Cffvdeam43ts5wyjihzx

CATEGORY | カテゴリー

ランボルギーニ”エゴイスタ”特集。その名の意味や値段、最高速度は?

2018.05.12

イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニといえば誰もがスーパーカーを想像します。そんなランボルギーニが開発したちょっと変わったスーパーカー、エゴイスタをご存じですか?ここでは、ランボルギーニエゴイスタの意味や値段、最高速度などについて触れていきます!

目次

  1. これがランボルギーニ エゴイスタだ!
  2. ランボルギーニ エゴイスタ①エゴイスタという名前の意味は?
  3. ランボルギーニ エゴイスタ②最高速度は?
  4. ランボルギーニ エゴイスタ③エゴイスタのお値段は?
  5. ランボルギーニ エゴイスタはスゴイ車だ!

ランボルギーニといえば、イタリアの自動車メーカーで、数々の名車と呼ばれるスーパーカーを生み出してきました。カウンタックやディアブロ、ウラカンやアヴェンタドールなど、誰もが憧れを抱くような車ばかり。そんなランボルギーニが、2013年に生み出したエゴイスタについてご紹介します!

20130523 vc009 560x339
引用: http://www.inspiration-gallery.net/wp-content/uploads/20130523-vc009-560x339.jpg

エゴイスタは、1人乗りのスーパーカーで、世界限定20台のみが製造されました。デザインは、アパッチ攻撃ヘリがインスピレーションされていますが、さながらデザインは戦闘機のような姿になっています。これは、一般的に自動車と呼ばれるデザインとはかけ離れており、独特の雰囲気を持っています。

20130523 vc007 560x395
引用: http://www.inspiration-gallery.net/wp-content/uploads/20130523-vc007-560x395.jpg

室内は、運転席というよりも操縦席、いわゆるコックピット。キャノピーは電動開閉式の跳ね上がりタイプで、乗降には決まった場所に立たないと、大変なことになってしまうとか・・・。説明では、ドライバーではなく、パイロットだと説明されるなど、まさにこれまでの自動車とは違う世界観を持つ車なのです。

ランボルギーニ エゴイスタは乗り方にも注目!

エゴイスタの乗り方は、これまでの車とは全く異なります。それは、通常の車と違ってドアがないことで明白です。乗り方は、電動キャノピーを開けて、「STEP HERE」と記された部分に立ち、シートに立ってから座るという、戦闘機にでも乗るかのような乗り方をします。

20130523 vc006 560x395
引用: http://www.inspiration-gallery.net/wp-content/uploads/20130523-vc006-560x395.jpg

降り方は、一度シートに立ち、「STEP HERE」と記され得た部分に座り、そのまま脚を180度回転させ外側に出すというものです。乗り方・降り方を見ても、通常の車とは全く異なっており、これもまたエゴイストという名前にふさわしい乗り方・降り方だといえます。

関連記事

では、エゴイスタという名前はどうして付けられたのでしょう?エゴイスト(egoist)という言葉には、利己主義という意味があります。少なからずこの言葉の影響は受けていることでしょう。そしてランボルギーニは、この名前エゴイスタに、1人乗りのスーパーカーを表現したといわれています。

1 / 3