Whdxf3ewecquscisczc3

スニーカー

CATEGORY | スニーカー

トレンチコートはスニーカーでハズしポイントを。気をつけたいポイントを解説!

2018.02.13

春先の定番アウター「トレンチコート」 キレイメ~カジュアルまで幅広くコーディネイト出来ることから男女ともに大人気。 最近は足元をスニーカーにしてカジュアルダウンさせるのがポイント! 今回はトレンチコート×スニーカーでの気をつけたいポイントを解説していきます!

目次

  1. はじめに
  2. トレンチコートとは?
  3. 大人カジュアルに着こなすなら"スニーカー"
  4. トレンチコート×スニーカーのおすすめコーデをご紹介!
  5. まとめ
17251553 35 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/553/17251553/17251553_35_D_500.jpg

大人っぽくてかっこいいアウター、トレンチコート。
フォーマルな印象のトレンチコートをカジュアル系なアイテムと合わせハズすと、一気にトレンド感が出ておしゃれな着こなしになります。
今回はスニーカーでハズしポイントをつけ足元をカジュアルダウンさせたコーデに注目し、トレンチコート×スニーカースタイルでの気をつけたいポイントを解説していきます!

27936138 411 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/138/27936138/27936138_411_D_500.jpg

トレンチコートは元々の起源は第一次世界大戦の時にイギリス軍が防雨外套で着用していた防水用の軍用ミリタリーコートのことでつまりレインコートでした。
このことからトレンチコートの特徴的なディティールは戦場で必要な、様々な目的から生まれています。
またクラッシックなデザインからトレンチコートはビジネス~プライベートシーンまで幅広く着用できます。
洗練されたデザインからおしゃれで大人なコーデがしたい方におすすめです!

55574200041
引用: http://img.abc-mart.net/img/goods/C/55574200041.jpg

トレンチコートを大人カジュアルに着こなすなら是非スニーカーと合わせましょう。
足元をスニーカーにするだけでいいのでとっても楽チン。
足元をスニーカーでハズしキレイメだけどラフなリラックスしたスタイルになるのでとってもおすすめです!

トレンチコート×スニーカーのおすすめコーデ①

20171207093222148 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/3mnwet/20171207093222148/20171207093222148_1000.jpg

基本のベージュのトレンチコートにジーパンの定番カジュアルスタイルには白の爽やかな靴を合わせて抜け感を演出しましょう。
春先にぴったりの軽やかなカジュアルコーデになります。

トレンチコート×スニーカーのおすすめコーデ②

20180128080408238 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/3c9zh0/20180128080408238/20180128080408238_1000.jpg

オリーブ色のトレンチコートに映える赤のスヌードとスニーカーを合わせたスタイルです。
トレンチコートと赤を合わせることで上品の中にもカジュアル感がプラスされます。
気を付けるポイントは小物とスニーカーの色を合わせコーデに統一感を出しましょう!

トレンチコート×スニーカーのおすすめコーデ③

20180120165851249 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/jvwu6b/20180120165851249/20180120165851249_1000.jpg

トレンチコートの存在感を引き立てるため、アウター以外はすべてモノトーンで統一したストリートコーデ。
ストリートコーデにトレンチコートを羽織ればキレイメカジュアルスタイルに。
気を付けるポイントは靴もストリートコーデに合うスポーティーなものと合わせましょう!

トレンチコート×スニーカーのおすすめコーデ④

20170327213938413 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/nm3900/20170327213938413/20170327213938413_1000.jpg

基本のトレンチコートスタイルの場合、靴で差し色を入れるのもアリ!
トレンチコートとジーパンの定番スタイルに明るい赤の靴を合わせ差し色にして一味変わったおしゃれなカジュアルコーデにするのもおすすめです。
気を付けるポイントはハッキリとしたコーデの主役になるような色を選ぶこと!

1 / 2