Oaueygrazu5ipkqy2zas

パンツ

CATEGORY | パンツ

ウールパンツでメンズコーデ。季節感や素材の特性はどんな感じ?

2018.05.23

ウールパンツは皆さんお持ちですか?普通のパンツとは違った印象を作ることができるのですが、季節感や素材の特性をしっかりと把握していればメンズコーデを作る際に役立ちます。今回はそのようなメンズコーデに活躍してくれるウールパンツの季節感や特性をご紹介します。

目次

  1. ウールパンツはメンズコーデで活躍してくれる!
  2. ウールパンツの季節はいつ頃がいい?
  3. ウールパンツの「ウール素材」の特徴・特性はこちら!
  4. 「ウール素材」の特徴・特性① 保温性
  5. 「ウール素材」の特徴・特性② 伸縮性
  6. 「ウール素材」の特徴・特性③ 撥水性
  7. 「ウール素材」の特徴・特性④ 形崩れしにくい
  8. 「ウール素材」の特徴・特性⑤ 季節感を演出できる
  9. ウールパンツのおすすめメンズコーデはこちら!
  10. ウールパンツのおすすめメンズコーデ① ウールコート×ウールパンツ
  11. ウールパンツのおすすめメンズコーデ② ステンカラーコート×ウールパンツ
  12. ウールパンツのおすすめメンズコーデ③ ライダースジャケット×ウールパンツ
  13. ウールパンツのおすすめメンズコーデ④ ミリタリージャケット×ウールパンツ
  14. ウールパンツのおすすめメンズコーデ⑤ ニット×ウールパンツ
  15. ウールパンツのおすすめメンズコーデ⑥ パーカー×ウールパンツ
  16. ウールパンツのおすすめブランドはこちら!
  17. ウールパンツのおすすめブランド① ユナイテッド東京
  18. ウールパンツのおすすめブランド② ビームス
  19. ウールパンツのおすすめブランド③ ナノユニバース
  20. 【まとめ】ウールパンツでかっこよく男の魅力を引き出す
20180214071346189 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/t36ddn/20180214071346189/20180214071346189_500.jpg

ウールパンツといえば、レディースメンズともに人気ですよね。特にメンズコーデとしても活躍してくれ、おしゃれな雰囲気をしっかりと作ってくれることからも人気です。ウール素材であることからウール特有の特性や特徴があります。今回はそのようなウール素材の魅力やウールパンツのおすすめコーデについてご紹介したいと思います。

関連記事

Bild 11
引用: https://fikadags.files.wordpress.com/2014/11/bild-11.jpg?w=820

ウールパンツといえば、他のパンツとは違って暖かい雰囲気があることからも人気なのですが、やはり季節の点で言うと秋から冬にかけての季節が好ましいといえます。ウールパンツは季節感もしっかりと出せることから秋と冬にかけてのおすすめアイテムとしても注目されています。基本的誰にでも似合いやすいという点も嬉しいという声が多いです。

D8abef3d6261494c4d607e186dd98ea3
引用: http://down-cleaning.net/down-cleaning/wp-content/uploads/2015/03/d8abef3d6261494c4d607e186dd98ea3.jpg

次はウールパンツの素材「ウール素材」の特徴・特性についてご紹介したいと思います。ウール素材は他の素材とは違って魅力的な特性がたくさん存在します。実際にウール素材の魅力をご紹介しますので、ぜひウールパンツをこれから購入しようと考えている方はご参考いただけたらと思います。ウールパンツ以外のウール素材にも同様の事が言えるので、ぜひご参考ください。

14450
引用: http://matsuke.co.jp/pic-labo/14450.JPG

まず最初にご紹介するウール素材の特性は保温性です。ウールといえば、肌を優しく包んでくれるような優しい肌触りですよね。肌触りが良いのはもちろん多くの事がご存知だと思いますが、ウール・羊毛がふわふわでしっかりと熱を逃がさず守ってくれるため、高い保温性能を持っています。そのため、秋から冬にかけての季節がやはり大活躍といっても過言ではないです。

Imgrc0062580076
引用: https://image.rakuten.co.jp/apuhouse/cabinet/03669811/imgrc0062580076.jpg

次に挙げられるウール素材の特性は伸縮性です。ウール素材はご存知の方も多い様に伸縮性が高く、伸び縮しやすいので着やすいという魅力があります。サイズが違っていたとしても着ることができ、調整できるのも魅力的と言えます。さらに、きつすぎないので、リラックスした状態になれるのも魅力の一つと言えます。

1 / 4