2018年05月19日 UPDATE

ビジネスシーンの挨拶文の例文集!メールの書き出しと結びが重要?

ビジネスシーンでは、その相手にふさわしい挨拶文をメールなどで送らなければいけません。しかしビジネスにふさわしい挨拶文って難しいですよね。そこで今回はビジネスシーンの挨拶文の例文集をご紹介していきます。書き出しと結びは覚えてしまえばどんなメールにも使えますよ。

目次

  1. ビジネスシーンでのマナー:挨拶文を入れる
  2. ビジネスの挨拶文の基本は主文とお礼の構成にすることが大切
  3. ビジネスの基本的な挨拶文の例文
  4. ビジネスの挨拶文の社外に使う時の例文
  5. ビジネスの時候の挨拶文の例文
  6. ビジネスの挨拶文で個人に使う時の例文
  7. ビジネスの挨拶文で組織に使う時の例文
  8. ビジネスでは結びの挨拶文の使い分けも重要
  9. ビジネスの年賀状の挨拶文の例文
  10. ビジネスシーンの挨拶文の例文集!メールの書き出しと結びが重要?のまとめ

ビジネスシーンでのマナー:挨拶文を入れる

Dada037b65c5554fc870da088bc02719
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/da/03/dada037b65c5554fc870da088bc02719.jpg

ビジネスシーンでは、メールなどで挨拶文を入れるのが最低限のビジネスマナーとされています。メールなどで文章を作成する時に、顔の見えない相手に送らなければいけないので、挨拶文は大切なのです。しかしはじめて挨拶文を作成する時に、その挨拶文によっては相手に失礼にあたることもあるので、メールなどを打つ際には注意しなければいけないのです。そこで今回はビジネスシーンにおいて、大切な挨拶文の例文を紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。

ビジネスの挨拶文の基本は主文とお礼の構成にすることが大切

176a0c4f454c7ed21967461575d108e8
引用: https://i.pinimg.com/564x/17/6a/0c/176a0c4f454c7ed21967461575d108e8.jpg

そんな挨拶文をメールなどで送る際には、書き出しの主文とお礼の構成にすることが基本となります。しかしそのビジネスシーンでの主文とお礼の構成が分からないという方もいると思いますので、その二つの書き出しについて以下に解説していきます。

相手を気遣うのが主文

5e82a34cbd6a321761d2e245a3d071df
引用: https://i.pinimg.com/236x/5e/82/a3/5e82a34cbd6a321761d2e245a3d071df.jpg

挨拶文での主文とは、相手を気遣う文のことをいいます。例えば書き出しに企業や相手に対して、健康や仕事を気遣う一言を挨拶文に入れるのが基本になります。

お世話になっている事を表すのがお礼

526b0bf87083a8c550a727d567b31e5f
引用: https://i.pinimg.com/564x/52/6b/0b/526b0bf87083a8c550a727d567b31e5f.jpg

またお礼とは、企業や相手にお世話になっている事を表す挨拶文で、顔を見て話すことができない為、メールなどで送る際には大切なのです。

関連記事

ビジネスの基本的な挨拶文の例文

Ac1eca7ee525674b3ffcc25dcf6223c8
引用: https://i.pinimg.com/564x/ac/1e/ca/ac1eca7ee525674b3ffcc25dcf6223c8.jpg

そんなビジネスの基本となる挨拶文といっても様々あるので、ビジネスシーンで一般的に使われている例文を紹介していきます。そんな基本となる例文には、「いつもお世話になっております」「この度はお世話になります」「日頃よりお世話になっております」「初めてご連絡させて頂きます」「平素よりお世話になっております」などビジネスシーンで一般的に使われる挨拶文になります。

内容に合わせて使い分けるのがポイント

5a7ce0528389d25a785ff965785f9239
引用: https://i.pinimg.com/564x/5a/7c/e0/5a7ce0528389d25a785ff965785f9239.jpg

