Nuyccl0vdwqdmaqba8ud

トレーニング

CATEGORY | トレーニング

自重トレーニングの効果は?ダイエットにも効果的なメニュー・頻度!

2018.05.23

自重トレーニングといえば、自宅でもできる内容が多いですが、効果があるトレーニングメニューはご存知ですか?自重トレーニングだからこそ毎日続けることができ、ダイエット効果にもつながりやすいと言われています。今回は自重トレーニングについて頻度や期間をご紹介します。

目次

  1. 自重トレーニングは効果がある方法を!
  2. 自重トレーニングをより効果的に行う方法は存在! 
  3. 効果的な自重トレーニングのポイント① ゆっくりと行う
  4. 効果的な自重トレーニングのポイント② 正しいフォームで行う
  5. 効果的な自重トレーニングのポイント③ インターバルを取り入れる
  6. 効果的な自重トレーニングのポイント④ 回数を細かくする
  7. 効果的な自重トレーニングのポイント⑤ 定期的なトレーニング
  8. 効果的な自重トレーニングのポイント⑥ 鍛える部位を変える
  9. ダイエット効果を感じたい場合は食事管理も大切!
  10. 自重トレーニングのおすすめの期間は?
  11. 自重トレーニングのおすすめの頻度は?毎日してはダメ?
  12. 自重トレーニングのおすすめメニューはこちら!
  13. 自重トレーニングのおすすめメニュー① プッシュアップ
  14. 自重トレーニングのおすすめメニュー② クランチ 
  15. 自重トレーニングのおすすめメニュー③ スクワット
  16. 自重トレーニングのおすすめメニュー④ 体幹トレーニング
  17. 自重トレーニングのおすすめメニュー⑤ ストレッチ
  18. 【まとめ】的確にトレーニングを行ってより効果を実感!
M29 134
引用: http://gigaplus.makeshop.jp/physique/article/m29_134.jpg

自重トレーニングは皆さんどのくらい取り組んでいますか?自重トレーニングをしっかりと行うとより効果を実感しやすいのですが、間違った方法だと逆に効果を実感しにくいという欠点があります。今回はそのような自重トレーニングに効果を感じやすい方法についてご紹介していきたいと思います。

関連記事

55485438 xxl 1 1024x683
引用: https://kintore-master.com/wp-content/uploads/2017/05/55485438_xxl-1-1024x683.jpg

まず最初は効果的な自重トレーニング方法をご紹介する前に、トレーニングを行う際に意識していただきたいポイントについてご紹介していきたいと思います。このポイントを意識するかしないかによって大きく効果が変わると言われています。トレーニングを実施しようと考えている方や、今自重トレーニングを実施している方もご参考にしていただけたらと思います。

1 21bodyweight training49b 768x470
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/static.bodix.jp/wp-content/uploads/2017/01/12150815/1-21bodyweight-training49b-768x470.jpg

まず最初に意識していただきたいポイントはゆっくり行うという点です。トレーニングというと、回数をかなり重ねて体を鍛えていくイメージがありますが、回数を重ねるために素早く行っても効果は出にくいです。トレーニングを行えば行うほど筋肉に負荷をかけれるのですが、スピードを出すために反動をつけてついつい行ってしまう人が多いです。その状態では効果が半減しやすいので、ゆっくりと行ってしっかりと負荷をかけましょう。

1 21bodyweight training6b 570x380
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/static.bodix.jp/wp-content/uploads/2017/01/12150700/1-21bodyweight-training6b-570x380.jpg

次に意識していただきたい点は正しいフォームで行うという点です。間違ったフォームでトレーニングを行うと、効果を感じられにくいです。そのため、しっかりと正しいフォームを行うことがトレーニングの基本です。綺麗なフォームは十分に鍛えたい部位に負荷をかけることができるので、トレーニングの際にはフォームを意識するようにしましょう。

1 21bodyweight training39b 570x380
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/static.bodix.jp/wp-content/uploads/2017/01/12150756/1-21bodyweight-training39b-570x380.jpg

次に意識していただきたい点はインターバルを取り入れるです。インターバルとは定期的に休憩をはさみながらトレーニングを行っていくことですが、インターバルはより効果が出やすいと言われています。一気に体を刺激していくのではなく、筋肉を休ませてあげながらトレーニングを行っているイメージでトレーニング10分休憩10分トレーニング10分というように行うのが好ましいです。

1 / 4