Hucabucruc4muv13so7n

カップル

CATEGORY | カテゴリー

付き合う前のラインは頻度と話題がカギ!女性が喜ぶラインを徹底解説!

2018.05.05

付き合う前のラインは男女ともに気になるもので緊張するものでもあります。ラインは付き合う前に必ず通る道ですが、質問や返事の頻度、話題によって脈ありか脈なしかなど分かってしまいます。そこで脈あり男になるための女性受けしやすい話題や返事、質問などをご紹介します。

目次

  1. 付き合う前は関係によってラインの内容が変わる
  2. 付き合う前の関係①知り合って間もないことのライン
  3. 付き合う前の関係②友人関係のライン
  4. 付き合う前の関係③デートする関係のライン
  5. 付き合う前の関係④意識し合う関係のライン
  6. 脈ありでもダメなNGライン
  7. 付き合う前のラインで脈ありかが分かる
  8. 脈なしラインの返事
  9. 付き合う前はライン以外にも必要
  10. まとめ
9b129fd88ee0f039cf1192de7ac6ba4c
引用: https://i.pinimg.com/564x/9b/12/9f/9b129fd88ee0f039cf1192de7ac6ba4c.jpg

付き合う前の関係と言っても相手と今の状態によって内容が変わってきます。ラインの内容と言うのは話題や返事の頻度や質問していいことなどいろいろあります。相手との関係によっては嫌われる内容もあるのでしっかりと関係を確認してから送るようにしましょう。そこで関係によって変わる返事や頻度してもいい話題や質問などをご紹介します。

4b013351e45c723fde80677cb6a22654
引用: https://i.pinimg.com/564x/4b/01/33/4b013351e45c723fde80677cb6a22654.jpg

関連記事

知り合って間もないころの関係は一番盛り上がる時期でもあり、お互いが相手のことを知ろうとする時期でもあります。この時は返事の頻度が多くなる期間でもありますので、返事の頻度は相手のペースに合わせるのが番いいかと思います。遅すぎるのも早すぎるのも嫌がられる原因です。また、話題は日頃あったことから今までの経験を話してもいいですが、暗い話題や自慢話になるような嫌がられる話題は避けましょう。明るい雰囲気のラインを続けると関係が上手く長く続きます。また、質問は聞いてほしいと女性が思う部分を察して聞くようにしましょう。気になることはまだ聞くことは避けましょう。

Eac53dac67a2d4c8840de38ea1ab70cc
引用: https://i.pinimg.com/564x/ea/c5/3d/eac53dac67a2d4c8840de38ea1ab70cc.jpg
3265a9b64289d9d58b9149884e8e5851
引用: https://i.pinimg.com/564x/32/65/a9/3265a9b64289d9d58b9149884e8e5851.jpg

友人関係の場合のラインはある程度細かい詳細や知り合って間もないころに聞けなかった質問などをしてもいい時期です。話題や質問は暗くない話や自慢話は避けるのがおすすめです。また、相手がこちらに気がある場合はあなたの話が聞きたい方が多くいますので、自慢話にならないような話をしましょう。ラインの返事の頻度や速さは相手のペースよりも気持ち早いぐらいがおすすめです。友達関係なら自分が相手に気があるというアピールを嫌がられない程度にすることをおすすめします。相手に彼氏がいるかどうかなどのプライベートな質問は避け、彼氏の有無を知りたいのなら当たり障りのないように聞き出すか、会話内容などで察しましょう。

B37905e3dd6701d93ace1b8afcabc6f7
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/79/05/b37905e3dd6701d93ace1b8afcabc6f7.jpg
6f00979b4ec2d1316858c6c5436f378a
引用: https://i.pinimg.com/564x/6f/00/97/6f00979b4ec2d1316858c6c5436f378a.jpg

デートまで行く関係となればプライベートの部分も少しだけ聞いてもいい時期です。デートに行けるのはある程度関係が進んでいる証拠でもあります。デートは相手が気を許した男性としか基本はしません。デートに行けることは、関係がうまく進んでいるということなので少し説教区的に行ける時期です。ラインの頻度も積極的に増やし自分お話だけでなく相手の話を聞き出したりすれば尚更いいことです。そして、男性がめんどくさがる女性からの悩み相談ですが、答えれる範囲の質問は真剣に考え答えましょう。真剣に向き合ってくれる姿勢が関係を深めるチャンスにもなります。好きならば相手のことをすべて知り相手が思う気持ちを理解してあげることをしましょう。

1 / 4