Seqwusb1kzmpdzuco4sz

トレーニング

CATEGORY | カテゴリー

大殿筋の筋トレ効果って?マシン・自重どのトレーニングがいいの?

2018.05.09

お尻を引き締めるトレーニングがしたいけど方法が分からないという方に大殿筋に効果のある筋トレをご紹介します。大殿筋を筋トレで鍛えることで引き締め効果がありヒップアップにつながります。そこで大殿筋に効果のある自重・マシントレーニングメニューを紹介します。

目次

  1. 大殿筋とは
  2. 大殿筋の筋トレ効果は
  3. 大殿筋に効果のある筋トレ方法
  4. 大殿筋に効果のある筋トレ方法①バックキック
  5. 大殿筋に効果のある筋トレ方法②スクワット
  6. 大殿筋に効果のある筋トレ方法③ステップアップ
  7. 大殿筋に効果のある筋トレ方法④ブルガリアンスクワット
  8. 大殿筋に効果のある筋トレ方法⑤ヒップリフト
  9. 大殿筋に効果のある筋トレ方法⑥ランジ
  10. すぐに効果を出したいならスクワットがおすすめ
  11. まとめ
144fc11fc7281833fbf540455e27a918
引用: https://i.pinimg.com/564x/14/4f/c1/144fc11fc7281833fbf540455e27a918.jpg

そもそも大殿筋とはという方が多いかと思います。大殿筋はお尻にある一つの筋肉で、お尻のほぼの筋肉でもあります。大殿筋は下半身を動かすためにとても大切な筋肉となっており大殿筋がなくては歩くことができないといっても間違いではありません。それほど重要な筋肉でもあります。大殿筋を鍛えることで代謝が上がりダイエットなどを目標としている方におすすめです。余談ですがすべての肌肉が生きる上で大切と思った方もいるかと思いますが、実は日常生活では使わない筋肉も存在します。

779e21052d6e8b7389cd187e7528dbee
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/9e/21/779e21052d6e8b7389cd187e7528dbee.jpg
Df4f804b925743a56a975fd7382dea13
引用: https://i.pinimg.com/564x/df/4f/80/df4f804b925743a56a975fd7382dea13.jpg

大殿筋を鍛えることで現れる効果は上記でも紹介しましたが、大殿筋を鍛えることで代謝が上がります。代謝が上がることでダイエットなどしている方は痩せやすい体質作りができますので、トレーニングする価値がある筋肉です。また、女性にうれしいお尻の引き締め効果がります。大殿筋を鍛えることでヒップアップ効果があるため引き締まったヒップラインを実現できます。大殿筋を鍛えて引き締まった美しいボディラインを実現しましょう。

24a428eed4193cc0af0fffd7e4496f63
引用: https://i.pinimg.com/564x/24/a4/28/24a428eed4193cc0af0fffd7e4496f63.jpg

関連記事

6f8b9e05e23a33ae55ec953adfb3beb3
引用: https://i.pinimg.com/564x/6f/8b/9e/6f8b9e05e23a33ae55ec953adfb3beb3.jpg

大殿筋を鍛えるための効果あるトレーニング方法をご紹介します。大殿筋はジムに通わないと鍛えられないと思われがちでマシンなどのトレーニング器具が必要と思われていますが、実は自重トレーニングだけで美しい引き締まったヒップラインを手に入れることができます。自宅で簡単いマシンを使わず自重だけで美しくカッコいいボディラインを作り上げましょう。

Jkhgdfsdgf
引用: https://women-100.com/wp-content/uploads/2016/03/jkhgdfsdgf.jpg
41b5995e92be193e9f3b87716a5eaac3
引用: https://i.pinimg.com/564x/41/b5/99/41b5995e92be193e9f3b87716a5eaac3.jpg

初めにご紹介するトレーニング方法は「バックキック」です。バックキックというトレーニング方法は聞いたことがあるトレーニングだと思いますが、実はマシン要らずの自重だけで簡単に出来るトレーニング方法です。バックキックは男性だけでなく筋力の弱い女性もお尻の引き締めトレーニングに無理せずできるトレーニング方法です。トレーニング方法はとても単純な動きですが、大殿筋を集中的に鍛えることができますので、続けることでかなりの効果を発揮します。バックキックは自重だけで行うトレーニングなので、必要であれば足につけるアンクルウェイトやトレーニングチューブを使用して行うことをおすすめします。

1 / 4