また一般的な挨拶文をメールなどで送る際には、どんなビジネスシーンなのかによって使い分けが必要です。今後親しい付き合いをしていく取引先や、早急な返答をメールで貰いたい時などによって、挨拶文の内容も変わってくるんです。例えば今後からも付き合いをしていく時の挨拶文として、書き出しの後に「今後も末永くお引きまわしのほどお願い申し上げます」などと挨拶文につけた方がいいのです。

ビジネスの挨拶文の社外に使う時の例文

Ce4903fbcff6f7c96e792be97d4df7ad
引用: https://i.pinimg.com/564x/ce/49/03/ce4903fbcff6f7c96e792be97d4df7ad.jpg

ビジネスシーンでのメールなどの挨拶文は、社内の方と社外の方で使い分けることも大切なポイントです。そんな社外の方にメールを送る際には、先ほどもお伝えしたように主文として、「お世話になります」や「平素よりお世話になっております」などを書き出しに入れて、お礼文を入れることが重要になります。

社内の時は?

3e7fdff6ae286ebe9994640f252b9ea8
引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/7f/df/3e7fdff6ae286ebe9994640f252b9ea8.jpg

また社内でのメールの挨拶文は、「お疲れ様です」や「連絡失礼いたします」などシンプルな挨拶文で大丈夫です。しかし上司や先輩などにメールを送る時の挨拶文は、シンプルすぎないように気を付けることも大切です。

ビジネスの時候の挨拶文の例文

8bad45da6ae23db3ed3b86cd4adccad5
引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/ad/45/8bad45da6ae23db3ed3b86cd4adccad5.jpg

ビジネスシーンではその時候に合わせた挨拶文を、メールなどで送ることも大切なポイントです。シーズンごとに季語を入れることによって、ビジネスの丁寧な挨拶文を作ることができるんです。以下、時候の挨拶文の例文を紹介します。

1月~3月の挨拶文

0c28427610a3b1b9dcc7826ea3bb9971
引用: https://i.pinimg.com/564x/0c/28/42/0c28427610a3b1b9dcc7826ea3bb9971.jpg

1月の時候の挨拶文は、書き出しに「新春の候」や「大寒の候」などを挨拶文に入れると丁寧な言葉になります。また2月では「厳寒の候」「残雪の候」などを書き出しにいれ、3月では「早春の候」「浅春の候」「春分の候」などを時候の挨拶文に入れてあげると良いと思います。

4月~7月の挨拶文

764f7fe711d3eb85e610b8e0301c8794
引用: https://i.pinimg.com/564x/76/4f/7f/764f7fe711d3eb85e610b8e0301c8794.jpg

また4月の挨拶文として、「花冷えの候」「桜花の候」「春陽の候」などを書き出しに入れてあげると、丁寧な挨拶文になります。5月の場合は「葉桜の候」「青葉の候」などをいれ、6月は「長雨の候」「初夏の候」「小夏の候」などを挨拶文の書き出しに入れてあげると良いと思います。また7月の場合は「梅雨明けの候」「盛夏の候」などを時候の挨拶文に入れてあげるようにしましょう。

8月~12月の挨拶文

C57e32764b1b7cba0404cd6ffd0251b8
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/7e/32/c57e32764b1b7cba0404cd6ffd0251b8.jpg

8月の時候の挨拶文として、「残暑の候」「暮夏の候」などを書き出しに入れ、9月の場合は「初秋の候」「新秋の候」を挨拶文にすると丁寧な言葉になります。また10月の場合は「仲秋の候」「秋雨の候」11月は「晩秋の候」「霜秋の候」12月の場合は「初冬の候」「寒気の候」などを書き出しに入れてあげると良いと思います。

ビジネスの挨拶文で個人に使う時の例文

4e43d0a6c9fb142d713a82847e91d8c6
引用: https://i.pinimg.com/564x/4e/43/d0/4e43d0a6c9fb142d713a82847e91d8c6.jpg

ビジネスシーンの挨拶文において、社内や社外で使い分けることもできますが、その個人に使う時の挨拶文と組織に使う時の挨拶文を使い分けることも大切です。そんな個人に使う時の挨拶文には、ご健勝やご清祥などの言葉を使うと丁寧な挨拶文になります。ご健勝はその相手に健康で元気でいてという意味があり、ご清祥は幸福でいることを祝う意味があるんです。

