Sdgmh5euytoxagav9wxj

メニュー

CATEGORY | カテゴリー

朝ストレッチの定番メニューは?筋トレ前のメニューを動画付きで解説!

2018.05.04

朝起きてからストレッチを行うことで目覚めをスッキリとさせることができます。ここでは朝ストレッチの具体的なメニューを紹介しています。ストレッチを行うタイミングやベッドの上でも出来るメニューなども動画付きで解説しているので、毎日の生活にいかしてみてください。

目次

  1. 朝ストレッチをやる意味はあるの?
  2. 朝ストレッチのタイミングは起きてスグ?少し経ってから?
  3. 朝ストレッチはベッドの上でもOK!
  4. 朝ストレッチのメニューは動画で勉強しよう
  5. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画①「朝、寝起きの腰痛撃退ストレッチはこれ!」
  6. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画②「1分で出来る☆朝の下半身ストレッチ」
  7. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画③「朝ヨガでダイエット成功!ストレッチで一日中快適&ダイエット効果抜群」
  8. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画④「朝ヨガで目覚めスッキリ【ヨガ】」
  9. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画⑤「朝のストレッチで簡単にダイエットしよう♡」
  10. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画⑥「【朝のストレッチ】Morning Stretch」
  11. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画⑦「朝ヨガ |寝たままでたったの7分!」
  12. 朝ストレッチで日中を穏やかに過ごそう

なんとなく起きてからストレッチを刷ることで健康になりそう、というイメージを持っている人が多いと思いますが、朝ストレッチにどんな効果があるのか本当の意味で理解出来ている人は少ないでしょう。朝ベッドから起きてストレッチをすることで、体が寝ている状態から活動できる状態まで起こしてあげることができます。これによって、目覚めが良くなったり日中の代謝を上げることができるので、痩せるといったダイエット効果にも多少期待できるでしょう。

ストレッチは、筋トレやランニングとは違いベッドの上でも行うことができます。そのため、実行に移すまでのハードルが非常に低いのが特徴です。ベッドの上で目覚ましのアラームを止めたら、そのまま起き上がって、ベッドの上でストレッチを行ないましょう。目が覚めてスッキリするので、朝の洗顔や歯磨き、着替えといった忙しい朝の時間帯でも、ストレスなくスムーズな動きができるでしょう。今回はキッチリと数分間行うメニューを多く紹介していますが、ちょっとだけ脚を伸ばしたり、上半身のストレッチをするだけでも多少の効果を望めるので、まずは簡単で手軽なものから是非とも挑戦してみてください。

関連記事

ストレッチを行うタイミングについて悩んでいる人がいるかもしれませんが、そこまで深刻に考える必要はありません。ストレッチは筋トレやランニングとは違って、軽い運動なのでどんなタイミングであっても悪影響は少ないでしょう。食事直後といったタイミングでは、消化不良を起こしてしまう可能性があるので避けたいですが、それ以外のタイミングであれば特に大きな問題はありません。

そのため、目覚めてスグのタイミングでベッド上でストレッチを行うのがおすすめです。何かをしてからストレッチをやろうと思って後回しにしていると、タイミングを失ってしまい、結局何もしなかったということになりかねません。やって損の無いストレッチですから、良いタイミングを探すのではなく、出来るタイミングを探していきましょう。また、ストレッチは一日の中で何回やってもOKなので、仕事中であっても気持ちをリフレッシュしたいタイミングなどに多なっていくのがおすすめです。

1/6