2018年08月06日 UPDATE

革靴のブランド特集!私服にも使えるコスパ◎のおしゃれメンズブランド

革靴はどこのブランドが良い?私服にも使えるブランド革靴ってどこ?おしゃれに私服に取り入れれるメンズの安いコスパの良い革靴ブランドをご紹介します。革靴は安い価格から高いものまで上を見ればどこまででもあります。そこでメンズおしゃれ革靴をご紹介。

目次

  1. ビジネスは革靴ブランドや質で決まる
  2. ビジネスに不向きな革靴
  3. 革靴はビジネス用であり私服には合う?
  4. ブランド革靴の選び方①ブランドにこだわる
  5. ブランド革靴の選び方②おしゃれなデザインで選ぶ
  6. ブランド革靴の選び方③価格やコスパで選ぶ
  7. ブランド革靴の選び方④本革レザー
  8. ブランド革靴の選び方⑤フェイクレザー
  9. メンズおしゃれ革靴ブランド①Bracciano
  10. メンズおしゃれ革靴ブランド②TEXCY LUXE
  11. メンズおしゃれ革靴ブランド③G.H. BASS
  12. まとめ メンズにおすすめのおしゃれな革靴ブランド!

ビジネスは革靴ブランドや質で決まる

47e2d6df0a87594469e0fb6b48f5586a
引用: https://i.pinimg.com/564x/47/e2/d6/47e2d6df0a87594469e0fb6b48f5586a.jpg
ビジネスにおいて若靴と言うのはスーツと同じであなたの質が分かるアイテムです。ボロボロの革靴を履いている方とスッキロしたきれいに磨かれお手入れされている革靴を履く人と2人いた場合あなたはどちらの方が好印象を受けますか。ボロボロの見た目が悪い靴を履いた営業マンが訪問してきた場合何か嫌なものを感じると思います。逆にキレイな革靴で来た人は違和感を感じずに話を聞く方が多くいます。やはり靴1つで第一印象が決まってしまうところでもあります。靴は履ければいいと考えている営業マンの方は考えを改め直した方がいいかもしてません。成績が悪い方はもしかすると見た目で損しているかもしれません。靴1つしっかりすることで成績が上がるかもしれません。何事も相手に好印象を与えることで上手くいきます。
8494cd33f03d764bbd846bc0f7fc4162
引用: https://i.pinimg.com/564x/84/94/cd/8494cd33f03d764bbd846bc0f7fc4162.jpg

ビジネスに不向きな革靴

B3397efb911584b576bcc3153b918614
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/39/7e/b3397efb911584b576bcc3153b918614.jpg
ビジネスシーンでは昔は履いてもいいとされていた革靴が現在では不適切な革靴となっているものがあります。その革靴はローファーです。ローファーは昔はビジネスシューズとして活躍していましたが現在ではカジュアル巣シューズとしてのカテゴリーに分けられています。ローファーという言葉の意味は靴ひもを結ばなくていい靴ということで「怠け者」という意味で付けられました。靴ひもを結ばなくて履ける靴として楽ですが、ビジネスでは不向きだったのです。なので、私服にはローファーは少しおしゃれな革靴として扱われますがビジネスシーンで履くと大変非常識な靴となってしまうためビジネスで好んでローファーを履いている方は風つの革靴に着換えることをおすすめします。
552cfd518e74be0f08352eab7f596a4d
引用: https://i.pinimg.com/564x/55/2c/fd/552cfd518e74be0f08352eab7f596a4d.jpg

革靴はビジネス用であり私服には合う?

C5b4629daa7f4a9a3df9ee49438062e8
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/b4/62/c5b4629daa7f4a9a3df9ee49438062e8.jpg
革靴はビジネス用と思われがちですが、私服に取り入れるファッションが人気でメンズらしいおしゃれを楽しめる靴となっています。私服に革靴を合わせるのは意外と難しいと思わていますがスニーカーよりもしっくりるファッションもあります。私服に革靴を取り入れたい方はビジネスカジュアルな服装をすることで私服に簡単い革靴を取り入れることができます。ビジネスカジュアルとは企業訪問できるスーツのように堅苦しくなく、私服のようなラフでない服装のことを指します。ビジネスカジュアルは見た目はスーツを少し崩した着方なので、革靴が良く似合います。おしゃれな革靴を是非私服に取り入れておしゃれといわれるファッションを目指しましょう。
000.
引用: https://smaclub.jp/wp-content/uploads/2017/02/000..jpg

