2018年08月04日 UPDATE

腕立て伏せは回数が筋肉への効果を決める?初心者に必要な目安は?

腕立て伏せは筋トレメニューで王道といえるトレーニング方法ですが、腕立て伏せはいったいどれだけの回数を行えば筋肉を付ける効果を伸ばすことができるのでしょうか。筋トレ初心者の方に腕立て伏せの効果や筋肉が付く方法、回数の目安などをご紹介します。

目次

  1. 腕立て伏せの回数が筋肉への効果を決める?
  2. 腕立て伏せの効果を伸ばすのは回数じゃなかった
  3. 腕立て伏せで筋肉に効果のある回数
  4. 初心者でもできる少ない回数で効果のある腕立て伏せ
  5. 素早く行う腕立て伏せは効果がない
  6. 筋肉に本当に効果のある腕立て伏せのやり方
  7. 腕立て伏せは多くの回数を行っても効果はある
  8. 腕立て伏せの回数を行って得れるメリット①初心者や知識のない人に回数自慢ができる
  9. 腕立て伏せの回数を行って得れるメリット②痩せやすい体質を作れる
  10. 腕立て伏せの回数を行って得れるメリット③回数を多くこなせば効果はある
  11. 筋肉に効果のある腕立て伏せとは?まとめ

腕立て伏せの回数が筋肉への効果を決める?

57a95fa3ab7ef80cc8e039f9c930bdb0
引用: https://i.pinimg.com/564x/57/a9/5f/57a95fa3ab7ef80cc8e039f9c930bdb0.jpg
腕立て伏せは初心者から筋トレ上級者まで誰もが行うトレーニング方法です。腕立て伏せの回数を意識して学校や習い事などに部活、訓練する時に腕立て伏せ50回や100回などと指示され回数だけ聞けば「キツイ」「しんどい」「無理」という言う意見が飛び交う姿がどこでも見られますが、50回や100回という多くの回数をこなすのは初心者や筋肉のない方には効果的といえますが、ある程度筋肉の付いている方に50回や100回といった回数は数字で圧倒されますが、実はあまり効果がありません。腕立て伏せを50回や100回と簡単にこなせる人がカッコイイとなっていますが、あれほど意味のない筋トレはありません。
94e667080ef258dd55519b84ca342716
引用: https://i.pinimg.com/564x/94/e6/67/94e667080ef258dd55519b84ca342716.jpg

腕立て伏せの効果を伸ばすのは回数じゃなかった

E393cd3dc52702351264db46a2ce017a
引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/93/cd/e393cd3dc52702351264db46a2ce017a.jpg
上記で紹介した通り、腕立て伏せは回数ではありません。100回以上簡単にこなせる方に100回以下を目安に回数を行えと命じたとしても何の苦戦もしない腕立て伏せは、ただただ腕を伸ばす縮めるを繰り返す上下運動をしているだけで、何の効果もなく時間の無駄といえます。ある程度筋肉の付いた方に100回しろと命じても人間が当たり前のように歩けるのと変わりないほど当たり前に苦労せず歩けます。腕立て伏せは回数をこなしても全く効果がないわけではありませんが、効率の悪いトレーニング方法です。確実に筋肉を増やしたいと考えている方は次を参考にしてみてください。
1fdd9cdfbd384df181d00f69e6156c96
引用: https://i.pinimg.com/564x/1f/dd/9c/1fdd9cdfbd384df181d00f69e6156c96.jpg

腕立て伏せで筋肉に効果のある回数

79c99170601aa4b6461e456c2acbdedb
引用: https://i.pinimg.com/564x/79/c9/91/79c99170601aa4b6461e456c2acbdedb.jpg
これまで散々腕立て伏せを何回繰り返しても何の効果も意味もない時間を無駄にしているトレーニング方法とご紹介してきました。では、いったい何回行えば筋肉が大きくなるほど効果のあるトレーニングができるのかと言いますと実は10回から20回目安で十分筋肉ムキムキになることができるのです。たった10回から20回目安こなせば筋肉が付くわけがないと思う方も多いと思ますが、筋肉のことをしっかり理解していれば10回から20回目安の回数で筋肉を付けることができます。筋肉を付けるのに必要なのは数より質です。質を上げれば無駄な時間を過ごさず時短で効果のある筋トレが行えます。
048b855f7e597fe92b886577254e9e97
引用: https://i.pinimg.com/564x/04/8b/85/048b855f7e597fe92b886577254e9e97.jpg

