2018年05月04日 UPDATE

コーヒー豆の量・水の目安と測り方!一人分でも美味しく淹れるコツ!

コーヒーを初心者でも美味しく入れることができる方法などをご紹介します。コーヒーはコーヒー豆から作るのが1番美味しいのです。そこで、コーヒー豆の量やコーヒー1杯からの作り方の目安など、簡単なコーヒーの淹れ方をまとめました。量、や豆の種類、水にもこだわりましょう!

目次

  1. コーヒーはコーヒー豆から
  2. コーヒー豆をこだわる
  3. コーヒー豆は量り売りで購入
  4. コーヒー豆を量り売りできるお店
  5. コーヒー豆は鮮度が命
  6. コーヒー豆の保存方法①鮮度を守るため一人分の量で分けて保存
  7. コーヒー1杯のコーヒー豆の量
  8. コーヒー豆の計り方
  9. コーヒー豆だけでなく水にもこだわる
  10. 初心者でもできるコーヒー豆から作るコーヒーの淹れ方
  11. 水出しコーヒーとは
  12. 水出しコーヒーの1杯分の作る量
  13. 水出しコーヒーの作り方
  14. まとめ

コーヒーはコーヒー豆から

C45e1cd1d0bde1c0bdbde77b8faa0e1e
引用: https://i.pinimg.com/564x/c4/5e/1c/c45e1cd1d0bde1c0bdbde77b8faa0e1e.jpg
近年は簡単においしく作れるインスタントコーヒーが主流となりコーヒー豆を専門店などで購入してこだわっていれるという方が少なくなってきました。コーヒーは缶コーヒーやインスタントコーヒー、エスプレッソマシンと言う簡単にボタン一つでコーヒーが作れるコーヒーサーバーが多く使われていますが、本当にコーヒーを楽しみたいという方は一人分からでも1杯から3杯と言う数もしっかりとこだわり丹精込めて作るコーヒーがおすすめです。コーヒーはコーヒー豆を選び自分で挽き加減を見てこだわりが出せるからこそ楽しいコーヒータイムが作れます。
A40d22c5d82dd40f0795cdfd288321f0
引用: https://i.pinimg.com/564x/a4/0d/22/a40d22c5d82dd40f0795cdfd288321f0.jpg

コーヒー豆をこだわる

020449506c86e5ebabac32d7e629f591
引用: https://i.pinimg.com/564x/02/04/49/020449506c86e5ebabac32d7e629f591.jpg
翻弄に美味しいコーヒーが飲みたい方はコーヒー豆からこだわりましょう。コーヒー豆は色々な種類があり、数えれば南寿宗類と分けることができるのですが、その一つ一つにクセや苦味、酸味、フルーティーなものなど色々違いがあります。その中であなたが一番のみ安いと思うものやおいしいと思うコーヒー豆を探してみることをおすすめします。コーヒーは淹れ方ひとつで味が変わりますが、コーヒー豆にこだわることでさらに味の変化が楽しめます。コーヒーは簡単に手に入る飲み物ですが追求すればするほど奥の深い飲み物です。
2e0edcdc3a91579581914433a9aff813
引用: https://i.pinimg.com/236x/2e/0e/dc/2e0edcdc3a91579581914433a9aff813.jpg

コーヒー豆は量り売りで購入

191c3fd5bb2a8ee047b1197c54569227
引用: https://i.pinimg.com/564x/19/1c/3f/191c3fd5bb2a8ee047b1197c54569227.jpg
コーヒー豆はインスタントやパックに既に入っているものなどありますが、本当にコーヒーを楽しみたいという方は百貨店やコーヒー豆専門店などで購入することをおすすめします。コーヒー豆を取り扱うお店なら知識も豊富にあるので初心者でも分からない事でも教えてくれます。コーヒー豆を購入する時は賞味期限兄に飲み切れる目安を考えて購入しましょう。コーヒー豆は鮮度が命です。
Ccbc378372fffb349713c330b723e65e
引用: https://i.pinimg.com/564x/cc/bc/37/ccbc378372fffb349713c330b723e65e.jpg

関連記事

コーヒー豆を量り売りできるお店

43dd2c12da2adbc413a7cd32d264902b
引用: https://i.pinimg.com/564x/43/dd/2c/43dd2c12da2adbc413a7cd32d264902b.jpg
コーヒー豆を量り売りできるお店をご紹介します。コーヒー豆は焙煎方法で味が変わるため同じ名前で売られている豆でもお店によって味が異なります。そこで量り売りしているおすすめのコーヒーショップをご紹介します。

