2018年05月15日 UPDATE

ランボルギーニのウラッコの秘密!シルエットや価格、中古市場は?

世界中にファンの多いランボルギーニの中でもランボルギーニ・ウラッコはスポーツカーを代表する車です。一度は乗ってみたい男性も多いでしょう。そこで今回は、ランボルギーニ・ウラッコの価格や中古市場、シルエットやレーシング仕様車であるラリーについてご紹介します!

目次

  1. ランボルギーニ・ウラッコやシルエットって?レーシング仕様のラリーや中古価格は?
  2. 中古価格を知る前に!ランボルギーニ・ウラッコのシルエット・レーシング仕様のラリーをチェック① シルエットの歴史 
  3. 中古価格を知る前に!ランボルギーニ・ウラッコ シルエット・レーシング仕様のラリーをチェック② ラリーはオレンジカラーが特徴
  4. ランボルギーニ・ウラッコ シルエット・レーシング仕様のラリーをチェックしたら!中古価格は?
  5. 中古価格も参考に!ランボルギーニ・ウラッコ シルエットはレーシング仕様のラリーは貴重!

ランボルギーニ・ウラッコやシルエットって?レーシング仕様のラリーや中古価格は?

Photo 1516515429572 bf32372f2409?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1516515429572-bf32372f2409?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=b9c154d24207b382b1ba1573e766741b&auto=format&fit=crop&w=889&q=80

スポーツカー好きならランボルギーニのウラッコやフェラーリを知っているでしょう。ランボルギーニ・ウラッコ シルエットは、ウラッコのデザイン等を引き継ぎ1976年に発売されました。今回はランボルギーニー・ウラッコ シルエット、ラリー、中古価格等についてご紹介していきます。スポーツカーに興味がある方等は、是非チェックしてみて下さい。

関連記事

中古価格を知る前に!ランボルギーニ・ウラッコのシルエット・レーシング仕様のラリーをチェック① シルエットの歴史 

中古価格を知る前に……まずは簡単にランボルギーニ・ウラッコについてや、シルエットの歴史等についてご紹介します。

ウラッコの意味は小さな牡牛

Photo 1505216959461 ce1d2ab176cc?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1505216959461-ce1d2ab176cc?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=ff222ee1982c81e9926513865dcd0abf&auto=format&fit=crop&w=889&q=80

ランボルギーニ・ウラッコはポルシェが開拓した2+2クーペに食い込むために開発されました。あなたはウラッコの意味を知っていますか?小さな牡牛という意味で、車体が小さいことから「ベビーランボルギーニ」「スモールランボ」とも呼ばれていました。小さな車体とは裏腹に最高時の速度はP250で220km/h、P300で265km/hもあります。定員は4名でスポーツカーらしく激しい走行を楽しめるのが特徴です。

ランボルギーニ・ウラッコ シルエットは3年間で生産終了している

Photo 1493995055064 702227616052?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1493995055064-702227616052?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=9fc7e95a9b14416091269a9f1644cc01&auto=format&fit=crop&w=334&q=80

ランボルギーニ・ウラッコ シルエットの正しい名称は「シルエットP300」と言います。シルエットはご存知の通り、イタリアのランボルギーニ社が製造していたスポーツカーです。シルエットは1976年、ジュネーブショーで発表されたモデルで後ろの座席はなく2シーターになりました。デザインはガンティーニ氏の意見が反映され、リアクォーターウィンドウがなくなる等、様々な部分を変更しました。その結果、今までとは違う雰囲気の車体へと変貌を遂げますが1979年で生産終了しています。

ランボルギーニ・ウラッコ シルエットの生産台数はわずか54台

シルエットは元々、フェラーリ308やポルシェ911を超えるスポーツカーとして世の中に売り出し、数多く販売する予定でした。でも経営難ということもあり結果は惨敗でした。最終的に販売生産された台数は54台のみで、現在は31台、存在しています。

中古価格を知る前に!ランボルギーニ・ウラッコ シルエット・レーシング仕様のラリーをチェック② ラリーはオレンジカラーが特徴

Photo 1523630098575 9ddbebd3e6f3?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1523630098575-9ddbebd3e6f3?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=5a63b82ec4a82191db42995aad71e449&auto=format&fit=crop&w=750&q=80

ランボルギーニ・ウラッコは2シーターで、ホイールベースを短くしています。またウラッコはランボルギーニの中でも小ぶりで、全長は約4.2メートルです。ではランボルギーニ・ウラッコ ラリーについて、見ていきましょう。

ランボルギーニ・ウラッコ ラリーは1973年に誕生

レーシング仕様のウラッコラリーはオレンジ色が華々しいスポーツカーです。テストドライバーであったボブ・ウォレス氏が製作しました。ウラッコラリーは1973年に誕生しており、とても貴重な車と言えるでしょう。マニアにはたまらない1台です。

ランボルギーニ・ウラッコ シルエット・レーシング仕様のラリーをチェックしたら!中古価格は?

Photo 1515548212260 ac87067b15ab?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1515548212260-ac87067b15ab?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=9a9f57417b356056e78e5c5ca515c1cd&auto=format&fit=crop&w=334&q=80

ランボルギーニ・ウラッコが発売された当初は700万円~800万円でした。では中古価格はいくらなのでしょうか?調べたところ、500万円台~600万円台で販売されているものもありますが、応相談というものもありました。ランボルギーニ・ウラッコは中古でも決して安い価格帯ではないのは確かです。

中古価格も参考に!ランボルギーニ・ウラッコ シルエットはレーシング仕様のラリーは貴重!

Photo 1511919884226 fd3cad34687c?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1511919884226-fd3cad34687c?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=b59fb07a91e69c940c63e04bd8b1623d&auto=format&fit=crop&w=750&q=80

ランボルギーニや中古価格等についてご紹介しました。是非、参考にして下さい。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.unsplash.com/photo-1511919884226-fd3cad34687c?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=b59fb07a91e69c940c63e04bd8b1623d&auto=format&fit=crop&w=750&q=80