関連記事

ブランド革靴の選び方①ブランドにこだわる

Img 8068 580x333
引用: http://minaezquerra.com/wp-content/uploads/2015/05/IMG_8068-580x333.jpg
ブランド革靴をの選び方はブランドにこだわりましょう。革靴はブランドによってデザイン性や性能、使用されている革など異なり質が違います。ブランドの革靴は高額なイメージがありますが安い価格で購入できるものもありブランドにこだわって革靴を選ぶこともできます。そしてトップブランドになると質が断然違います。革靴の質は誰が見てもいいものと分かりますので、革靴が良いとできる大人と思われます。革靴を選ぶときはブランドにこだわってみてはいかがでしょうか。
2b9871b413264c5687bf830df3b7d879
引用: https://d17x1wu3749i2y.cloudfront.net/2017/05/01/02/20/24/a87df2f8-7ece-4322-bbeb-b85f015ed01f/2b9871b413264c5687bf830df3b7d879.jpg

ブランド革靴の選び方②おしゃれなデザインで選ぶ

977d9a1defd664217430abf2b0642cf8
引用: https://i.pinimg.com/564x/97/7d/9a/977d9a1defd664217430abf2b0642cf8.jpg
ブランド革靴を選ぶときはおしゃれなデザインで選ぶという方法があります。革靴にはベースとなるデザインが4つあります。一つ目は「ストレートチップ」です。革靴といえばストレートチップという方も多いのではないでしょうか。ストレートチップはビジネスにおいてスタンダードなデザインです。二つ目は「プレーントゥ」です。プレーントゥはつま先から甲にかけて装飾のないシンプルなデザインです。プレーントゥはストレートチップとまではいきませんが、ビジネスでもよく履かれているデザインです。三つ目は「モンクストラップ」です。モンクストラップは紐のないデザインで、紐のないタイプでは唯一ビジネスで使用できる革靴です。四つ目は「ウィングチップ」です。ウィングチップはつま先から甲にかけて装飾されているデザインの靴です。おしゃれなデザインで少しクラシックな雰囲気もあるデザインです。
A004fe54e3f40bb253099fcfdc985dec
引用: https://i.pinimg.com/564x/a0/04/fe/a004fe54e3f40bb253099fcfdc985dec.jpg

ブランド革靴の選び方③価格やコスパで選ぶ

Cf083689361ddac61cfe6fd764971562
引用: https://i.pinimg.com/564x/cf/08/36/cf083689361ddac61cfe6fd764971562.jpg
ブランド靴を選び方は価格やコスパで選ぶ方法があります。革靴といっても幅広い価格があり安い価格帯のものから高額な革靴まであります。そして、革靴は高い方良い安いから悪い製品とは限らないものが多く、安い革靴でも長年履き続けれるものもあります。そして、革靴はお手入れがいるためお手入れが下手では高価な革靴もすぐにボロボロになってしまいます。安い価格で購入でき長年履き続けた場合はとてもコスパの良い買い物となります。革靴は安くても高くてもお手入れ次第で長く履けるか品質のいい状態で履けるかが変わってきます。革靴はコスパで選んでも失敗はしません。
82d9641886cfc7d49a4b9e537699694b
引用: https://i.pinimg.com/564x/82/d9/64/82d9641886cfc7d49a4b9e537699694b.jpg