量り売りできるおすすめのお店①カルディ

量り売りできることで有名なのがカルディです。カルディはお店やインターネットでも購入できるので気軽に簡単い購入できるのがポイントです。また、公式サイトにはカルディコーヒーのおいしい淹れ方なども掲載されていますので、初心者の方でも安心して美味しいコーヒーが楽しめます。カルディは200gから購入できますので一人分だけで楽しむのにぴったしの量で販売されています。

量り売りできるおすすめのお店②スターバックス

スターバックスコーヒーは若者に人気のあるお菓子感覚で楽しめるコーヒーショップで、本当のコーヒー通たちには嫌われているお店ですが、実はスターバックスのコーヒーしっかりしているのです。気になる方はスターバックスの公式サイトで購入してみることをおすすめします。

量り売りできるおすすめのお店③小川珈琲

小川珈琲はコーヒー好きに人気のあるお店です。小川珈琲は量り売りをやめましたが、インターネットで gから購入することができます。150gなら初心者や豆を試したい方におすすめです。一人分程度なら150gが丁度いい量です。

コーヒー豆は鮮度が命

8aa6abfc82f677ebdcf52c1fe4f79d83
引用: https://i.pinimg.com/564x/8a/a6/ab/8aa6abfc82f677ebdcf52c1fe4f79d83.jpg
コーヒー豆は量り売りなどで購入できるのですが、基本的には500gが定番で豆を選ぶと量など言わない場合は500gで提供されます。ですがコーヒー豆は実は生鮮食品なので賞味期限があります。コーヒー豆は焙煎してから1か月が基本的な賞味期限なので、1か月以内に飲み切れる量を購入しましょう。コーヒー豆は1杯だと数十グラムしか使いません一人分を毎日1杯飲んでも使いきれるものではありません。コーヒー豆は鮮度を守っておいしく頂きましょう。
27f2ebcb1c9928340a5d3e35a78b2ed6
引用: https://i.pinimg.com/564x/27/f2/eb/27f2ebcb1c9928340a5d3e35a78b2ed6.jpg

コーヒー豆の保存方法①鮮度を守るため一人分の量で分けて保存

コーヒー豆は1か月しか賞味期限がありません。そこでおススメの保存方法は一人分か1杯分で小分けにして冷凍庫で保存する方法です。なぜ小分けにするかと言いますと、コーヒー豆は冷凍で保存するのが鮮度を落とさず保存できる方法ですが使用する度暖かいところに大sてまた冷やすという行動はいくら冷凍庫に入れていても鮮度は落ちます。なので、小分けにして保存しましょう。

コーヒー1杯のコーヒー豆の量

0487c3f86c21e999788ace53a74205c7
引用: https://i.pinimg.com/564x/04/87/c3/0487c3f86c21e999788ace53a74205c7.jpg
コーヒー1杯に使うコーヒー豆の量をご紹介します。今回ご紹介する量はコーヒーカップ1杯分の量です。コーヒー1杯分のコーヒー豆の量は10gが目安です。基本量はこのぐらいの目安でもいいのですが、味が濃いと感じる方や薄いと感じる方は好みの味になるように豆の量を調整してください。

コーヒー豆の計り方

679e49f412057f4f6890f7f6181fde63
引用: https://i.pinimg.com/564x/67/9e/49/679e49f412057f4f6890f7f6181fde63.jpg
コーヒー豆の計り方は計量器を使いコーヒー豆専用の計量スプーンを使用して計る方法があります。コーヒー豆の計り方はこの方法が一般的ですが、コーヒー豆専用スプーンを使用しない計り方もあります。例えば料理などに使う計量スプーンです。計量スプーンなら問題なく計ることができます。

コーヒー粉の計り方

3ef6758c9d7ed6aae3f4fb455031d6de
引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/f6/75/3ef6758c9d7ed6aae3f4fb455031d6de.jpg
上記で紹介した計り方は焙煎したコーヒー豆の状態での計り方です。コーヒー粉と言うのは引いた状態の豆のことを言います。計り方はコーヒー豆と計り方は同じですが、挽く前のコーヒー豆だと目安でしか計れませんが、挽いた後の方がむらなく細かい数字で計ることができます。