関連記事

初心者でもできる少ない回数で効果のある腕立て伏せ

Bfcaf59459dd6f3fbbd45098e8d4386b
引用: https://i.pinimg.com/564x/bf/ca/f5/bfcaf59459dd6f3fbbd45098e8d4386b.jpg
初心者でもできる少ない回数で効果が出せる時短で効率アップの腕立て伏せはどういってものかと説明しますと、実は筋トレ器具を使用したり普通の一般的に知られる腕立て伏せじゃない方法で行ったりするわけではありません。同じ腕立て伏せで効果を出すにはゆっくりと行い筋肉に負荷をかけることが筋肉を拡大させるために効果のあるトレーニング方法です。素早く行う腕立て伏せは俊敏な動きで筋トレに興味のない方や初心者の方にとってはすごくカッコいい姿に目えますが、素早く行う腕立て伏せほど楽な運動はありません。
51a7200e40c92bad9fe3096cf502c18e
引用: https://i.pinimg.com/564x/51/a7/20/51a7200e40c92bad9fe3096cf502c18e.jpg

素早く行う腕立て伏せは効果がない

66c492890ddc27623f7ffb0465ada112
引用: https://i.pinimg.com/564x/66/c4/92/66c492890ddc27623f7ffb0465ada112.jpg
素早く行う腕立て伏せは腕を伸ばすことなく身体を少し動かすだけなので、どこを鍛えているか分からない動きでもありますし、そもそも筋肉を伸ばす縮めるという動きを行っていない以上全くの無意味なものです。その少し伸ばす縮めるといった上下運動を行うことで少しは効果があったとしてもムキムキにはなれません。実際に素早く行って何回もできる方の身体を見てみますと無駄な脂肪は落ちていますが、肝心な筋肉が全く付いていないただ痩せて筋肉があるように見えるだけのヒョロヒョロマッチョになってしまいます。ヒョロヒョロマッチョは痩せている方は無理せず苦労せず簡単になれます。ヒョロヒョロマッチョを目指す方は食事制限とジョギングはランニングを行うことをおすすめします。
25fed63038943fc2c4001c1fa1373a8d
引用: https://i.pinimg.com/564x/25/fe/d6/25fed63038943fc2c4001c1fa1373a8d.jpg

筋肉に本当に効果のある腕立て伏せのやり方

6629c7d25a0c26d546e941253d11d2cb
引用: https://i.pinimg.com/564x/66/29/c7/6629c7d25a0c26d546e941253d11d2cb.jpg
本当に効果のある腕立て伏せの方法をご紹介します。いつもと同じ腕立て伏せの姿勢を取ります。腕立て伏せを行う時に腕を縮める時にゆっくりと行い伸ばすときもゆっくりと行います。ここで需要なのがゆっくりと伸ばしたり縮めたりして腕に負荷をかけることです。そして、伸ばすときは縮めた時よりも目安として倍の時間をかけましょう。縮める時に2秒かけて降りるなら4秒を目安にして伸ばすようにしましょう。効果のある時間は縮める時は2秒ほどを目安にして縮め伸ばすときは4秒ほどを目安にして腕を伸ばすようにしましょう。筋肉増加させるポイントはゆっくりと負荷をかけることです。これは腕立て伏せだけでなくどのトレーニングにも共通することです。
846f0edef20e3da3d5ec0bf777da823f
引用: https://i.pinimg.com/564x/84/6f/0e/846f0edef20e3da3d5ec0bf777da823f.jpg

腕立て伏せは多くの回数を行っても効果はある

E5cc89cc57e1bf78b215f8cb1a233307
引用: https://i.pinimg.com/564x/e5/cc/89/e5cc89cc57e1bf78b215f8cb1a233307.jpg
上記では回数をこなしても時間の無駄と説明してきまいたが、条件付きではありますが多くの回数をこなすことによってまりっとも存在します。筋トレはどのトレーニング方法でも言えるのが「キツイ」「限界だ」と思うまですれば10回と言う回数でも500回と言う回数でも筋肉の増加につながります。筋肉をつけるためには「キツイ」「限界だ」という壁を越えてからこそ効果があります。そこで、腕立て伏せの回数をこなして生まれるメリットをご紹介します。
Cb7d4258ef3d2bc3fd4abe6fc1861cb5
引用: https://i.pinimg.com/564x/cb/7d/42/cb7d4258ef3d2bc3fd4abe6fc1861cb5.jpg

