O01ekr5zn0xnoibnemea

靴・シューズ

CATEGORY | カテゴリー

フィットネスシューズや服装の選び方【メンズ】軽量でコンパクトが◎

2018.05.20

フィットネスシューズをはじめとする服装の選び方に、気をつけていますか。実際にトレーニングをする際に、少しでもコンパクトで軽量なものが最も良いです。今回は、メンズのフィットネスシューズや服装の選び方のポイントなどを解説していきます。

目次

  1. フィットネスシューズや服装の注意点
  2. 軽量でコンパクトなものが良い!メンズフィットネスシューズや服装の選び方:トップス
  3. 軽量でコンパクトなものが良い!メンズフィットネスシューズや服装の選び方:ボトムス
  4. 軽量でコンパクトなものが良い!メンズフィットネスシューズや服装の選び方:アンダーウェア
  5. 軽量でコンパクトなものが良い!メンズフィットネスシューズや服装の選び方:靴
  6. 軽量でコンパクトなものが良い!メンズフィットネスシューズや服装の選び方:WAVE DIVERSE 6
  7. 軽量でコンパクトなものが良い!メンズフィットネスシューズや服装の選び方:UA COMMIT TR
  8. 軽量でコンパクトなものが良い!メンズフィットネスシューズや服装の選び方:メトコン レッパー DSX
  9. 軽量でコンパクトなものが良い!メンズフィットネスシューズや服装の選び方:Zポンプ フュージョン 2.0
  10. フィットネスシューズや服装は軽量でコンパクトなものを

フィットネスクラブやジムでの服装としてふさわしいもの、多くの人はジャージやスウェットなどを思い浮かべるはずですが、実はフィットネス向けの服装やシューズなどは存在します。とはいえ、ジムなどにはベンチプレスなどの器具や、ランニングマシン、エアロバイクなど、幅広い種類の運動器具が存在します。当然ベンチプレス中心という人もいれば、ランニングマシーンの使用が中心だという人もいます。今まではそれぞれに適したシューズなどがありましたが、最近ではタイプや条件が異なる2つの運動両方に対応しているものも多く出回っています。しかし、シューズだけに注意するだけでは足りません。

Tul025s
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/eversoul/item7/tul025s.jpg
%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%b3 %e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2 %e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88 %e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9 %e3%82%bb%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88 %e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%84 patz7x9r
引用: https://c.static-nike.com/a/images/t_PDP_1280_v1/f_auto/y0yzlco0kswkm6t1htlm/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%82%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84-PATZ7x9R.jpg

関連記事

フィットネス向けの服装としてそろえておくべきアイテムが主に4つあります。そのひとつがトップスです。さすがに上半身裸でジムでベンチプレスをするわけにはいきません。トップスについては基本的には半そでやノースリーブのものが良いでしょう。ジムでトレーニングする場合、冬でも汗を書くことが多いため、半そでのもののほうがおすすめです。不通のものでも良いのですが、スポーツブランドから出ているものの多くは、速乾性、吸汗性、透湿性が優れているため、服が体にべたつくことも無く、快適にトレーニングをすることが出来ます。1000円から3000円で購入が出来るため、持っておいて損はありません。

71hacxyb4bl. sx385
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71haCxYb4bL._SX385_.jpg
71lpdsdsu8l. sx679
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71lpDsDSU8L._SX679_.jpg

よほど下半身に地震があったとしてもせめてボトムスは履いておきましょう。警察沙汰になります。こちらもジムでのトレーニングがほとんどである場合、ハーフパンツがおすすめです。しかし、外でもランニングなどをする場合は、ハーフパンツと一緒に長ズボンも用意しておくと、寒さ対策にもなるためおすすめです。このあたりは主にトレーニングをする場所にあわせて選ぶと良いでしょう。ブランドによっては、吸汗性や速乾性に優れ、常にドライな状態に保ってくれるものもあれば、ストレッチ性に優れ、動きやすいものもあり、機能面もなかなか良いです。長ズボンの場合も、防水性があるものもあります。

1 / 4