Cgnfle4aac846xecziyx

収納・整理

CATEGORY | 収納・整理

夜の洗濯って?外干しor部屋干し?時間はどれくらい?メリット?

2018.05.05

近頃、昼間忙しいなどの理由で夜に洗濯をする方も増えています。時間的なことなど、わざわざ夜に洗濯を行うメリットがそこには確かに存在しているようです。気になる夜の洗濯事情について、洗濯物の外干し・部屋干しの比較や、虫対策など、ポイントを解説します。

目次

  1. はじめに
  2. 一般的な夜洗濯のメリット① 日中時間がない人向き
  3. 一般的な夜洗濯のメリット② 一日着用した服をすぐに洗濯出来る
  4. 一般的な夜洗濯のメリット③ 季節・天候に左右されない
  5. 限定者向きの夜洗濯メリット① 電気代を安く抑える
  6. 限定者向きの夜洗濯メリット② 風呂の残り湯を使う場合、清潔なお湯が使える
  7. 夜洗濯の注意点① 時間帯の配慮、それなりの騒音が出ることも知っておく
  8. 夜洗濯の注意点② 洗濯物が乾きにくい、臭いに繋がることがある
  9. 夜の洗濯について「干す」観点からも考察① 日焼けによる色褪せを防ぐ
  10. 夜の洗濯について「干す」観点からも考察② 汚れの付着について
  11. 夜の洗濯における外干しのメリット 乾きやすさ
  12. 夜の洗濯における部屋干しのメリット 季節的によっては抜群の効果
  13. 夜の洗濯における外干しの注意点① 朝露などによる湿気
  14. 夜の洗濯における外干しの注意点② 防犯上の問題
  15. 夜の洗濯における外干しの注意点③ 周囲からの目
  16. 夜の洗濯における外干しの注意点④ 虫の飛来
  17. 夜の洗濯について! 夜に干す場合でもしっかり乾かすコツ
  18. 最後に

洗濯といえば昼間にするイメージがありますが、仕事やプライベートで忙しいあなたには夜の洗濯がおすすめです。それでは夜の洗濯に伴うメリット、デメリットを紹介していきます。

Large
引用: https://storage.tenki.jp/storage/static-images/suppl/article/image/1/11/110/11041/1/large.jpg

基本的に日中は不在、朝時間に追われたくないなど、昼間の洗濯が困難、もしくはライフスタイルに合わない方には、夜の洗濯が向いています。洗濯という、家事の中でも時間を労する作業をカットすることで、慌ただしい朝にもゆとりが生まれます。

Cb3ba4ab37aa3861dc5704c679bd14fd
引用: https://base-ec2.akamaized.net/images/item/origin/cb3ba4ab37aa3861dc5704c679bd14fd.jpg

一日着た服には汗や汚れが付着しています。それらをそのまま放置して時間が経つと雑菌が増殖します。着た服はその日のうちに洗うことで、雑菌を繁殖させることなく衛生的に洗濯を行うことができます。洗濯後の臭い残りも、しばらく放置して時間の経った洗濯物と比べてかなりの違いを実感できます。

Large
引用: https://storage.tenki.jp/storage/static-images/suppl/article/image/1/13/130/13021/1/large.jpg

梅雨や冬場など、季節や天候によって洗濯物が乾きにくい時期があります。そういった時期はたとえ昼間に洗濯したとしても、どのみち外干しは難しいといえます。それならいっそ時間に余裕がもてる夜に洗濯しても同じことです。つまり裏を返せば夜洗濯は「季節や天候に左右されることなく、いつでも可能」ということです。臨機応変に対応できるのも夜洗濯のメリットです。

Imasia 13151246 m e1438681278236
引用: https://static.enechange.jp/articles/wp-content/uploads/2015/08/imasia_13151246_M-e1438681278236.jpg

もし夜間電力の使用契約をされている場合、夜の洗濯で電気代を抑えることができます。お住まいの地域により夜間電力のプランに違いはありますが、金銭面で節約になります。

2016072000011
引用: https://i2.wp.com/kininaruseikatu.net/wp-content/uploads/2016/07/2016072000011.jpg?resize=540%2C320

入浴後、時間が経った風呂の残り湯には雑菌が大量増殖しています。ここでいう「清潔」とは入浴前のようにとはいえませんが、入浴直後のお湯を使う場合と、時間が経過して雑菌の湧いたものを使うのとでは雲泥の差があります。洗濯洗剤はだいたい36~37℃で最も汚れが落ちやすいといわれるため、入浴直後の温かいお湯を使うことで、洗濯効果は高まります。それでも雑菌が気になる方は、すすぎの際は残り湯は使わず、水道水を使用するのがおすすめです。

先に紹介した一般的なメリットに比べ、上記の限定者向きの①と②は対象の方が少し絞られますが、これらが該当する場合は、夜の洗濯によってそれなりの経済的な恩恵を得られることになります。

1 / 4