2018年05月04日 UPDATE

ドリップポットのおすすめの選び方は?100均アイテムも!

ドリップポットはコーヒーを家やアウトドアで飲む際には欠かせないアイテムですし、だからこそ選び方には悩むもの。そこでドリップポットを1人用まで徹底比較、おすすめの選び方をご紹介!また有名100均ダイソーのフィルターも紹介!100均アイテムも意外といいかも?

目次

  1. ドリップポットの選び方
  2. 【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:タカヒロ コーヒードリップポット 雫
  3. 【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:ボンマック ドリップポットPro
  4. 【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:One drip pote
  5. 【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:AIHOME
  6. 【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:Kalita
  7. 【ダイソー】ドリップポットと一緒に100均アイテムを活用:フィルターの選び方
  8. 【ダイソー】ドリップポットと一緒に100均アイテムを活用:ドリッパーの選び方
  9. 【ダイソー】ドリップポットと一緒に100均アイテムを活用:タンプラーの選び方
  10. ドリップポットのおすすめの選び方は?100均~高級物まで徹底解説!のまとめ

ドリップポットの選び方

F89a0d0863680ea6a5e48e3a39850477 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f8/f89a0d0863680ea6a5e48e3a39850477_t.jpeg

ドリップポットを選ぶ際、何を基本として選べばよいのでしょうか?お湯の入る量や本体の軽さ、注ぎ口の形や幅、持ち安さなど、チェックするポイントは様々です。今回は、そんな疑問を解消するためにおすすめのドリップポットを徹底比較したいと思います。少し高めのものから、気軽に利用できるリーズナブルなもの、アウトドアでも利用できる、1人用のものなど、用途に合わせて利用できるドリップポットを集めてみました。また、ドリップポットと一緒に利用できるアイテムも100均からもピックアップ。ドリップポットと100均グッズで、素敵なコーヒータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?では、早速見てみましょう。

【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:タカヒロ コーヒードリップポット 雫

61z43me05jl. sl1300
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61z43Me05jL._SL1300_.jpg
51x82hpooul. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51x82hpoouL._SL1000_.jpg

最初にご紹介するのは、タカヒロのドリップポット「雫」です。ステンレス製で錆にも強く、直火で利用することができるのが最大の特徴。注ぎ口を細くしているため、少量からの注ぎにも対応しています。お湯が、注ぎ口から真下に落ちるイメージで作られているため、こぼれにくく、簡単にドリップコーヒーを楽しむことができます。価格は、15000円ほど。ドリップポットの中でも、高級な商品となっています。まさに、コーヒーが大好きな方におすすめしたい逸品です。

【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:ボンマック ドリップポットPro

51lim8mbtbl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LIM8MbtbL._SL1000_.jpg
61ujuoumjcl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61UjuoUmjcL._SL1000_.jpg

続いてご紹介するのは、ボンマックのドリップ「Pro」です。注ぎ易さと湯量コントロールのし易さに優れているドリップポットです。注ぎ口の先端は、波型にカット。そうすることにより、お湯の注ぎ口が長くなり、視認性が高くなっています。蓋は、本体を傾けても落ちにくい低重心設計を施し、中のお湯がこぼれないように工夫されています。ハンドルは、ブナ素材を使用し、手にフィットするようにおしゃれなデザインを採用。細かいところまで、使う人のことを考えて作られた逸品です。価格は、10000円ほどとなっています。

【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:One drip pote

Pg32802 s1
引用: https://shop.r10s.jp/fcinterior/cabinet/coffee_pg/pg32802_s1.jpg
Pg32802 s5
引用: https://shop.r10s.jp/fcinterior/cabinet/coffee_pg/pg32802_s5.jpg

続いてご紹介するのは、株式会社フォームレディのドリップポット「one drip pote」です。このドリップポットは1人用。1人でも気軽に美味しいコーヒーが飲めるように作られました。お湯が入る容量は200ミリリットルとコンパクトなサイズなため、1杯のコーヒーを飲みたい時には大活躍します。手のひらサイズで軽いため、女性にもピッタリ。斜めにカットされた先端からは、細く静かにお湯を注ぐことができます。価格は、4000円ほど。インテリアとした飾っておくだけでも、おしゃれです。1人用のドリップが欲しかった人にはおすすめです。

【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:AIHOME

51eyr7wyn4l. sl1001
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51EyR7wYn4L._SL1001_.jpg
71x1fxjya0l. sl1001
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71x1Fxjya0L._SL1001_.jpg

