2018年05月05日 UPDATE

コーヒー焼酎の作り方特集!おすすめレシピや豆?カクテルにもできる?

コーヒーを使ったお酒は世界にたくさんありますが、日本人に合うコーヒーを使ったお酒と言えばコーヒー焼酎です。実はコーヒー焼酎は、自宅で簡単に作ることができます。今回はコーヒー焼酎やコーヒー豆を使ったカクテルの作り方・材料・レシピ等のポイントをチェックしましょう。

目次

  1. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピを教えて!
  2. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ① 材料
  3. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ② 材料選びのポイント
  4. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ① 基本編
  5. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ② 基本編
  6. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ③ コーヒー屋さんおすすめ
  7. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ④ 焙煎したコーヒー豆を挽く×焼酎
  8. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ⑤ 缶コーヒー×焼酎
  9. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ⑥ おいしい飲み方編
  10. コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピを参考にして作ってみよう!

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピを教えて!

Photo 1502453271340 254777686dd9?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1502453271340-254777686dd9?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=10f8ac59c1938e1c25451f6e5c45211f&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
コーヒーとお酒は合わないと思っていませんか?でも実は、コーヒーとアルコールの相性は良いことで有名です。例えばカルアミルク、アイリッシュコーヒ、カフェコレット等です。またカクテルだけではなく、コーヒーと焼酎を合わせたお酒も人気があります。今回は自宅で簡単に作れるコーヒー焼酎の作り方、材料のポイント、おいしい飲み方等をご紹介します。

関連記事

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ① 材料

Photo 1514542397203 89768ef90e20?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1514542397203-89768ef90e20?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=c7196341347e2b21aa590bada84cda8c&auto=format&fit=crop&w=751&q=80
自宅で簡単に作ることができるコーヒー焼酎ですが、材料はとてもシンプルです。誰でも簡単に作ることができるのでコーヒー好き、焼酎好きの男性には特におすすめです。

材料は瓶・焙煎されたコーヒー豆・焼酎

コーヒー焼酎は自宅で簡単に作ることができるのはもちろん、特別な材料はいりません。材料は「瓶」「焙煎したコーヒー豆」「焼酎」です。焼酎は芋や甲類等があるので好みがわかれるでしょう。焼酎の種類に迷った時は甲類がおすすめです。甲類は焼酎の中でも独特な香りが少ないので、コーヒーの風味や香りを邪魔することもありません。コーヒー豆も焼酎と同じく好みがあるので、色々なコーヒー豆を試してみるのもいいでしょう。

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ② 材料選びのポイント

Photo 1510972527921 ce03766a1cf1?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1510972527921-ce03766a1cf1?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=92298e8118e01b6a6896b8139fed2b2d&auto=format&fit=crop&w=334&q=80
初めてコーヒー焼酎を作る、コーヒーや焼酎についてあまり詳しくない男性もいるでしょう。材料選びに苦戦した時はどうすればいいのでしょうか?

コーヒーメーカーのサイトも材料選びの参考になる

材料選びのポイントは自分好みのコーヒー豆と焼酎を選ぶのが基本です。でも「焼酎に詳しくてもコーヒーの知識はほとんどない」という男性もいれば、反対に「コーヒーに関しては凄い詳しいが焼酎の知識はない」という男性もいるでしょう。材料選びに困った時はコーヒーメーカー(UCC等)のサイトを見てみましょう。サイト内でコーヒー焼酎に合うコーヒーや、焼酎の種類を紹介しています(例えば芋、米、麦焼酎に合うコーヒー豆等)。コーヒーメーカーのサイトも是非、チェックしてみましょう。

関連記事

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ① 基本編

Photo 1485118571520 91ebb7fb2a78?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1485118571520-91ebb7fb2a78?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=3f388a8cc54aa6d6902fd764ff4c8221&auto=format&fit=crop&w=322&q=80
瓶、焙煎したコーヒー豆、焼酎を揃えたらコーヒー焼酎をいよいよ作っていきます。では早速、基本的なコーヒー焼酎の作り方をご紹介します。

3日~7日でコーヒー焼酎が完成する

コーヒー焼酎の基本的な作り方は、瓶の中に焼酎と焙煎したコーヒー豆を入れて数日間漬けるだけです。基本的な分量は「焼酎100cc」をベースにし「コーヒー豆10g」を入れると考えましょう。例えば900ccの焼酎の時はコーヒー豆は90gです。3日~7日でコーヒー焼酎が完成します。

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ② 基本編

Photo 1495220390995 1487cfe6810c?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1495220390995-1487cfe6810c?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=b496e10a70a89f55e464e0295d913c1e&auto=format&fit=crop&w=750&q=80
コーヒー焼酎は「コーヒー豆をどれだけの日数、焼酎に漬けるのか?」がポイントです。漬けている日数によってコーヒーの風味等が全然違います。3日~7日でコーヒー焼酎は完成しますが自分好みのコーヒー焼酎にするなら、味見をし確認しながらコーヒー豆を漬けた方がいいでしょう。

