2018年05月14日 UPDATE

ウィスキーの銘柄一覧!おすすめ高級銘柄の味の特徴を徹底解説!

ウィスキーの中でもぜひ高級な銘柄を飲んでみませんか?世界中のウィスキーの中からおすすめウィスキーの銘柄をご紹介いたします。味の良いおすすめウイスキー一覧を紹介します。ぜひ世界のウィスキーの風味を楽しんでみましょう!あなたの口に合うのはどの国のウィスキー?

目次

  1. ウィスキーの銘柄一覧!高級なおすすめのお酒を!
  2. ウィスキーは製法や原料で種類が分かれる 銘柄を確認してみて!
  3. ウイスキーの有名銘柄をぜひ「ストレート」で楽しもう
  4. 高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧①スコットランド
  5. 高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧②アイルランド
  6. 高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧③カナダ
  7. 高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧④アメリカ
  8. 高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧⑤日本
  9. 高級ウイスキーの産地別有名銘柄一覧⑥インド
  10. 贈答用に高級銘柄のウィスキーはいかがですか?

ウィスキーの銘柄一覧!高級なおすすめのお酒を!

Gdecpgm4mmylgt7ubq2d

プレミアムな銘柄のウィスキーを楽しみましょう!

Wi9okrkqhn5ir5f9b6qf
日本のウィスキーは、近年テレビドラマで取り上げられたこともあり注目を集め、蒸溜所への来場者もかなり増えた一方、ハイボール専門店なども各地に登場しウィスキー人気が非常に高まっています。そんな人気の高い日本のウィスキーですが、それだけ楽しむのではなく、ぜひ世界中のウィスキーもチャレンジし、味わいを比べてみてはいかがでしょうか。ウィスキーを楽しめてこそさらにオトナになりますよ!

ウィスキーは製法や原料で種類が分かれる 銘柄を確認してみて!

Mw50zh3wvxuri6giocmt
ウイスキーと一口に言っても、その中には様々な種類が存在します。産地などで種類分けもありますが(後ほどご紹介します)代表的な種類分けとしては「原料」での種類分け、「製法」での種類分けがあります。まず「原料」での種類分けにおいて2つの代表的なウィスキーがあります。モルト(大麦麦芽)のみを使用し、ひとつの蒸溜所で作られたウィスキーは「シングルモルト・ウイスキー」と呼ばれ、モルトが原料のモルトウイスキーに、とうもろこしなどの穀物が原料のグレーンウイスキーを混合してつくるのが「ブレンデッド・ウイスキー」です。それぞれが異なる風味・味わいをもっています。特徴としては、シングルモルト・ウイスキーはモルトだけを使用しているため、香り豊かな味わいになるのが特徴的です。また、ひとつの蒸溜所のみで製作されるため、その蒸溜所の個性が味に表れるのも特徴です。

飲みやすいブレンデッド・ウィスキーから挑戦するのがおすすめ

Zq9mwdjw8nrb5hovichk
また、ブレンデッド・ウイスキーは、複数の原料を混ぜているため、個性が際立つというよりも、比較的バランスの取れた飲みやすい味わいになります。ウィスキーをこれからいろいろ飲んでいきたい!という方は、初めは飲みやすいブレンデッドウィスキーから飲みはじめ、徐々に個性の強いシングルモルト・ウィスキーを飲んでいくのがおすすめです。

ウイスキーの有名銘柄をぜひ「ストレート」で楽しもう

Sfwzsqr6gq84tzprlfs7
ウィスキーの風味を楽しむなら「ストレート」が一番おすすめです。ストレートの場合、ウィスキーが空気に直接触れるので、香りなどが徐々に変化していく様を直接楽しむことができるからです。ウィスキーを楽しむならぜひ、透明でかつ厚みのないストレートグラス(テイスティンググラス)を使用したいところです。ストレートグラスがおすすめな理由は、ストレートグラスは、ウイスキーを空気に多く触れさせながらも、香りを逃がさない設計になっているからです。グラスにはシングル(30ml)の量を注ぐのがおすすめです。

おすすめはチェイサーと交互に飲むスタイル

ストレートで飲む際にぜひ試して頂きたいのがウイスキーとチェイサーを交互に飲むスタイルです。チェイサーを飲むごとに口の中がリフレッシュされるため、その度にウイスキーのおいしさを感じやすくなります。