腕立て伏せの回数を行って得れるメリット①初心者や知識のない人に回数自慢ができる

2294e99d8da9f617ee4c1174314d51b8
引用: https://i.pinimg.com/564x/22/94/e9/2294e99d8da9f617ee4c1174314d51b8.jpg
腕立て伏せを行い得ることができるメリットは「腕立て伏せの回数自慢」です。筋トレに興味のない方や初心者の方は筋肉がどれぐらいついているかよりも、回数をこなせるほうがすごいと思っている方が多くいます。回数をこなせることは筋トレに興味のない方や初心者の方の注目を浴びることができますので、筋肉を付けたいと考えるよりも周りから注目されたいチヤホヤされたいと考える方なら腕立て伏せを100回こなすということや500回こなすということは大きな目標でもありメリットでもあるかもしれません。腕立て伏せの回数はこういったところで自慢できるポイントとなります。ただし、本当は意味がない事なのでやめましょう。
0b82bd3778061ba3a8c61d64a88ee79b
引用: https://i.pinimg.com/564x/0b/82/bd/0b82bd3778061ba3a8c61d64a88ee79b.jpg

腕立て伏せの回数を行って得れるメリット②痩せやすい体質を作れる

651b346603c3e479824c6d322b7fe998
引用: https://i.pinimg.com/564x/65/1b/34/651b346603c3e479824c6d322b7fe998.jpg
腕立て伏せを行い得ることができるメリットは「痩せやすい体質作り」ができることです。腕立て伏せは素早く行うことで無酸素運動が有酸素運動に変わります。湯酸素運動はダイエットに効果があると言われていますので、痩せやすい体質づくりにはいい方法かもしれませんが、痩せる目的で行う筋トレはもはや筋トレと言わずエクササイズといった方がお似合いかもしれません。腕立て伏せは痩せやすい体質作りができるのですが、やはり継続しなければいけません。そして、無駄に多い回数をこなせなければいけません。腕立て伏せを多くこなして痩せやすい体質を作るならランニングやウォーキングをおすすめします。
21700b9c10dde51ead2ad619b59fa1cd
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/70/0b/21700b9c10dde51ead2ad619b59fa1cd.jpg

腕立て伏せの回数を行って得れるメリット③回数を多くこなせば効果はある

B40502117c572a08c382bcd60a911939
引用: https://i.pinimg.com/564x/b4/05/02/b40502117c572a08c382bcd60a911939.jpg
数をこなしてcもまったく効果がなく時間の無駄な筋トレ方法とご紹介しましたが、限界と感じ身体が上がらなくなるまで行う腕立て伏せには効果があります。今まで紹介してきましたことは、負荷のかからない回数を目標としただけのトレーニングにならない方法のことを紹介してきました。なので、きつく感じない何回でもできる腕立て伏せも限界と感じるまで行うことで確実に効果を発揮することができるのでトレーニング方法自体は間違ったものではありませんが、きついと感じるまでに何回、何十回多い場合は何百回と送り返さなければ効果を発揮することができないということです。そのため時間がかかってしまうのでそのかあkる時間を他のトレーニングに回して方が効率がいいというお話でした。
Ccb1dc14b1522a62afc39a06bc6366bf
引用: https://i.pinimg.com/564x/cc/b1/dc/ccb1dc14b1522a62afc39a06bc6366bf.jpg

関連記事

筋肉に効果のある腕立て伏せとは?まとめ

腕立て伏せの回数についての本記事は参考になったでしょうか。腕立て伏せは負荷をかけない限り何回でも行うことができる筋トレですが、本当に効果のある方法を行うことで、初心者の方でもムキムキになれるのです。正しい方法を身に付けて理想の身体を手に入れましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/94/e6/67/94e667080ef258dd55519b84ca342716.jpg