Ftfg3ckpwwjpmwlvsotn

メニュー

CATEGORY | メニュー

短距離練習メニュー:シューズ・練習場所など小学生からできる練習法!

2018.05.26

短距離の練習のためのおすすめメニューや小学生から高校生まで練習できるメニューなど短距離ランナーのための情報をご紹介します。また、初心者からでも出来る練習法も併せてご紹介していきます。そして気になる短距離の練習場所やシューズについても解説していこうと思います。

目次

  1. 短距離を早くなる練習メニュー
  2. 短距離を早くなる練習メニュー①ウォーミングアップ
  3. 短距離を早くなる練習メニュー②スタート練習
  4. 短距離を早くなる練習メニュー③ピッチ走
  5. 短距離を早くなる練習メニュー④変形スタート
  6. 短距離を早くなる練習メニュー⑤テンポ走
  7. 短距離を早くなる練習メニュー⑥坂道ダッシュ
  8. 短距離を早くなる練習メニュー⑦階段ダッシュ
  9. 短距離を早くなる練習メニュー⑧ウエイトトレーニング
  10. 練習場所でのおすすめは?
  11. 専用シューズは必要?
  12. まとめ
B0e65e5264fa10954ee161bb15553a18
引用: https://i.pinimg.com/564x/b0/e6/5e/b0e65e5264fa10954ee161bb15553a18.jpg

短距離走は体力勝負ではなくどれだけの瞬発力と足の速さがあるかによって決まる瞬間的な勝負にどれだけ相手と差をつけるかが勝負の勝敗のつけるところでもあります。そんな一瞬の勝負にどれだけ相手に食いつき相手と差をあけてゴールするかが決めてです。短距離走が早くなるのは難しいことではなくコツとどれだけ練習を積み重ねるかによって相手ともしくはライバルとの差をつけれるところでもあります。コツと練習量これ作行っていれば必ず早くなると言う練習メニューをご紹介します。ただし、がむしゃらに走ればいいということではありません。そして継続することが早く走れるようになるポイントでもあります。何事も継続は力なりです。

Bcba3c725ee051fdf8c6493f9990f15c
引用: https://i.pinimg.com/564x/bc/ba/3c/bcba3c725ee051fdf8c6493f9990f15c.jpg

関連記事

7adb17ef74ba6b0fa9baa0d54fecf68d
引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/db/17/7adb17ef74ba6b0fa9baa0d54fecf68d.jpg

短距離を早くなる練習メニューは「ウォーミングアップ」です。何事もはじめるためにはウォーミングアップが欠かせないものです。早くなるためのウォーミングアップとは何かと言いますとゆっくり時間を変えて行うランニングです。距離はその人の体力によって違ってきますが、小学生や体力のない初心者の方などは200メートルから400メートルほどのランニングを行いましょう。高校生などのある程度体力の付いてきた方たちは400メートルから800メートルがおすすめです。この距離も個人差がありますのでウォーミングアップなので無理してこの距離を走ることはしなくてもいいです。ウォーミングのアップの目的は身体を動かせるようにするために行うものなので身体が伸びきっていないときに真剣に走るのは怪我の恐れがあるため避けましょう。ウォーミングアップ時にハードルなどを使用して足を上げる練習もおすすめです。

15e01b10204912b6f6fdfd7834be5b24
引用: https://i.pinimg.com/564x/15/e0/1b/15e01b10204912b6f6fdfd7834be5b24.jpg
E85f0cefc2f2a17a2a3a5615eb49c11b
引用: https://i.pinimg.com/236x/e8/5f/0c/e85f0cefc2f2a17a2a3a5615eb49c11b.jpg

短距離を早くなる練習メニューは「スタート練習」です。ウォーミングアップが終われば続いてはスタート練習を行いましょう。スタート練習と言うのは短い距離を本数を決めて無理のない範囲で走りこむ瞬発性を上げるトレーニングです。短距離走は短距離で勝負が決まってしまうので瞬発力を鍛える必要があります。距離はウォーミングアップと同じく小学生や体力のない初心者の方は30メートル×3本から5本がおすすめです。体力のある高校生以上になってしまうと50メートル×3本から5本がおすすめです。このスタート練習も無理のない範囲で効果的に行うことです。練習は練習でありますが、本番で結果を出せなければ意味がありませんので鹿k利とトレーニングを積み重ねましょう。

1 / 4