2018年05月13日 UPDATE

バランタイン 12年特集!味の評価や飲み方、17年との違いを解説。

12年の長い熟成期間を経て完成したバランタイン12年。上品で飲みごたえのある仕上がりの人気スコッチウイスキーです。今回は、気になるバランタイン12年の評価や価格、そして美味しい飲み方をご紹介します。また、17年との違いについても解説いたします!

目次

  1. バランタイン12年特集!味の評価・価格・飲み方、17年との違いとは?
  2. バランタイン12年とは
  3. バランタイン12年ができるまでの道のり
  4. バランタイン12年はまずい?気になる味の評価
  5. バランタイン12年に対するTwitterの声
  6. バランタイン12年の美味しい飲み方
  7. バランタイン12年と相性の良いおつまみは?
  8. バランタイン12年の価格
  9. バランタイン12年と17年の違いとは?
  10. まとめ

バランタイン12年特集!味の評価・価格・飲み方、17年との違いとは?

00000001948420 a01.jpg?sr.dw=600&sr.jqh=60&sr.dh=600&sr
引用: https://image.biccamera.com/img/00000001948420_A01.jpg?sr.dw=600&sr.jqh=60&sr.dh=600&sr.mat=1

ウイスキーの中でもコスパに優れ、飲みやすいとの定評があるバランタイン12年。長い歳月を経て、完成されたスコッチウイスキーということもあり、上品で飲みごたえのある仕上がりです。以下、気になるバランタイン12年の評価や価格、そして美味しい飲み方をご紹介します。また、17年ものとの違いについても解説しますので是非、最後までお付き合いください。

バランタイン12年とは

12年もの熟成期間を経て完成した最高峰ウイスキー!

Gahag 0080573094 1
引用: http://gahag.net/img/201604/27s/gahag-0080573094-1.jpg

バランタイン12年とは、スコットランド産のローランド、ハイランド、アイラに40種類以上もの原酒を組み合わせて完成したウイスキーのこと。熟成期間は約12年。色は黄金色で、バニラのような甘い香りが特徴的。また、キレの中にも上品さが感じられるバランスの取れた味わいです。

デザインも秀逸!

814nyeu64ml. sx569
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/814nyEU64mL._SX569_.jpg

また、V字のラベルは、「シェブロンシェイプ ラベル」とのネームが付けられており、「保護」「信頼できる働きをした建築家」という意味が含まれています。味わいだけでなく、見た目にもこだわった最高級ウイスキーです。

関連記事

バランタイン12年ができるまでの道のり

では、バランタイン12年はどのような製造過程を経て完成されるのか。気になるバランタイン12年が完成するまでの道のりを追ってみましょう!

1.大麦(発芽)

Gatag 00006017
引用: http://01.gatag.net/img/201506/02l/gatag-00006017.jpg

まずは、ウイスキーの原点ともなる大麦です。大麦を収穫した後、新鮮な水に浸し、たくさんの水分を含ませます。そして、発芽室にて大麦を管理し、熟練の職人によって発芽のタイミングを計測。ここで適度な発育をした大麦を「麦芽」と呼び、大麦づくりの肝となる重要な部分になります。

2.乾燥

Holysmoke4
引用: http://whiskymag.jp/wp-content/uploads/2012/12/HolySmoke4.jpg

続いて、「モルトスター」と呼ばれる乾燥塔にて、麦芽を乾燥をさせていきます。じっくりと乾燥させることで麦芽に香ばしさが加わり、美味しさが格段とアップするのです。モルトスターによって完成した麦芽を「ピーテッド・モルト」と言います。

3.水(仕込み)

Gahag 0009421221 1
引用: http://gahag.net/img/201509/30s/gahag-0009421221-1.jpg

続いて、ウイスキーに欠かせない水。バランタイン12年には、ミネラルの少ない軟水を使用しているのでクセがなく飲みやすい仕上がりです。乾燥させた麦芽を温水とかき混ぜ、麦芽内のでんぷんを糖分へと変換させていきます。仕込みによって完成したものを「麦汁」と呼び、甘いジュースのような風合いに仕上げていきます。