ブランド革靴の選び方④本革レザー

3039d75cdd7e324f7f2b31d95b4ad89a
引用: https://i.pinimg.com/564x/30/39/d7/3039d75cdd7e324f7f2b31d95b4ad89a.jpg
ブランド革靴を選ぶポイントに本革レザーという選択しがあります。革靴には本革レザーとフェイクレザーがあります。本革レザーにはメリットデメリットがあり、そのメリット・デメリットを理解したうえで購入することをおすすめします。本革レザーのメリットは変わらしい品質の良い質感を味わえ、磨けば磨くほど革のいい味を楽しめます。また、長年履き続けお手入れをし続けることで、あなただけの癖のあるオリジナルの革靴となります。そして、旧姿勢が良く乾燥に優れていることです。本革レザーのデメリットは雨に弱いことです。革靴は吸水性や乾燥性が良いことがメリットですが底が逆にデメリットにもなってしまいます。尼に濡れることで革の状態が悪くなり質を落としてしまうので雨の日は避けたい靴です。そして、革靴はお手入れが必要なことです。革靴のお手入れはかなり手間がかかりめんどうだと感じる方もいます。本革レザーの革靴を欲しいという方はお手入れのことを考えて購入するようにしましょう。
C1da1f09ceb455934a7d8526f0234800
引用: https://i.pinimg.com/564x/c1/da/1f/c1da1f09ceb455934a7d8526f0234800.jpg

ブランド革靴の選び方⑤フェイクレザー

Cad3069849670c2e5a17e9d9e5a0c3ff
引用: https://i.pinimg.com/564x/ca/d3/06/cad3069849670c2e5a17e9d9e5a0c3ff.jpg
ブランド革靴の選び方はフェイクレザーです。ブランドにフェイクレザーなんて扱っていないと思われていますが、じつは多く扱われています。フェイクレザーの革靴を選ぶにあたってメリットとデメリットを知らなければなりません。フェイクレザーのメリットは本革よりもたいきゅ性があり方崩れなど起こさない丈夫さがあります。雨に強いことです。本革レザーの革靴が履けない時におすすめです。本革レザーと違いお手入れの手間がかからないことです。フェイクレザーでもある程度のお手入れは必要ですが、本革レザーまでのお手入れは必要ありません。そして、安い価格で購入できることです。フェイクレザーでもお手入れをすればかなり長い期間は蹴るのでとてもコスパの良い靴です。フェイクレザーのデメリットは乾燥性が悪く雨に濡れると中々乾きにくいというデメリットがあります。そして、フェイクレザーの品質も上がり本革レザーに見た目も近くなていますがやはりフェイクだと分かるの最大のデメリットかもしれません。
7a150ee05993a8ed799b529f6d2f42a1
引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/15/0e/7a150ee05993a8ed799b529f6d2f42a1.jpg

メンズおしゃれ革靴ブランド①Bracciano

0190a472080000 2
引用: https://image.rakuten.co.jp/washington/cabinet/mens8/0190a472080000-2.jpg
Braccianoは日本ブランドで革靴ブランドとしては価格の安い物が多くデザイン性が高く若いおしゃれ好きの方に好まれる革靴です。Braccianoの革靴は長年履き続けるというよりも履き替えていくというスタンスです。とてもコスパの良いブランドです。
0187a872009050 2
引用: https://image.rakuten.co.jp/washington/cabinet/mens3/0187a872009050-2.jpg

メンズおしゃれ革靴ブランド②TEXCY LUXE

Image01 e1509584747276
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/11/image01-e1509584747276.jpg
TEXCY LUXEは履きやすい革靴を作るブランドで、TEXCY LUXEの革靴はスニーカーを履いているような感覚と言われるほど履き心地の良い靴です。TEXCY LUXEは本革の革靴が多く長く履き続けれるコスパの良いブラドです。

メンズおしゃれ革靴ブランド③G.H. BASS

4181 1179 41811179c15
引用: https://ii.ghbass.com/fcgi-bin/iipsrv.fcgi?FIF=/images/ghbass/source/4181-1179_41811179c15.tif&wid=1000=&cvt=jpeg
G.H. BASSは老舗ブランドでローファーを生み出したブランドでもあります。デザインはシンプルでシックな感じの革靴が多く大人の色気を引き出せるデザインです。
6000 2819 60002819c15
引用: https://ii.ghbass.com/fcgi-bin/iipsrv.fcgi?FIF=/images/ghbass/source/6000-2819_60002819c15.tif&wid=1000=&cvt=jpeg

関連記事

まとめ メンズにおすすめのおしゃれな革靴ブランド!

本革簿おすすめうランドやおしゃれな革靴の選び方など参考になったでしょうか。革靴はおしゃれで私服にも合わせやすい靴です。おしゃれに履いて紳士的なメンズを目指しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/1f/df/0f/1fdf0f6975e49d760d7012f28dbcea3d.jpg