ビジネスの挨拶文で組織に使う時の例文

61cf80e556df86b80cc19167f98fe407
引用: https://i.pinimg.com/564x/61/cf/80/61cf80e556df86b80cc19167f98fe407.jpg

またビジネスシーンで組織に使う時の挨拶文には、個人とは違い、ご隆昌・ご盛栄・ご隆盛などの言葉を使うことが大切です。この言葉の意味には、組織が繁盛するという意味があるので、個人に対しては使うのを控えた方がいいと思います。

関連記事

ビジネスでは結びの挨拶文の使い分けも重要

Ba0c4d703542c1d6c68d68cfb1a10b20
引用: https://i.pinimg.com/564x/ba/0c/4d/ba0c4d703542c1d6c68d68cfb1a10b20.jpg

書き出しの挨拶文同様、結びの挨拶文の使い分けをすることもビジネスシーンでは重要なマナーです。ビジネスシーンといっても色々なケースから挨拶文を使うので、その最後の結びによって適切に使い分けることができるんです。こちらではそんな結びの使い分け方を、以下に紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。

今後の付き合いを考える時の結び

B7eeeb7cf9419aa90173e71267b7bb5e
引用: https://i.pinimg.com/564x/b7/ee/eb/b7eeeb7cf9419aa90173e71267b7bb5e.jpg

今後の付き合い考える時の結びの使い方として、文末に記す結びの挨拶文は「是非今度ともよろしくご用命のほどよろしくお願い致します」や「ますますのお引き立てをお願い申し上げます」などを結びに使うと、その相手にも付き合い関係を考えさせることができます。

用件を明確にするための結び

4366fcd32747eb6b4949acb0bbae285d
引用: https://i.pinimg.com/564x/43/66/fc/4366fcd32747eb6b4949acb0bbae285d.jpg

また結びの使い方には、用件を明確にするための挨拶文もあります。挨拶文の文末の最後の結びに「取り急ぎのお知らせまで」や「取り急ぎお尋ね申し上げます」などを挨拶文に入れると、相手にその内容を明確に伝えることができます。

相手の活躍を祈った結び

22d7c0a7996987cdacced8ed29997dfe
引用: https://i.pinimg.com/564x/22/d7/c0/22d7c0a7996987cdacced8ed29997dfe.jpg

挨拶文の結びの使い方には、その相手の活躍を祈った結びもあります。ビジネスにおいて会社や相手の事を祈った挨拶文を送ることも大切で、より良い関係を築き上げることができるのです。そんな例文として、「ご躍進のほどご祈念申し上げます」や「のご発展を心よりお祈り申し上げます」などを結びに使うのも良いと思います。

ビジネスの年賀状の挨拶文の例文

5fe6bec1b4eed3f66364cab6aacaa8c7
引用: https://i.pinimg.com/564x/5f/e6/be/5fe6bec1b4eed3f66364cab6aacaa8c7.jpg

ビジネスシーンではメールなどの他にも、年賀状の挨拶文も知っておく必要はあります。友人や親戚などであれば軽い挨拶文で良いのですが、取引先や上司などによってその挨拶文を考える必要があります。そんな取引先にする年賀状の挨拶文は、基本的にかしこまったフレーズの挨拶文を使うことが大切です。また上司の場合は、挨拶文にご指導という言葉を使い、感謝の気持ちを表した年賀状をかくことをおすすめします。

ビジネスシーンの挨拶文の例文集!メールの書き出しと結びが重要?のまとめ

E8460e5fb87827c31a2e56bc1dbac432
引用: https://i.pinimg.com/564x/e8/46/0e/e8460e5fb87827c31a2e56bc1dbac432.jpg

ビジネスシーンの挨拶文はいかがでしたか?ビジネスにおいて挨拶文は最低限のマナーでもあり、その挨拶文が分からないと失礼にあたることもあるので注意しなければいけないのです。そんな挨拶文の例文を参考に、その相手に合わせた適切な挨拶文を作成してみて下さい。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/f7/bd/8f/f7bd8f188b0f10f0822cb57eb53bec5f.jpg