Fjk9zb3frsrpcgo220i9

トレーニング

CATEGORY | トレーニング

ランニングフォームの改善!レッスン指導なしで着地や骨盤運動を改善!

2018.05.25

ランニングフォームで体の疲れ方が違ってきます。骨盤の使い方や着地の仕方などランニングフォームを改善をすると走りが楽になり、長距離を走っていても疲れにくい体になります。今回はレッスンや指導なしですぐにもできるフォームの改善法をご紹介。

目次

  1. ランニングのフォームの改善は骨盤から
  2. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【自分のフォームを知る】
  3. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【着地】
  4. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【姿勢】
  5. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【腕ふり】
  6. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【上半身】
  7. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【下半身ポイントは】
  8. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【レッスン】
  9. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【呼吸】
  10. 指導者なしでランニングのフォームの改善はできる?【まとめ】
Figure beginner03
引用: https://www.zamst.jp/runningform/common/img/figure_beginner03.png
Img 1516871 24441927 0?2006 11 27
引用: https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516871/img_1516871_24441927_0?2006-11-27

ランニングフォームを改善したいと思うことは自分のランニングフォームが良くないことに気付いている証拠です。走り方が悪いと故障もしやすくなりますのでランニングフォームの改善は行うことは良いことです。ランニングフォームを改善するためにはまずは骨盤から見ていきましょう。骨盤が正しい位置に無い人が多いです。骨盤のゆがみですね。骨盤が歪んでいると右足と左足の長さが違う人も出てきます。骨盤の歪みは出来る限り早い段階で矯正することをお勧めします。ランニングフォームの改善は骨盤の歪みからまずは見ていきましょう。

関連記事

Images?q=tbn:and9gcrje20ujec2zug8in ek6as84czdn 0du5 zs9guic65giul7sbgw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRje20uJec2ZUg8in-ek6as84CzdN-0Du5_ZS9guIC65giUL7SBGw
Ec1e2f01
引用: http://livedoor.blogimg.jp/itachirc/imgs/e/c/ec1e2f01.jpg

ランニングフォームを改善したい方はまずは自分の走りを知ることが大切です。自分のフォームを知ることでどのように改善したいか、どのように改善するか方向性が見えてきます。まず、指導者となる方がいらっしゃるようでしたら悪い箇所を指摘してもらえばいいですが指導者がいない場合は自分のランニングフォームをムービーで撮影しましょう。そして自分のランニングフォームを見直してからどことどこの改善が必要かがわかってくることでしょう。自分でランニングフォームを改善するには自分で現在ンおランニングフォームを把握して自分のランニングフォームを頭の中にたたきつけて悪いところを洗い出して改善していきましょう。

F9f492f6f0da4e89bc39c0ebb058862a1 300x200
引用: http://arunners.org/wp-content/uploads/2017/11/f9f492f6f0da4e89bc39c0ebb058862a1-300x200.jpg
20170415165441
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hiroyuki86/20170415/20170415165441.jpg

ランニングフォームを改善したい方は自分のランニング着地をまず知りましょう。ランニング着地とは走っていてつま先から着地しているかかかとから着地しているかがまずは着地について自分のフォームがどちらなのか知ることが重要です。ランニングの着地がかかと着地の方でしたら大丈夫ですがつま先着地の方はかかと着地で走れるように練習しましょう。つま先着地はスピード重視の短距離に向いている着地です。かかと着地は長距離のランニングなどに向いている着地方法です。着地がつまさきのかたは長距離を走ると足を痛めることもありますし、走っている時の姿勢に長距離の場合は安定感を損なうため向いていません。長距離のランニングはかかと着地で走ってみましょう。

1 / 3