Zhs9zem88qpuykrturvm

トレーニング

CATEGORY | トレーニング

懸垂バーで自宅でもトレーニング!ドアに自作できる?グローブは必要?

2018.05.20

懸垂は自宅でもドアに懸垂バーを自作でつけ、グローブを使って行うことで簡単に効果的なトレーニングを行うことができます。さらに懸垂バーは背筋だけでなく腹筋を鍛えることも出来ます。今回はそんな懸垂バーとおすすめのグローブについて紹介していきます。

目次

  1. ドアに自作でつける懸垂バーとグローブを使って自宅で効果的なトレーニング!
  2. 毎日自宅で効果的な懸垂を行うための懸垂バーの選び方とは?①耐荷荷重
  3. 毎日自宅で効果的な懸垂を行うための器具とグローブの選び方とは?②安定性
  4. ドアに自作でつける懸垂バーとグローブを使って自宅で行う懸垂のメリットとは①筋力
  5. ドアに自作でつける懸垂バーとグローブを使って自宅で行う懸垂のメリットとは②代謝が上がる
  6. ドアに自作でつける懸垂バーとグローブを使って自宅で行う懸垂のメリットとは③姿勢
  7. ドアに自作でつける懸垂バーとグローブを使って自宅で行う懸垂のメリットとは④肩こりの改善
  8. ドアにつける懸垂バーとグローブを使って自宅で行う懸垂のメリットとは⑤見た目
  9. 自宅のドアにつけるおすすめの懸垂バー①BODYROX – ドア ジム
  10. 自宅のドアにつけるおすすめの懸垂バー②アスタルテ ドアジム
  11. 自宅のドアにつけるおすすめの懸垂バー③どこでもマッチョ ドア用
  12. 懸垂バーとグローブを使って、素敵な肉体を手に入れよう!
Images?q=tbn:and9gcru6uvy2knrsh1z9ac  j7fkquqn8m9naypekefm6nzvsutxus8bg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRu6UVY2KnRsh1z9Ac-_j7FKqUQn8M9nayPeKeFm6NZvSUtXUS8Bg

懸垂は筋トレのトレーニングの中でも複数の筋肉を一度に鍛えることができる筋トレです。そんな懸垂ですが、自宅でドアに懸垂バーを自作でつけ、グローブを使って行うことで簡単に効果的なトレーニングを行うことができるのをご存知でしょうか。懸垂バーを使うことができれば、ジムにわざわざいく必要もありませんし、グローブを使うことで怪我の予防とより効果的なトレーニングができます。ですので、今回はそんな懸垂バーとグローブについて紹介していき、懸垂について掘り下げていきましょう。

Images?q=tbn:and9gcsxre2hegrlh 1jkk3su49ijtpjbo9rqsqznufd8emdhwdb0l h9q
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSXre2hEGrLH_1JKK3SU49IjtpjBo9rqSqznuFD8EmdHWdb0l-H9Q

関連記事

Images?q=tbn:and9gcstqcxrqv6v1mrtrerkr1hjankz4t3ap4ypyxdn u0hblv8rksn
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSTQcxrqV6v1mRTRERKr1hjaNKZ4T3ap4YpyxDN_u0hBLV8Rksn

懸垂器具はそれぞれ耐荷荷重が決められています。耐荷荷重とはなんぞやといいう方もいるかもしれませんが、耐荷荷重とは、その懸垂器具がそれくらいの重さまで耐えることができるかを示した目安になります。それを超えると、破損してしまう可能性があります。一般的な懸垂器具の耐荷荷重は80~120キロになりますが、ポイントは自分の体重をベースに考えないということです。懸垂を始めたときは、効果的にするために反動をつけるため、耐荷荷重は体重をオーバーしますし、回数を重ねて筋力がついてくると、それもまた、耐荷荷重がかがります。ですので、そういった耐荷荷重+荷重量を考えて懸垂器具を選びましょう。

Images?q=tbn:and9gcs9rdffrh2deaa00cra13 3 l4vasfbdlxpyyfpzoajmdy8yqe3uw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS9RDffRH2DeaA00Cra13-3-l4VasFbdlXPYyfPzOAJmdy8YqE3Uw
Images?q=tbn:and9gcrlqqs7bm8o5uyi6sdgxs2uy9urquwakyq ixlk7 gbzn5fh6oqtw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRLqqs7BM8O5UYi6sdgXs2uy9URquWaKYQ-ixlk7-GbzN5fh6oqtw

懸垂器具で大事なのは安定性です。安価なものも通販では売っていますが、安定性が良くないものはおすすめしません。どこで安定性を判断するのかというと、懸垂器具のフレームの太さです。太い懸垂器具であれば、安定性が高いので、それを通販でも半径などをチェックしながら購入しましょう。

Images?q=tbn:and9gcr8hkei2px8ku jbyppbwhsg2n9qmu6uga 17vyvt31dfgquj1h
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR8hkeI2Px8ku-jByPPBWHsG2N9Qmu6uGa-17vyVT31dfGquj1H
Images?q=tbn:and9gcsjlf9c1zre79rmm6otjbgi1ztgj9z 8yjbgm1latgcy flhrd1
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSjlF9c1ZRE79rmM6oTJbgi1Ztgj9Z-8YJbgm1LatGCY_FLhRD1

懸垂は、筋トレの一種になります。そして、特に懸垂は先ほども触れましたが、筋トレの中でも複数の筋肉を使って行うことができるトレーニングです。そのため、腹筋を含めた身体全体の筋力アップを見込むことができるのがポイントです。複数の筋肉をやり方や回数によって鍛えることができるということは短期間で成果を生むことを可能にすることができます。背中の筋肉がイメージ的には強いかもしれませんが腹筋にも効果があるほど、多くの筋肉をトレーニングすることができるのがポイントです。

1 / 3