コーヒー豆だけでなく水にもこだわる

F2a5986b158bd419457603daf10c58f1
引用: https://i.pinimg.com/564x/f2/a5/98/f2a5986b158bd419457603daf10c58f1.jpg
コーヒーはコーヒー豆だけでなくコーヒー淹れるための水にもこだわりましょう。コーヒーは豆の種類や鮮度、淹れ方で味が変わりますが、使用する水も味の変化に影響を与えます。コーヒーに使用する水はミネラルウォーターを使用することをおすすめします。ミネラルウォーターを使用することで水の雑味を無くしコーヒー本来の味を邪魔することがないためおすすめです。ミネラルウォーターを使用しなくても水道水を使用することができますが、水道水には注意が必要です。

コーヒーに水道水を使うために

コーヒーに使用する水道水の注意事項ですが、汲みたての水道水を使用しましょう。組み立てでないと味が落ちます。また、コーヒーに適温と言われる温度は85℃から90℃と言われていますが、水道水には塩素が含まれてますので、しっかりと煮沸させましょう。しっかりと煮沸させることで塩素の嫌な臭みもある程度は期限されます。そして1番重要なのが水道を出してすぐに出てくる水は使わないことです。水道を出したときに出てくる水は水道管に溜まっている鮮度の落ちた水です。鮮度が落ちると味が落ちますので、使用は避けましょう。やはりできるならばミネラルウォーターの使用をおすすめします。

関連記事

初心者でもできるコーヒー豆から作るコーヒーの淹れ方

52d718f591dae97b4f9a5455d852f2ec
引用: https://i.pinimg.com/564x/52/d7/18/52d718f591dae97b4f9a5455d852f2ec.jpg
初心者でも美味しく淹れることができるコーヒーの作りをご紹介します。コーヒーに使用する豆の量は一人分か1杯分で水の量が変わります。一人分は飲むコップの大きさや飲む方の量に合わせて水や豆を調整するようにしましょう。1杯分なら10グラムを目安に使用します。水の量はコーヒー1杯分に対し180mlを使用します。1、コーヒー豆を挽いてコーヒーフィルターに平らになるように入れます。2、85℃から90℃のお湯を「の」の字を書くようにゆっくりと注ぎます。3、コーヒーカップに移せば完成です。

水出しコーヒーとは

C2a9cdb0c60ae1dac302008a2d251de0
引用: https://i.pinimg.com/564x/c2/a9/cd/c2a9cdb0c60ae1dac302008a2d251de0.jpg
近年人気のある水出しコーヒーですが、知らない人が多いのです。そこで水出しコーヒーについてご紹介します。水出しコーヒーはアイスコーヒーと一緒にされますが、全く違うものです。アイスコーヒーは暖かい濃い目に入れたコーヒーを氷を使って冷やす飲み方です。水出しコーヒーは氷を使わず水でコーヒーを作ることを言います。
1ab5e23a83c5bc7c955fc301bbf4ecda
引用: https://i.pinimg.com/564x/1a/b5/e2/1ab5e23a83c5bc7c955fc301bbf4ecda.jpg

水出しコーヒーの1杯分の作る量

5c4c2700a1f8577ce3ea8adabd5d14be
引用: https://i.pinimg.com/564x/5c/4c/27/5c4c2700a1f8577ce3ea8adabd5d14be.jpg
水出しコーヒーを1杯入れるために必要なコーヒー豆の量は15グラムがおすすめです。この分量はあくまでも目安なので好みによって量を変更しても美味しく頂けます。一回で3杯分作る時は35グラムがおすすめです。こちらも目安なので変更しても構いません。
0dff3610b6bf1763d159b87de8bf5cf4
引用: https://i.pinimg.com/564x/0d/ff/36/0dff3610b6bf1763d159b87de8bf5cf4.jpg

水出しコーヒーの作り方

3b2f108c1fc330b8940a65ae34cb33ce
引用: https://i.pinimg.com/564x/3b/2f/10/3b2f108c1fc330b8940a65ae34cb33ce.jpg
今回ご紹介する作り方は専用器具を使わない水出しコーヒーです。コーヒー豆を35g、お水は500mlで作る方法をご紹介します。1、コーヒーサーバーに挽いた豆と水を入れ軽くかき混ぜ1晩置きます。2、1晩置いたものをコーヒーフィルターを使用してこします。できれば完成です。
C47c2dd7829e771190e8a5a15efb76d2
引用: https://i.pinimg.com/564x/c4/7c/2d/c47c2dd7829e771190e8a5a15efb76d2.jpg

まとめ

コーヒー豆について参考になったでしょうか。コーヒー豆は飲む量によってコーヒー豆の量が異なります。また、豆の種類や挽き方によっても味が変わるのでとても奥の深い飲み物です。初心者でも簡単に始められるのがポイントです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/c4/5e/1c/c45e1cd1d0bde1c0bdbde77b8faa0e1e.jpg