4.発酵

08 01
引用: http://www.ballantines.ne.jp/scotchnote/08/img/08_01.jpg

続いて、完成した麦汁に酵母を加え、発酵させていきます。発酵には、10ミクロン程度の微生物を使用します。微生物は、麦汁の糖分をアルコールや炭酸ガスに変えてき、きれいな白い泡を立たせながら、酒を醸していきます。完成した醸造酒を「ウォッシュ」と言い、アルコール6~8度程度に仕上げていきます。

5.蒸留

20141225e38395e383aae383bce7b4a0e69d90e3839de38383e38388e382b9e38381e383ab
引用: http://massantoellie.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_0d0/massantoellie/20141225E38395E383AAE383BCE7B4A0E69D90E3839DE38383E38388E382B9E38381E383AB.jpg

続いて、「ポットスチル」にてウォッシュを沸騰をさせていき、溜まった蒸気を再び冷やして凝縮させていきます。ポットスチルとは、ウイスキーの蒸留の際に使用するかぶと型の蒸留窯のことを指し、ウイスキーの仕上がりを大きく左右する大事な工程になります。

6.熟成

Thumb5
引用: https://photo1.ganref.jp/photo/0/fe72af35f6e8cbac050eded25ea2b9a6/thumb5.jpg

そして、蒸留させたウォッシュを樽に入れ、熟成させていきます。長い期間熟成させていくことで、バランタイン12年が誇る黄金色の輝きと芳醇でまろやかな香りが手に入るのです。

7.マスターブレンダー

3db4f368 845a 49db 9bee 0c1a3dc1c102
引用: https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/vc/3db4f368-845a-49db-9bee-0c1a3dc1c102.jpg

いよいよ、熟成期間を経た原酒がマスターブレンダーの手によってバランタインの姿へと変貌を遂げていきます。現在、携わっているのは、5代目のサンディー・ヒスロップ。代々伝わる秘伝のブレンド技術を継承し、数々の名作を作りあげてきた世界が誇るマスターブレンダーです。卓越した嗅覚と経営センスで最高級のバランタインを作り、世の人々を魅了しています。

バランタイン12年はまずい?気になる味の評価

6102cmsfz2l. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6102CmSFZ2L._SL1000_.jpg

続いて、バランタイン12年の気になる評価についてご紹介します。

ザ・スコッチ”として称えられ、世界中のウイスキー通に垂涎の的とされる類まれな逸品です。華やかで円やかな味わいが特徴。長期熟成原酒を使用した贅沢なスコッチです。飲みやすく、コスパのいいウイスキーだと思います。

コスパとバランスがとれた、いいスコッチウイスキーです。スコッチらしく、香りはあまりありませんが、その分、日本人好みかもしれません。安いので、いつもこちらで買っています。

この値段で芳醇さと深みが出せるウイスキーは少ないですね。認知度も高いですしとりあえずウイスキー好きなら一本は持っておきたいですね。

「飲みやすい」「コスパに優れている」との評価が多数挙げられていました。バランタイン12年は、ウイスキー初心者でも飲みやすく、バランスの取れた最高の完成度に違いありません。

バランタイン12年に対するTwitterの声

バランタイン12年の美味しい飲み方

続いて、バランタイン12年の美味しい飲み方をご紹介します。

ハイボール

Photo0000 2580
引用: https://www.photock.jp/photo/middle/photo0000-2580.jpg

バランタイン12年の定番の飲み方であるハイボール。まずは、グラスに氷を入れ、お好みの量バランタイン12年を注ぎ入れます。そして、良くかき混ぜ、グラスを冷やし、溶けた分の氷を更に付け足します。最後に、ウイスキーの3~4倍程度のソーダを注ぎ入れ、完成です。

フレグランススタイル

Goods kodawari fragrarock main
引用: http://gigaplus.makeshop.jp/ienoba/img/goods/kodawari/goods_kodawari_fragrarock_main.jpg

大きめのグラスで楽しむフレグランススタイルもおすすめ。まず、グラスに氷を入れ、バランタイン12年を好みの量注ぎ入れます。そして、グラス全体に霜が付く程度に軽くステアし、完成です。バランタイン12年が誇る甘く華やかな香りを心行くまで堪能できます。

