2018年05月04日 UPDATE

革クリームをおすすめを比較!経年変化を楽しんで良い色を出そう!

革製品は、使うほどに黒や茶色などに経年変化による深みが出ておすすめです。ただし経年変化を楽しむにはクリームなどでケアをする必要があります。そこで今回は革製品の手入れにおすすめなクリームやその他の代用品の効果を比較していきます!くれぐれも塗りすぎにはご注意を!

目次

  1. 経年変化を楽しめる革製品。黒や茶色でも使えるおすすめのクリームは?
  2. おすすめクリームを使って革製品を早く経年変化させて味を出したい。革製品のエイジングとは?
  3. 塗りすぎ注意。黒や茶色でもクリーム手入れで綺麗になる!おすすめの経年変化を楽しめる革の特徴とは?
  4. 経年変化を楽しむのに必要な革製品のツヤ。ツヤを得るにも条件がある?
  5. 経年変化でなめらかになり、形も変わる革製品の魅力。正しい革製品の扱い方とは?
  6. 黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその1:コロニル 栄養クリーム 1909 シュプリームクリームデラックス 100ml
  7. 黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその2:サフィールノワール クリーム クレム1925 75ml
  8. 黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその3:エム・モゥブレィ デリケートクリーム 2026
  9. 黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその4:ラナパー レザートリートメント
  10. 黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその5:コロニル 汚れ落とし シリコンポリッシュ 75ml
  11. クリームは塗りすぎないように革製品をケアして、おしゃれで最高のアイテムに育てよう!

経年変化を楽しめる革製品。黒や茶色でも使えるおすすめのクリームは?

B15e006afc098f89374eb7e92d8c8a4d
引用: https://i.pinimg.com/564x/b1/5e/00/b15e006afc098f89374eb7e92d8c8a4d.jpg

革製品と言えば、大人っぽくておしゃれなだけではなく、使えば使うほど経年変化を楽しめるのが魅力。黒や茶色の革製品でも、ツヤが出てきれいになる。革クリームが無い時は代用品で対応するなど、手入れの有無で比較しても、革は味が出るクールなアイテムと言えるだろう。

Leather texture for background 1385 1140
引用: https://image.freepik.com/free-photo/leather-texture-for-background_1385-1140.jpg

しかしながら、クリームや代用品でケアしながらも、どの革製品も比較したところで使えば使うほど味が出るというわけではない。選ばれた革だけが味を出す事が出来るのだ。経年変化を得るためにクリームや代用品の塗りすぎてしまいがちだが、果たしてどんな革が経年変化を楽しめるのか、またその手入れ方法や、革クリーム製品をご紹介しよう!

関連記事

おすすめクリームを使って革製品を早く経年変化させて味を出したい。革製品のエイジングとは?

7cbc8e2d855e7f81d51f6ce8399c83ff
引用: https://i.pinimg.com/564x/7c/bc/8e/7cbc8e2d855e7f81d51f6ce8399c83ff.jpg

革製品を手に入れたなら、早く美しく綺麗な革にしたいと思う人も多いだろう。買った当初と比較して固く感じてしまう革とは違い、使えば使うほど柔らかくなって味が出る変化を「エイジング」という。クリームや代用品のオイルでもでもエイジングを早める事は可能だが、塗りすぎには注意。そもそも、エイジングとはどんな言葉なのだろうか?

F4002720bc86aaf87580f1e8c9095eab
引用: https://i.pinimg.com/564x/f4/00/27/f4002720bc86aaf87580f1e8c9095eab.jpg
エイジングの原義は年齢を重ねていくこと、つまり「加齢」である。この意味ではヒトは受精の瞬間からエイジングを始める。しかし日本では、高齢社会の進展とともにエイジングへの関心は高まり、「老化」という意味でこの語を使う場合がある。また老化に抵抗、対抗するという意味で、アンチエイジングという言葉も使われる。加齢関連性の疾患を予防したり治療する医療は、抗老化医学と呼ばれる。

B4b31d94ca7a20e81dd429bfe4b1ba6d
引用: https://i.pinimg.com/564x/b4/b3/1d/b4b31d94ca7a20e81dd429bfe4b1ba6d.jpg

革製品におけるエイジングとは、経年変化によりその外観とやわらかさなどが変化し、美しいツヤが出る、そのすべての変化の事を指している。黒はもちろん、茶色の革でも見違えるほど味が出るので、代用オイルやクリームは塗りすぎない程度に、できれば早めにこの効果を得たいところである。

関連記事

塗りすぎ注意。黒や茶色でもクリーム手入れで綺麗になる!おすすめの経年変化を楽しめる革の特徴とは?