続いてご紹介するのは、AIHOMEのドリップポット。こちらのドリップポットは、350ミリリットルのお湯が入る1人用のドリップポットです。先端は、極細タイプ。安定性に優れ垂直にお湯を注ぐことができ、初心者でも簡単に美味しいドリップコーヒーを楽しむことができます。また、お湯が入る量も少ないので、作り置きをしたくない人にもうってつけ。1人用として、抜群の機能を果たすAIHOMEのドリップポット。価格は、1300円とかなりの安さ。色も赤・青・黒・ゴールドの4種類を用意しています。

【100均アイテムも大活躍!】おすすめドリップポットの比較と選び方:Kalita

Od yamakei 10497819
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/od-yamakei_10497819

続いてご紹介するのは、Kalitaのドリップポット「ニューカントリー」です。このドリップポットは、お家ではもちろん、アウトドアで活躍してくれる優れもの。一気にお湯を入れるとができるため、時間短縮にもなります。シャワーポットでフタし、蒸らすことができるため、いつでも美味しいコーヒーがいただけるのも特徴。ドリッパーもセットになった簡易的なド設計でアウトドアにピッタリです。重さも535グラムと軽く、荷物が多いアウトドアでも気軽に持って行けます。価格は、6500円ほどとなっています。

【ダイソー】ドリップポットと一緒に100均アイテムを活用:フィルターの選び方

7365ab1595fea62930547b620175a78b t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/73/7365ab1595fea62930547b620175a78b_t.jpeg

コーヒーを飲む際に必要となるフィルターは使い捨てタイプがおすすめ。100円ショップで有名なダイソーでは、一袋100枚ほどが入ったフィルターが売られています。もちろん、使い捨てができるため、コーヒーが大好きな方には、愛用されている商品。あまりゴミにもならないので、アウトドアにも最適です。もちろん、1人用のコーヒーを作るときでも役立ちます。

【ダイソー】ドリップポットと一緒に100均アイテムを活用:ドリッパーの選び方

Gahag 0069959106 1
引用: http://gahag.net/img/201603/28s/gahag-0069959106-1.jpg
20170111215905
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nekotohina/20170111/20170111215905.jpg

ドリッパーは、フィルターのスタンドとして活躍してるもの。ドリッパーもダイソーで取り扱っています。100均は安い価格が売りではありますが、その機能は価格以上のもの。ドリッパーも水でサッと洗うことができる優れものです。コップに直接コーヒーを注ぐことができるというのも大きな利点です。

【ダイソー】ドリップポットと一緒に100均アイテムを活用:タンプラーの選び方

美味しいコーヒーをアウトドアでも温かく飲めるタンプラー。この商品も100均アイテムのダイソーで取り扱っています。タンプラーには、蓋も付いているため、コーヒーが冷めにくいというのも特徴。ダイソーのタンプラーは、透明デザインで、自分の好きな紙に埋め込んでオリジナルのタンプラーを作ることができます。違ったデザインだと、アウトドアなどにいかれた際、どのタンプラーが自分なのかわかる目印にもなります。その他にもダイソーには色々なタンプラーを揃えています。是非、比較してみてください。

タンプラーを持ち歩くのが面倒な方には、「紙コップスリーブ」がおすすめ。この商品もダイソーが販売しているもの。この紙コップスリーブは、薄い紙コップにはめるだけで、熱いコーヒーでも持ちやすくしてくれるアイテムです。レザーを使用しており、見た目も可愛くカラーのバリエーションも豊富。アウトドアでも大活躍してくれます。また、ホルダーが付いているので、バッグにかけて持ち歩くこともできます。

関連記事

ドリップポットのおすすめの選び方は?100均~高級物まで徹底解説!のまとめ

51ac1iyibhl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AC1IyIBhL._SL1000_.jpg

ドリップポットの選び方とおすすめの商品の比較についてご紹介しました。高級なドリップポットから格安で手に入る1人用のドリップポット、外でも美味しいコーヒーが楽しめるアウトドアにピッタリのドリップポットなど、おしゃれで大活躍してくれるドリップポットは、他にもまだまだたくさんあります。また、美味しいコーヒーを飲むために、ドリップポット同様活躍してくれる100均アイテムはコーヒーを作る上では外せません。1人用のドリップポットで1人で楽しむもよし、気の合う仲間と一緒に大自然の中で美味しいコーヒーを味わうもよし、お部屋でゆっくりと自分の好きなコーヒーの味わいを堪能するもよし。ドリップポットがあればいつでも美味しいコーヒーを淹れることができます。また、ドリップポットは、棚に置いているだけでもインテリアとして活用ができます。皆さんの心を癒してくれるアイテムとして、ドリップポットは活躍してくれること間違いなしでしょう。是非、お気に入りのドリップポットとアイテムで、素敵なコーヒータイムをお過ごしください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/73/7365ab1595fea62930547b620175a78b_t.jpeg