高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧①スコットランド

9426eb59038bd6717dd1257f949bdd14
引用: https://i.pinimg.com/564x/94/26/eb/9426eb59038bd6717dd1257f949bdd14.jpg
はじめにご紹介する銘柄は、ウィスキーの発祥「スコッチ」が誕生したとされるスコットランド産のウィスキーです。

スコットランドの知名度の高い高級ウィスキー「バランタイン」

Fb8a786143bf115ce96d4c703144ead4
引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/8a/78/fb8a786143bf115ce96d4c703144ead4.jpg
最初にご紹介するのはこの「バランタイン」というウィスキーです。ブレンデッド・ウィスキーの中ではとても知れ渡っている銘柄です。バランタインには、「12年」「マスターズ」「17年」「21年」「30年」といろいろありますが、30年ものをぜひ飲んでいただきたいところです。この「バランタイン」の特徴はその甘い味わい。バニラや蜂蜜を彷彿とさせる味わいが、熟成されることでさらに磨きがかかっています。価格帯は高めではありますが一度は飲んでみたいウィスキーです。

日本でもウィスキー好きには有名な「ジョニー・ウォーカー」

A4eef9e6762a550bea657e6140d5efb5
引用: https://i.pinimg.com/564x/a4/ee/f9/a4eef9e6762a550bea657e6140d5efb5.jpg
次にご紹介する銘柄は「ジョニー・ウォーカー」です。日本でよく知られている有名ウィスキーですが、日本だけにとどまらず、世界的に有名でとても売れているウィスキーなのです。その中でもぜひおすすめしたいのが「ブルーラベル」という高級モデル。10000樽のうち約1樽にしか存在しない、熟成が最高点に達した原酒のみを使用しているとてもプレミアムなウィスキー。味わいはちょっとスモーキーながらも、蜂蜜とフルーツの風合いを纏い、少しずつウッディーな香りへと変化していきます。ジョニー・ウォーカーの中でも高級なウィスキーではありますが、飲んで後悔することのない、格別の味わいです。

高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧②アイルランド

Fb7135d9e9ed07bbab182cd12d73e3ce
引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/71/35/fb7135d9e9ed07bbab182cd12d73e3ce.jpg
いてご紹介するのはアイルランドの「アイリッシュ・ウィスキー」です。マイルドで非常に飲みやすいのでウィスキー初心者の方にもおすすめなウィスキーといえます。

アイリッシュ・ウィスキーの中でも有名な「ジェムソン」

Ea5aeecb921c7b3b8f65a2c8115d7d3b
引用: https://i.pinimg.com/564x/ea/5a/ee/ea5aeecb921c7b3b8f65a2c8115d7d3b.jpg
このアイリッシュ・ウィスキーの中でもとても有名なのが「ジェムソン」です。 「ジェムソン」はシェリーの樽で熟成させたあとにバーボン樽に移すことで、とてもバランスのよい風味が魅力のアイリッシュウイスキーです。3回蒸留を採用することで、口当たりがよい味わいとなっているのが特徴。飲む際にほのかにバニラの風味を感じます。甘みがあって飲みやすいウイスキーが欲しい方、これからウィスキーをいろいろ飲んでみたい!という初心者の方にはおすすめなウィスキーです。

爽やかな味わいが特徴的な「ターコネル」

1c65c63aa1643b66091c1e7c2e299fc8
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/65/c6/1c65c63aa1643b66091c1e7c2e299fc8.jpg
次にご紹介する銘柄は「ターコネル」です。20世紀前半にアメリカで人気だった「オールドターコネル」の復刻版といわれています。味わいの特徴は原料に湧水を使用したことで生まれる爽やかさ・フレッシュさ。とても味に丸みのあるアイリッシュ・ウイスキーですので、とても飲みやすいのも魅力です。

高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧③カナダ

10322492523a13557c4213afa5aae299
引用: https://i.pinimg.com/564x/10/32/24/10322492523a13557c4213afa5aae299.jpg
次にご紹介するのはカナダのウィスキー「カナディアン・ウィスキー」です。このカナディアン・ウィスキーの特徴はその「飲みやすさ」です。麦の風味がとても豊かで、他の産地のウィスキーと比べ、ライト&スムースと表現されるほどの飲みやすさは随一。飲みやすいという面が、個性、クセのようなものがないという一面も有しているので、物足りたく感じる可能性もあります。