Leather boots and shoes 1203 8161
引用: https://image.freepik.com/free-photo/leather-boots-and-shoes_1203-8161.jpg

革製品のエイジングを楽しむには、クリームを使うほかに、その条件を満たす革製品を使用する必要がある。黒色や茶色の皮製品を綺麗に経年変化させるために、経年変化を楽しめる革の特徴をご紹介しよう。革製品の購入の際の参考にしよう!

タンニンなめしであること

3ecd98e8330d56eb020debc483b3869e
引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/cd/98/3ecd98e8330d56eb020debc483b3869e.jpg

革をなめす際に必要な処理として、なめしがある。革のなめしには、「タンニンなめし」と「クロムなめし」の2種類が存在する。動物の皮は、なめし処理なしには腐ってしまい使い物にならない。そのため、タンニンを使用して、丈夫で長期間にわたって使うことが出来るように処理をする。

革の経年変化は、時間によって酸化するタンニンの色の変化で得ることが出来る。この処理なしには、革の経年変化を楽しむことが出来ない。

染料仕上げであること

3d477bbe44a42f22ca80b37a446af9be
引用: https://i.pinimg.com/564x/3d/47/7b/3d477bbe44a42f22ca80b37a446af9be.jpg

革製品の色付けには、「染料仕上げ」と「顔料仕上げ」の2種類が存在する。革製品のエイジングを楽しむためには、染料仕上げであることが必要だ。染料仕上げとは、顔料仕上げと比較しても違っており、水溶性の染料を革全体にしみこませて色付けを行う手法である。染料だが透明度は高く、革の持つ味を損なうことなく染め上げることが可能だ。

これに対して顔料仕上げとは、水溶性とは反対の染料をつかうことにより、カラフルな革製品を作ることが可能だ。それゆえ、もともと革に傷のあるものなどに使われるほど、色がしっかりしみ込む。これにより、革の自然な色を楽しむことに向いていない。比較しても特徴が違うので、それに合わせて購入することをおすすめしたい。

経年変化を楽しむのに必要な革製品のツヤ。ツヤを得るにも条件がある?

86e58c591d90c9e085b6e4b16512c2bb
引用: https://i.pinimg.com/564x/86/e5/8c/86e58c591d90c9e085b6e4b16512c2bb.jpg

革製品の経年変化の魅力のもう一つは、革のツヤ。動物の革は、製品になるまでにいろいろな処理を経るわけだが、この革製品のツヤを楽しむにも条件がある。代用の効かない、せっかくの自分だけの革アイテムなので、その輝くツヤをたのしみたいところだ。ツヤを出す条件をご紹介。

オイルレザー処理をしていること

Oil liquid text on a white background 1182 731
引用: https://image.freepik.com/free-vector/oil-liquid-text-on-a-white-background_1182-731.jpg

オイルレザーとは、革を製品にする際に、オイルをしみ込ませている製品の事。革製品の表面だけでなく、芯の部分までたっぷりオイルがしみ込んでいるので、独特のツヤを見て取ることができる。また、ヌメ革になると、少量のオイルが使われているので、オイルレザーと比較するとややマットな仕上がりとなっている。

ヌメ革のような製品の場合は、専用のクリームを塗りすぎない程度で手入れをすることで、独特のツヤを取り入れることが可能。もとからオイルがしみ込んでいるオイルレザーに比べて、ツヤを出すのには根気と時間がかかってしまうのが特徴。

日常的にアイテムを使用する

38e5107f03372076d251f21f6ef19b6c
引用: https://i.pinimg.com/564x/38/e5/10/38e5107f03372076d251f21f6ef19b6c.jpg

代用の効かない、毎日使う財布や名刺入れが、オイルレザーなどで作られている場合は、毎日手に取ったり、使ったりすることで、手の油脂を吸収し、ツヤが出る。やはり、日常的に使えるアイテムの方がより早くツヤを出す事ができるのは言うまでもない。

経年変化でなめらかになり、形も変わる革製品の魅力。正しい革製品の扱い方とは?

