Vjudra6vii9s873zld3v

革靴

CATEGORY | カテゴリー

革靴の手入れは簡単に!磨き方や水洗いの頻度でシワも寿命も変わる?

2018.05.13

メンズなら誰しも持っている革靴、これを手入れしたことがある方は少ないのでは?実際非常に簡単なのですが、水洗いをしていいのかなど疑問もありますよね。今回はそんな革靴の簡単手入れ法について紹介していきます。正しい頻度・磨き方を知ってシワをなくし寿命を延ばそう!

目次

  1. はじめに:革靴は手入れをして長持ちさせよう!しかし間違った方法をすると短命に!?
  2. 【シワができても大丈夫、革靴の簡単手入れ法!寿命を伸ばすための正しい磨き方・水洗い!頻度はどれくらい?】手入れのタイミング
  3. 【シワができても大丈夫、革靴の簡単手入れ法!寿命を伸ばすための正しい磨き方・水洗い!頻度はどれくらい?】革靴の磨き方
  4. 【シワができても大丈夫、革靴の簡単手入れ法!寿命を伸ばすための正しい磨き方・水洗い!頻度はどれくらい?】手入れに慣れてきたら
  5. 【シワができても大丈夫、革靴の簡単手入れ法!寿命を伸ばすための正しい磨き方・水洗い!頻度はどれくらい?】シワはどうする?
  6. 【シワができても大丈夫、革靴の簡単手入れ法!寿命を伸ばすための正しい磨き方・水洗い!頻度はどれくらい?】水洗いはどのようにする?
  7. 【シワができても大丈夫、革靴の簡単手入れ法!寿命を伸ばすための正しい磨き方・水洗い!頻度はどれくらい?】水洗いの注意点
  8. 【シワができても大丈夫、革靴の簡単手入れ法!寿命を伸ばすための正しい磨き方・水洗い!頻度はどれくらい?】おすすめ革用クリーム・サドルソープ
  9. 【シワができても大丈夫、革靴の簡単手入れ法!寿命を伸ばすための正しい磨き方・水洗い!頻度はどれくらい?】革靴の手入れの頻度は?
  10. まとめ:革靴を長持ちさせよう!簡単手入れで長く使える!
Tasclapimage 2634
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/300/000/000/2/2634/tasclapimage_2634.jpg?d=20171101175124
26b9d01865fe23dc6b3133337a759165
引用: http://mensbrand.rash.jp/wp-content/uploads/2015/06/26b9d01865fe23dc6b3133337a759165.jpg

革靴はかなり繊細なもので、手入れをするとなると大変な印象を受けます。実際革製品というのは非常に手入れに気を遣わなければならず、間違った方法をとってしまうと逆に傷めたり、短命にさせてしまったりするのです。革靴の手入れなど誰に習うわけでもありません、この機会に是非とも覚えてしまいましょう。まず初めに言っておきますが、革靴は繊細なので、「高度で細かい手入れは必要ない」ということを言っておきましょう。あまり余計なことをしてしまうと前述したように傷める原因になってしまいますからね。ではどのようにすれば良いのか、見ていきましょう。

関連記事

140506003
引用: http://ccrui.sakura.ne.jp/next/wp-content/uploads/2014/05/140506003.jpg
20150821 667732
引用: http://img-cdn.jg.jugem.jp/dab/210792/20150821_667732.gif

革靴はスニーカーと違って運動などでは使わないので、劣化はスニーカー等の運動靴よりも遅いといえます。単純に革製品が丈夫というのもありますが、なんだか大事に履いてしまうのが革靴というものです。しかしやはり時が経つにつれて、大切に履いていても劣化は進んでしまいます。そこで手入れを施していくわけですが、そのタイミングはどのくらいになったときなのか、という疑問が生まれますね。例えば1枚目の画像ですが、革靴の表面、つま先部分の周辺にシワができてしまっています。これは手入れのサインですね。また2枚目の画像のように川が剥げてきてしまっている、これも手入れのサインです。自分で劣化してきたな、と思ったら手入れはした方が良いですが、軽度であれば気にすることはありません。

71rbyrr8uql. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71rbyRR8UqL._UL1500_.jpg
61jiithfsml. sx466
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JIIthFSmL._SX466_.jpg

用意するのはこの2つ、革製品専用のブラシと柔らかい布です。「え、これだけ?」と思われると思いますが、初めて手入れをするのであればこれだけで十分です。何故なら慣れないうちに色々なものを使うと、逆にあれこれやって傷める原因になってしまう可能性があるからです。まずはこれだけで革製品を扱うことに慣れていきましょう。といっても手順も何もありません、ブラシで汚れを浮かせ、目の細かい且つ柔らかい布でから拭きをする、たったそれだけで大体の汚れは落とすことができます。ブラッシングは優しく行うようにし、革を傷つけないことを常に念頭におきながら行いましょう。

1 / 4