高級感漂うウィスキーながらも意外とお買い得な「クラウンローヤル」

2f38688ad287eba03e2b9b058e562dcf
引用: https://i.pinimg.com/564x/2f/38/68/2f38688ad287eba03e2b9b058e562dcf.jpg
最初にご紹介するのは「クラウンローヤル」です。カナディアン・ウィスキーの中ではとても有名なウィスキーです。かつてイギリス国王・ジョージ六世がカナダに訪れた際に、献上したウイスキーとして知られています。モルトの芳醇かつ甘い香り、すっきりしていて飲みやすい口当たり、そしてほのかに感じるはちみつの香りがとても印象的なウィスキーです。ストレートでも非常に飲みやすいウィスキーですのでカナディアン・ウィスキーの入門編のようなお酒ですね。

高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧④アメリカ

Ea39da828b303eba13a48ef4ad5587d9
引用: https://i.pinimg.com/564x/ea/39/da/ea39da828b303eba13a48ef4ad5587d9.jpg

上品かつプレミアムな「エヴァン・ウィリアムス」

Adaad52254cd80d52642157e13d7f8fd
引用: https://i.pinimg.com/564x/ad/aa/d5/adaad52254cd80d52642157e13d7f8fd.jpg
アメリカンウィスキーでご紹介するのが「エヴァン・ウィリアムス」です。この名前は、最初にトウモロコシを原料としてウィスキーを造ったとされる 「エヴァン・ウィリアムス」にちなんで名前がつけられた銘柄です。ケンタッキー・ストレート・バーボンの中でも世界で2番目の販売量を誇るウィスキー。特徴は、焦がしたホワイト・オーク樽で熟成された、すっきりとした後味。世界的に支持されているバーボンだからこそぜひ1度飲んでみてはいかがでしょうか?

高級ウィスキーの産地別有名銘柄一覧⑤日本

099ea4de0a9836ec83926d7327a1352a
引用: https://i.pinimg.com/564x/09/9e/a4/099ea4de0a9836ec83926d7327a1352a.jpg

ジャパニーズウィスキーの頂点に立つのは「響 21年」

2fac6c1277d4c2d3dfb741af7ed69e0c
引用: https://i.pinimg.com/564x/2f/ac/6c/2fac6c1277d4c2d3dfb741af7ed69e0c.jpg
近年人気のジャパニーズウィスキーの中でご紹介するのは、「響21年」です。このウィスキーは、イギリスで開催された、世界的な酒類コンペティション「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ」において、ワールドブレンデッドウイスキー部門最高の「トロフィー」に輝いたウィスキーです。その味わいは他のウィスキーをも凌駕する格別の味わい。また、華やかな樽香や熟したフルーツを思わせる香りに包まれる至高のジャパニーズウィスキーの頂点といえるウィスキーです。

高級ウイスキーの産地別有名銘柄一覧⑥インド

4f8f67d39d6ed0930f35ad1ff97458a4
引用: https://i.pinimg.com/564x/4f/8f/67/4f8f67d39d6ed0930f35ad1ff97458a4.jpg

インドのウィスキーも人気上昇中!

De46e80b5ac5dba49b5da86c7f249f2d
引用: https://i.pinimg.com/564x/de/46/e8/de46e80b5ac5dba49b5da86c7f249f2d.jpg
近年、上記の5大生産地以外のウィスキーも人気を博しています。代表的なのがインド産のウィスキーです。今回ご紹介するのが「オフィサーズ・チョイス」というウィスキーです。世界のウィスキーの中でもかなり多い売り上げを記録しているとても人気の高いウィスキーです。プレミアム版といわれる「ブルー」モデルと「ブラック」モデルが近年人気のようです。このウィスキーは、スコットランド産モルトウイスキーとインド産グレーンウイスキーをブレンドして造られているようです。

贈答用に高級銘柄のウィスキーはいかがですか?

自分用になかなか買えない高級ウィスキーは喜ばれること間違いなし!

2fe89b1543363e31727ecd8658ef1cdb
引用: https://i.pinimg.com/564x/2f/e8/9b/2fe89b1543363e31727ecd8658ef1cdb.jpg
高級ウィスキーはなかなか自分用に買うのはちょっと勇気はありますが、お酒が好きな方がいればプレゼントとしてお贈りすれば喜んでもらえることでしょう。今回ご紹介した銘柄一覧の中に興味のあるウィスキーはございましたか?ぜひご興味のあるウィスキーは1本自分用にも買ってみるのもよいでしょう!

関連記事