Fc61ae223210ff1addf9f4675c7d8aa6
引用: https://i.pinimg.com/564x/fc/61/ae/fc61ae223210ff1addf9f4675c7d8aa6.jpg

革製品は、頑丈ながらデリケートなので、クリームの塗りすぎに注意しよう。もし、革製品が圧迫されるようなポケットの中に日常的に入っていると、革製品はゆがんだ形を形成してしまう。綺麗に革製品を使うために、財布や小物は鞄に入れて扱うようにしよう。また、汗などの水分は革製品にとっては悪影響を及ぼし、変色や変形の原因にもなりかねない。

Leather macro shot 1385 1283
引用: https://image.freepik.com/free-photo/leather-macro-shot_1385-1283.jpg

また、天然製品ならではの特長として、革製品にはでこぼこが見られる。革製品のでこぼこは、製品を使い込むことによる経年変化で、表面がなめらかになり、ツヤが出てくる。直射日光や湿気、水気を避けて、革製品にとって良い環境を心がければ、エイジングにより綺麗で滑らか、やわらかくておしゃれな革製品の誕生となる。

黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその1:コロニル 栄養クリーム 1909 シュプリームクリームデラックス 100ml

81ebfpk b1l. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81EBfPK-b1L._UL1500_.jpg
[コロニル] Collonil 栄養クリーム 1909 シュプリームクリームデラックス 100ml
価格 ¥ 2,285

ドイツ初のレザーケアトップブランドとして有名なコロニル。レザーを扱う人からの信頼も厚く、初心者はこの製品を選んで間違いないだろう。

黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその2:サフィールノワール クリーム クレム1925 75ml

81jimab64pl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81jIMAB64PL._UL1500_.jpg
[サフィールノワール] クリーム クレム1925 75ml
価格 ¥ 2,160

黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその3:エム・モゥブレィ デリケートクリーム 2026

71 jqp0d65l. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71-JqP0d65L._UL1500_.jpg
[エム・モゥブレィ] デリケートクリーム 2026
価格 ¥ 1,080

ゼリー状の革製品ケアのための栄養クリーム。手入れが簡単に行えて、無難な革用ケアクリームと言えるだろう。

黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその4:ラナパー レザートリートメント

71elnbbckxl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ElNBBckXL._UL1500_.jpg
[ラナパー] Renapur レザートリートメント Leather Balsam 100ml
価格 ¥ 2,127

光沢が出やすく、簡単に扱えるラナパーのレザートリートメント。ワセリンに近い成分で、保湿性にすぐれている。

黒や茶色の革製品。手入れで早く経年変化を作り出すおすすめクリームその5:コロニル 汚れ落とし シリコンポリッシュ 75ml

81xsfeb7bgl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81XSfEb7BgL._UL1500_.jpg
[コロニル] 汚れ落とし シリコンポリッシュ 75ml CN044045
価格 ¥ 1,296

クリームは塗りすぎないように革製品をケアして、おしゃれで最高のアイテムに育てよう!

E05aed3147ee9ec296037d5d8fa87ecd
引用: https://i.pinimg.com/564x/e0/5a/ed/e05aed3147ee9ec296037d5d8fa87ecd.jpg

ケア次第で経年変化を楽しめる革製品。通常のレザーと比較しても、滑らかでツヤのある、代用の効かない自分だけのレザーアイテムを所持したい。製法とクリームの塗りすぎには注意をして、慎重にケアしたい。革製品アイテムを最高のオリジナルアイテムに育てよう!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81k2SDIVaYL._UL1500_.jpg