しましょう。つま先着地はスピード重視の短距離に向いている着地です。かかと着地は長距離のランニングなどに向いている着地方法です。着地がつまさきのかたは長距離を走ると足を痛めることもありますし、走っている時の姿勢に長距離の場合は安定感を損なうため向いていません。長距離のランニングはかかと着地で走ってみましょう。

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【姿勢】

O0700036012909588674
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20140415/17/nofashionolife/7b/08/g/o0700036012909588674.gif?caw=800
Oyyr8lngr1isoxmfwmxj
引用: https://youtu.be/Qij7gagnTQM

ランニングのフォームを改善したい方は姿勢も意識してみましょう。走っている時に疲れてくると猫背になる人もいればきっちりと走っている人もいますが、ランニングでは姿勢が重要です。姿勢を正して前傾姿勢になり過ぎずにまっすぐにしてから始めていきましょう。姿勢を意識して走るだけでもかなり変わってきます。姿勢に関してはすぐ忘れるために実際に自分でレッスンしていくことをお勧めします。姿勢を正すためのレッスンで改善していくことも楽しみながらできて良いですよね・ランニングフォームは姿勢も重要なため速攻で決めてください。

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【腕ふり】

Form
引用: http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000153/153395/form.png
%e7%9d%80%e5%9c%b01
引用: http://i0.wp.com/patarou.xsrv.jp/sub3/wp-content/uploads/2015/12/%E7%9D%80%E5%9C%B01.jpg

ランニングで最も重要なことが腕振りです。ランニングの際に腕振りがきちんとできている場合とできていない場合では雲泥の差です、ランニングをしていると最初の方は楽に感じるかもしれませんが腕振りをきっちりできない人は走っていく途中で疲れやすくなりますね。腕振りをきっちりできているとランニングフォームが改善されているでしょう。腕振りをして比較的に安定して着たらかなり強化されていきます。腕振りの重要性は腕振りを意識してしてみたらわかると思います。ランニングフォームの改善は焦らずに一つ一つの条件等をクリアしていきましょう。

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【上半身】

Jusin01
引用: https://www.sakaiku.jp/column/images/jusin01.jpg
Img 57cc05fb60f76
引用: https://www.info-jog.com/wp-content/uploads/2016/09/img_57cc05fb60f76.png

指導者無しで自己管理でランニングを始める方はなかなか難しいことですが、まずは自己管理を良い方向に目指して意識しましょう筋トレなどは腕、腹筋、背筋と軽めに毎日行うと良いですね。上半身のポイントは顎を引いてからしっかり腕を振る事が上半身でのランニングフォームのポイントになります。後は走っている時の目線ですね。顎をしっかりとひいて目線は走行中は自分の足より少し前をみて1歩先を見る感じで走っいきます。また、上半身のみのランニングフォームの改善は主にこんな感じですがランニングは上半身と下半身もありますので一応ランニングフォームは上半身と下半身のバランス尾大事なので問題はなさそうですね。

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【下半身ポイントは】

Hiro jhrfe tp v
引用: http://bokuraku.com/wp-content/uploads/2017/02/hiro_jhrfe_TP_V.jpg
10417004708
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/7/4/6/1/4/201805031101/10417004708.jpg

ランニングフォームで下半身のポイントは自然な歩幅と着地ですね。着地は長距離ランニングの場合は必ずかかと着地をしましょう。かかと着地は長距離の基本になります。逆につま先着地をしたい場合は短距離走をする時に速く走りたいときにつま先着地がおすすめです。また歩幅も走っていくと安定感が出てきますので、色々と楽しみにしておきましょう。長距離をつま先着地で走っていると思わぬ故障とか変な癖が付いたりしますので長距離の場合はかかと着地で対応していくつもりでしょうか

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【レッスン】

Img 234611
引用: https://www.ip-lambda.com/images/willjapan/IMG_234611.jpg
Clinic 640x512
引用: http://www.skyspa.co.jp/blog/wp-content/uploads/clinic-640x512.jpg

次に自分でランニングフォームを立て直すのはやはり管理が大変です。そのためもし自分で管理が限界になった場合はレッスン形式でメニューを組んでいくことをおすすめします、レッスン形式でやっていくことで記録も取りやすくなりますし、自分のフォームの変わり方もわかっていきますのでランニングフォームの悪い点などを見てあげるとレッスンとして良いメニューを組めますね。またランニングフォームの悪い箇所はレッスンとして課題をつくりクリアできるように頑張りましょう。

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【呼吸】

Middle 92f15668 3e32 4cdc 9321 aee00184fe16
引用: https://oliva-production.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/item_image/image/1295/middle_92f15668-3e32-4cdc-9321-aee00184fe16.jpeg
96958a88889de7ebe6e4e2eae2e2e2ebe2ebe0e2e3e1e2e2e2e2e2e2 dsxbzo5945399009092013000001 pn1 27
引用: https://www.nikkei.com/content/pic/20130913/96958A88889DE7EBE6E4E2EAE2E2E2EBE2EBE0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO5945399009092013000001-PN1-27.jpg

ランニングをしていく上でランニングフォームが大体どのようにすればいいのかお分かりいただけたと思います。ランニングフォームを改善できれば次はいよいよ仕上げですね。ランニングフォームの改善ができれば次は呼吸法を習得しましょう。ランニングで長距離を走るコツは呼吸にもあります。呼吸のリズムでかなり変わってきます。呼吸のコツは全体のリズム感ともなりますので重要です。具体的な呼吸法の例で挙げると吸、吸、吐吐ぐらいが走りやすい呼吸法と思います。呼吸法は長距離ランナーのコツでもありますので是非取り入れてみましょう。呼吸を勉強すると呼吸法を取り入れた時に分かりやすいですね。

関連記事

指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【まとめ】

ランニングフォームを変えるのは簡単そうに見えて時間をかけることができない人からすると難しいですね。でもランニングは自分の好きな時間でもできるし、健康にも良いということで根強い人気があります。またランニングの着地はかかと着地を忘れずに取り入れておきましょう。そして言って一定のリズムで呼吸を整えられるように呼吸法も極めましょう。ランニングフォームだけ変えられるかな?とかまだまだ色々としないといけないことがあるようですのでランニングフォームの改善に向けてつま先で走ることはせずにかかとで着地をすることが基本としてまずは少しずつランニングフォームを整えていきましょう。また長距離を走るためのコツはやはり腕振りも重要です。足腰が弱ってしまっても腕がしっかりとしていると大丈夫と思っています。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20120701%2F87%2F864247%2F13%2F448x378x90c1694bd33d1593fc0b0755.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r