コーヒーの風味を確認しながらコーヒー焼酎を作る

コーヒー焼酎を作ったばかりの時はコーヒー豆が浮いています。日が経つにつれコーヒー豆は焼酎を吸収し、瓶の底に沈んでいきます。コーヒー焼酎の濃度等は好みにもよりますが、できればコーヒー豆が沈むまで待った方がいいでしょう。またコーヒー豆を漬けている日数が長ければ長い程、コーヒーの風味等が強くなります。コーヒーの風味を強くしたくない時は3日か4日で味見をし、コーヒーの風味が強いと感じたらコーヒー豆を取り出しましょう。この時、コーヒーフィルターを使って別の瓶に入れ替えます。

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ③ コーヒー屋さんおすすめ

Photo 1483204358806 afc5571f655b?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1483204358806-afc5571f655b?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=f1c5071cf9dbe323f52de2bc8cf1a5bc&auto=format&fit=crop&w=750&q=80
コーヒー屋さんおすすめのコーヒー焼酎の作り方をご紹介します。コーヒー豆にこだわったコーヒー焼酎です。気になる方は是非、作ってみてはいかがでしょうか?

いいちこ×マンデリンG-1は相性がいい

材料は瓶と、「焼酎(いいちこ)400cc)」「焙煎したコーヒー豆(マンデリンG-1)40g」を用意します。作り方は、焼酎(いいちこ)と焙煎したコーヒー豆(マンデリンG-1)を瓶に入れて、約1週間待てば完成です。マンデリンG-1を合わせる理由は、焙煎することで苦味や深いコクが出るので焼酎との相性がいいそうです。約1週間漬けると、まろやかさと甘さが加わり飲みやすいコーヒー焼酎に変化します。

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ④ 焙煎したコーヒー豆を挽く×焼酎

Photo 1515791706523 eb0e9f04b547?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1515791706523-eb0e9f04b547?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=a6b9349dee2cde07094bb813540b8a8a&auto=format&fit=crop&w=750&q=80
コーヒー焼酎の基本的な作り方をご紹介してきました。焙煎したコーヒー豆を焼酎に数日間漬けるとコーヒー焼酎が完成します。確かに自宅で簡単に作ることはできますが、「もっと気軽にコーヒー焼酎を楽しみたい!」「焙煎したコーヒー豆を焼酎に漬けるのは面倒!」という男性もいるでしょう。ではもう少し簡単で気軽にコーヒー焼酎が楽しめる作り方を、見ていきましょう。

時短でコーヒー焼酎が作れる

コーヒー焼酎を自宅で作る時は最低でも3日は必要です。もっと気軽で簡単にコーヒー焼酎を作りたい時は、焙煎したコーヒー豆を挽いたものを使いましょう。作り方は、焼酎に焙煎したコーヒー豆を挽いたものを入れるだけです。時短で作れるコーヒー焼酎なので、「すぐコーヒー焼酎を飲みたい!」という時にもおすすめです。ただし飲む時はコーヒーフィルターでこす必要があります。

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ⑤ 缶コーヒー×焼酎

Photo 1506825760556 5eded2a8bb78?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1506825760556-5eded2a8bb78?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=e9c0cc5e8e801905c3c84afb47a87794&auto=format&fit=crop&w=334&q=80
焙煎したコーヒー豆を挽いて作るコーヒー焼酎も簡単ですが、さらに簡単に作れるコーヒー焼酎があります。コーヒー焼酎を飲みたくなったら、すぐに飲めます。コーヒー焼酎をお試しで飲んでみたい男性にもおすすめです。

缶コーヒーと焼酎を注ぐだけ

自宅で最も簡単に作れるコーヒー焼酎があります。それは缶コーヒーを使ったコーヒー焼酎です。先程ご紹介した焙煎したコーヒー豆を挽いて作るよりも、はるかに簡単でしょう。作り方は缶コーヒーと焼酎を注げばすぐに出来ます。手っ取り早くコーヒー焼酎を飲みたい時はピッタリです。焙煎したコーヒー豆を焼酎に数日間漬けたものとは少し違って、カクテルに近いかもしれません。でもコーヒーの風味や焼酎の香りもあるので、おいしく飲めるでしょう。

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピ⑥ おいしい飲み方編

Photo 1461023058943 07fcbe16d735?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1461023058943-07fcbe16d735?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=89c21e12da5a1c16539ae341645fb184&auto=format&fit=crop&w=1498&q=80
コーヒー焼酎の飲み方は焼酎を飲む時と同じです。お湯割り、水割り、ロックで飲んだり、牛乳と割ってもいいでしょう。甘いコーヒー焼酎、苦いコーヒー焼酎等、お好みに合わせて飲むことができます。また甘いのが好きな男性はコーヒーを飲む時と同じようにガムシロップ、砂糖等を入れてもおいしく飲めるでしょう。

コーヒー豆を使ったカクテルもある?!コーヒー焼酎の作り方やレシピを参考にして作ってみよう!

Photo 1509047319667 c1a8de3000c7?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1509047319667-c1a8de3000c7?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=ba5ce6492f0a8f4a31181816f3249e2c&auto=format&fit=crop&w=400&q=80
自宅で簡単に作ることができるのがコーヒー焼酎です。こだわりの焼酎とコーヒー豆を使って、自分だけのオリジナルコーヒー焼酎を作ってみてはいかがでしょうか?是非、参考にして下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.unsplash.com/photo-1509047319667-c1a8de3000c7?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=ba5ce6492f0a8f4a31181816f3249e2c&auto=format&fit=crop&w=400&q=80