Zxz7rsqmnc2ew1uqkmst

お酒

CATEGORY | お酒

バランタイン 12年特集!味の評価や飲み方、17年との違いを解説。

2018.05.13

12年の長い熟成期間を経て完成したバランタイン12年。上品で飲みごたえのある仕上がりの人気スコッチウイスキーです。今回は、気になるバランタイン12年の評価や価格、そして美味しい飲み方をご紹介します。また、17年との違いについても解説いたします!

目次

  1. バランタイン12年特集!味の評価・価格・飲み方、17年との違いとは?
  2. バランタイン12年とは
  3. バランタイン12年ができるまでの道のり
  4. バランタイン12年はまずい?気になる味の評価
  5. バランタイン12年に対するTwitterの声
  6. バランタイン12年の美味しい飲み方
  7. バランタイン12年と相性の良いおつまみは?
  8. バランタイン12年の価格
  9. バランタイン12年と17年の違いとは?
  10. まとめ
00000001948420 a01.jpg?sr.dw=600&sr.jqh=60&sr.dh=600&sr
引用: https://image.biccamera.com/img/00000001948420_A01.jpg?sr.dw=600&sr.jqh=60&sr.dh=600&sr.mat=1

ウイスキーの中でもコスパに優れ、飲みやすいとの定評があるバランタイン12年。長い歳月を経て、完成されたスコッチウイスキーということもあり、上品で飲みごたえのある仕上がりです。以下、気になるバランタイン12年の評価や価格、そして美味しい飲み方をご紹介します。また、17年ものとの違いについても解説しますので是非、最後までお付き合いください。

12年もの熟成期間を経て完成した最高峰ウイスキー!

Gahag 0080573094 1
引用: http://gahag.net/img/201604/27s/gahag-0080573094-1.jpg

バランタイン12年とは、スコットランド産のローランド、ハイランド、アイラに40種類以上もの原酒を組み合わせて完成したウイスキーのこと。熟成期間は約12年。色は黄金色で、バニラのような甘い香りが特徴的。また、キレの中にも上品さが感じられるバランスの取れた味わいです。

デザインも秀逸!

814nyeu64ml. sx569
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/814nyEU64mL._SX569_.jpg

また、V字のラベルは、「シェブロンシェイプ ラベル」とのネームが付けられており、「保護」「信頼できる働きをした建築家」という意味が含まれています。味わいだけでなく、見た目にもこだわった最高級ウイスキーです。

関連記事

では、バランタイン12年はどのような製造過程を経て完成されるのか。気になるバランタイン12年が完成するまでの道のりを追ってみましょう!

1.大麦(発芽)

Gatag 00006017
引用: http://01.gatag.net/img/201506/02l/gatag-00006017.jpg

まずは、ウイスキーの原点ともなる大麦です。大麦を収穫した後、新鮮な水に浸し、たくさんの水分を含ませます。そして、発芽室にて大麦を管理し、熟練の職人によって発芽のタイミングを計測。ここで適度な発育をした大麦を「麦芽」と呼び、大麦づくりの肝となる重要な部分になります。

2.乾燥

Holysmoke4
引用: http://whiskymag.jp/wp-content/uploads/2012/12/HolySmoke4.jpg

続いて、「モルトスター」と呼ばれる乾燥塔にて、麦芽を乾燥をさせていきます。じっくりと乾燥させることで麦芽に香ばしさが加わり、美味しさが格段とアップするのです。モルトスターによって完成した麦芽を「ピーテッド・モルト」と言います。

3.水(仕込み)

Gahag 0009421221 1
引用: http://gahag.net/img/201509/30s/gahag-0009421221-1.jpg

続いて、ウイスキーに欠かせない水。バランタイン12年には、ミネラルの少ない軟水を使用しているのでクセがなく飲みやすい仕上がりです。乾燥させた麦芽を温水とかき混ぜ、麦芽内のでんぷんを糖分へと変換させていきます。仕込みによって完成したものを「麦汁」と呼び、甘いジュースのような風合いに仕上げていきます。

1 / 4