Ndzhg2la3ntkxbbz1kzi

トレーニング

CATEGORY | カテゴリー

股関節トレーニングの効果的なメニューは?器具やマシンは必要?

2018.05.12

股関節の可動域を広げるトレーニングは健康に良い上に様々な恩恵を受けることができます。日常の動作を楽にしたり、ケガをしにくくなったり、股関節周りの痛みが引いたりと様々です。今回は股関節の効果的な器具やマシンを使う・使わないトレーニング方法をご紹介します。

目次

  1. 股関節の効果的なトレーニング方法:股関節の基礎知識
  2. 股関節の効果的なトレーニング方法:股関節の可動域を広げるべき理由
  3. 股関節の効果的なトレーニング方法①:股関節を鍛えるヒップリフト
  4. 股関節の効果的なトレーニング方法②:股関節の可動域を広げるディープランジ
  5. 股関節の効果的なトレーニング方法③:股関節周りの筋肉、ハムストリングスを鍛えるスクワット
  6. 股関節の効果的なトレーニング方法④:可動域を広げるレッグスイング
  7. 股関節の効果的なトレーニング方法⑤:可動域を広げるバタフライストレッチ
  8. 股関節の効果的なトレーニング方法:マシンを使った股関節のトレーニング
  9. 股関節の効果的なトレーニング方法:器具を使った股関節のトレーニング
  10. 股関節の効果的なトレーニング方法:まとめ
Illust 4 e1494155228640
引用: https://aoba-himawari.com/wp-content/uploads/2017/04/illust_4-e1494155228640.jpg

股関節と言うのは人間にとってとても重要な部位にあたります。股関節の役割として「外転・内転・外旋・内旋・屈曲・伸展」の6つの役割があります。階段を上り下りできるのも走ることができるのも向きを変えるのも人間の動きのすべてに関わっているといっても過言ではありません。しかし、一日のうちにこの股関節を使わない姿勢を維持し続けていると、身体に悪い影響を与えてしまいます。そして、使わないとドンドン可動域が狭くなってしまいます。

Kx99jerzwnpnwktyjew2bqcfrh0xajy7v1ske1m6
引用: https://images.yogajournal.jp/article/7414/Kx99jErZwnPNWkTYJEw2bQcFRh0xAJY7v1skE1m6.jpeg

股関節は日常生活において、とても重要な役割をしているとお話ししました。普段使っているというイメージのない股関節ですが、衰えてしまうと色々と悪影響が出てきます。その悪影響をご紹介します。

日常生活に支障が出てくる

4c6f8daf9758bd7b8bc3df41bf228d26 s
引用: http://henkeisei-kokansetsu.com/wp-content/uploads/2017/09/4c6f8daf9758bd7b8bc3df41bf228d26_s.jpg

股関節は日常的に使う筋肉があります。一日座りっぱなしの生活をしていると、この股関節の筋肉が衰えてきます。すると股関節が支えられなくなってしまいます。また、股関節周りの筋肉が硬くなってしまって、痛みを生じたりしてしまいます。股関節が硬くなってしまうと、日常生活に支障をきたすといわれています。股関節の痛みを生じる病気もありますので、健康的な股関節を維持するために硬くなった筋肉をほぐしたり、鍛えたりしていきましょう。

筋肉のバランスが崩れ痛みがでてくる

%e8%82%a1%e9%96%a2%e7%af%80%ef%bc%93%ef%bd%84
引用: http://www.rehaart-feldenkrais.com/wp/wp-content/uploads/%E8%82%A1%E9%96%A2%E7%AF%80%EF%BC%93%EF%BD%84.png

股関節を使わないと股関節周りの筋肉のバランスが悪くなってくることがあります。そうすると腰の痛みになったり、股関節周りの筋肉の痛みに繋がってきます。そうなると体が衰えたと感じるでしょう。そうならないためにも健康的な股関節を維持していきましょう。

姿勢が悪くなってくる

1 54
引用: https://nowkore.net/wp-content/uploads/2018/03/1-54.jpg

毎日座りっぱなしの生活をしていくと姿勢が悪くなります。特に股関節は体を支える筋肉が集まってますから、ここが衰えると背中が曲がったような姿勢になってしまいます。股関節の働きが弱くなってくると、脊柱の自然なカーブを維持できなくなってしまい、姿勢が悪くなるといわれています。

関連記事

1/5