Voci09zj0sld163jayka

バイク

CATEGORY | カテゴリー

大型スクーターの人気&おすすめは?値段・種類・免許を丁寧に解説!

2018.05.11

何かと便利な大型スクーター、ちょっとしたお出かけから遠出まで、非常に万能のため人気な乗り物です。見た目もカッコイイし乗ってみたいけど全く詳しくない!そんなあなたに今回は大型スクーターの値段やおすすめの種類、免許などの基礎的なことまで徹底解説致します。

目次

  1. はじめに:男性の憧れ、大型スクーター!お出かけの強い味方!
  2. 【男性に人気の大型スクーター!おすすめの種類とその値段、必要な免許は?】免許は何が必要?
  3. 【男性に人気の大型スクーター!おすすめの種類とその値段、必要な免許は?】どれが大型スクーター?
  4. 【男性に人気の大型スクーター!おすすめの種類とその値段、必要な免許は?】大型スクーターの良いところ、メリットは?
  5. 【男性に人気の大型スクーター!おすすめの種類とその値段、必要な免許は?】ここに注意!
  6. 【男性に人気の大型スクーター!おすすめの種類とその値段、必要な免許は?】乗る際に必要なものは?ヘルメットはフルフェイスで!
  7. 【男性に人気の大型スクーター!おすすめの種類とその値段、必要な免許は?】おすすめ大型スクーター①YAMAHA_TMAX
  8. 【男性に人気の大型スクーター!おすすめの種類とその値段、必要な免許は?】おすすめ大型スクーター②スズキ_スカイウェイブ650LX
  9. 【男性に人気の大型スクーター!おすすめの種類とその値段、必要な免許は?】おすすめ大型スクーター③ホンダ_シルバーウィングGT
  10. まとめ:大型スクーターはロマン!どこにでも連れていける愛機に!
Mig?src=http%3a%2f%2fimgcc.naver.jp%2fkaze%2fmission%2fuser%2f20140725%2f18%2f1332508%2f0%2f600x400x5ce7ec8c219f40cb39ebe164
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140725%2F18%2F1332508%2F0%2F600x400x5ce7ec8c219f40cb39ebe164.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
Mig?src=http%3a%2f%2fblogs.c.yimg
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fblogs.c.yimg.jp%2Fres%2Fblog-85-ef%2Fshin518roadster%2Ffolder%2F647480%2F09%2F30700809%2Fimg_0%3F1339939364&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

大型スクーターは昔からとにかくかっこよくて便利、というイメージが根付いており、車離れが続いている昨今でも一部の層、そして手軽な移動手段を求める方に人気を博しています。例えば学生であれば通学手段、社会人でツーリングが趣味の方は少し遠出のツーリングに、一人旅なんかにも使う方がいるくらいですから、その用途は非常に多岐に渡っています。しかし実際知識としてあまり浸透していないのは事実、どのような種類があるか素人目ではわからないですし、どのくらいの値段がするかというのもきちんと調べないと把握できない、免許に関してもよくわからない、そこで今回は大型スクーターのそんな身近な疑問に徹底的に答えていきたいと思います。

関連記事

Mig?src=http%3a%2f%2fbike250.net%2fimg%2f3maje
引用: http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fbike250.net%2Fimg%2F3maje.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r
K0000431709
引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/K0000431709.jpg

では大型スクーターに乗ることのできるバイクの免許について解説していきましょう。なかなか知られていないことですがバイクの免許は「7種類」あります。そのうち大型スクーターにあたる車体に乗れるのは2種類、そのどちらかが取得できていれば大型スクーターに乗ることができます。その免許の名称は「大型二輪免許」、「AT限定大型二輪免許」の2つです。しかし大型スクーターは運転が難しく、バイクや車にある程度慣れた方でないと事故などの危険性や、そもそも実技試験が受かるかどうか怪しくなってきます。無免許の方は是非ワンランク下の「中型二輪免許」を取得して、慣れてから「大型二輪」の免許を取得しにいきましょう。

関連記事

Img78624225zik1zj
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/19/0000220419/08/img78624225zik1zj.jpeg
Mig?src=http%3a%2f%2fimgcc.naver.jp%2fkaze%2fmission%2fuser%2f20140725%2f18%2f1332508%2f8%2f640x480x419940d91ebc4d14d420708c
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140725%2F18%2F1332508%2F8%2F640x480x419940d91ebc4d14d420708c.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

では大型スクーターについても詳しくなっておきましょう。大型スクーターは単純に大きいからという理由で大型スクーターを名乗っているわけではありません。きちんと性能で判別できるという点を把握しておきましょう。まずこうした二輪車には排気量というのが定められており、【cc】という単位で表されます。大型スクーターは【400cc】以上の数字がついているので、その数字を、満たしていればそれは大型スクーターの位置づけになります。この上限に関してですが、先程の「AT限定二輪免許」で乗れるAT限定モデルには上限が【650cc】と定められていますが、もう一方には上限がありません。

1 / 4