ストレート

Img 1004
引用: http://www.barrel365.com/wp-content/uploads/2016/11/IMG_1004.jpg

ストレートの飲み方もおすすめです。バランタインの香りとまろやかな甘みを堪能でき、大変おすすめです。より美味しく飲むコツとしては、バランタイン12年とチェイサーを交互に飲むことです。チェイサーを挟むことで、1杯ごとにバランタイン12年の美味しさを堪能できます。

ロック

Rock1
引用: http://www.nomooo.jp/nomooo_media/wp-content/uploads/2014/08/rock1.jpg

ロックもおすすめの飲み方です。グラスに大きめの氷を入れ、バランタイン12年をお好みの量注ぎ入れ、軽くステアして完成です。ストレートよりも、まろやかでクリーミーな後味を堪能できます。

トワイスアップ

Normal
引用: http://www.barrel365.com/wp-content/uploads/2016/11/normal.jpg

よりバランタイン12年が持つ香りを堪能したい方はトワイスワップが最適です。グラスに、お好みの量バランタイン12年を注ぎ入れ、同じ量の水(常温)を加えれば、完成です。常温の水を加えることで、バランタイン12年の風味が際立ちます。

バランタイン12年と相性の良いおつまみは?

続いて、バランタイン12年にピッタリのおつまみをご紹介します。

肉料理

8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8c/8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_t.jpeg

バランタイン12年は、肉料理との相性◎!例えば、鶏のから揚げやサラミやソーセージなどとの相性が良く、食中酒として最適なんですね。脂質の多い肉料理は、バランタイン12年の甘みを引き立たせてくれるので非常におすすめです。

ナッツ類

A333c2e870a8222b39287f0d562edea9 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a3/a333c2e870a8222b39287f0d562edea9_t.jpeg

ナッツ類はバランタイン12年とも相性ピッタリです。中でも、香りが少なくシンプルな味のピスタチオがおすすめ。

カツオのたたき

7f4ef4364590080d3b25025a637c25bc t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7f/7f4ef4364590080d3b25025a637c25bc_t.jpeg

カツオのたたきもおつまみにおすすめです。ハイボールとの相性が良く、カツオをつまみながら、バランタイン12年を飲んだら最高の気分を味わえます。魚料理はサッパリとしているので飲み飽きることはありません!

チョコレート

64399d681f4ba20bd0255491ccf7a892 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/64/64399d681f4ba20bd0255491ccf7a892_t.jpeg

口の中をサッパリしてくれるチョコレート。バランタイン12年はバニラのような甘さが特徴的なお酒なので、飲む前にチョコレートを食べても良いですし、飲んだ後のおつまみとしても最高です。

関連記事

バランタイン12年の価格

続いて、気になるバランタイン12年の価格をご紹介します。今、現在、「350ml」と「700ml」の2つのタイプが販売されており、最安値が350mlで1833円、700mlで2049円になります。リーズナブルで口コミでも大好評です。

スコッチウイスキー バランタイン 12年 ハーフボトル 350ml
価格 ¥ 1,833
スコッチウイスキー バランタイン 12年 700ml
価格 ¥ 2,049

バランタイン12年と17年の違いとは?

違いは香りや味の強さ!

71oi%2bazisfl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71OI%2BaZIsFL._SL1500_.jpg

2つの種類には年代以外にも風味や香りに違いがあります。バランタイン12年は、バニラのような甘さのスコッチウイスキーで初心者の方でも気兼ねなくお飲み頂けます。対し、17年のものは12年に比べて複雑さが増しており、バランタインの持つ風味を体感できる仕上がりです。

その分、17年は価格が高めですが、12年にはない芳香な味わいを堪能できます。もし、12年に物足りなさを感じた方場合は17年ものに挑戦してみましょう。

バランタイン 17年 40度 700ml
価格 ¥ 5,231

まとめ

バランタイン12年の評価や価格、そして美味しい飲み方などをご紹介しました。バランタインの中でも上品かつキレのある味わいでウイスキー初心者でも飲みやすい仕上がりです。もし、物足りなさを感じた方は、より複雑で香りの強い17年ものをおすすめします。価格も非常に安く、2000円前後でご購入いただけますので是非、最高峰のバランタイン12年をご賞味ください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.biccamera.com/img/00000001948420_A01.jpg?sr.dw=600&sr.jqh=60&sr.dh=600&sr.mat=1