2018年04月28日 UPDATE

リビングのソファーはいる?ソファなしは?画像つきで徹底解説!

リビングにソファーは当たり前のインテリア家具になっていますが、ソファなしはインテリア的に良いのか疑問に思う方もいると思います。そこで今回はソファなしのメリットやデメリット、リビングにソファーを置く際のソファー配置方法を画像つきで徹底解説していきます。

目次

  1. リビングにソファーはいる?ソファなしにする?
  2. 【リビングのソファーをソファなしにするメリット】部屋を広々と使える
  3. 【リビングのソファーをソファなしにするメリット】部屋が広く見える
  4. 【リビングのソファーをソファなしにするデメリット】目線が低くなる
  5. 【リビングのソファーをソファなしにするデメリット】圧迫感が出ることもある
  6. リビングにソファーを置く際の注意点
  7. 【リビングのソファー配置方法を画像つきで紹介】直列配置
  8. 【リビングのソファー配置方法を画像つきで紹介】L字配置
  9. 【リビングのソファー配置方法を画像つきで紹介】対向配置
  10. 【リビングのソファー配置方法を画像つきで紹介】センターテーブルを配置する場合は?
  11. リビングにソファーを置く際には視線を考えるのも大切
  12. リビングのソファーはいる?ソファなしは?画像つきで徹底解説!のまとめ

リビングにソファーはいる?ソファなしにする?

2980c8fef4aca6fca971a00f07617dee
引用: https://i.pinimg.com/564x/29/80/c8/2980c8fef4aca6fca971a00f07617dee.jpg

ソファーといえば今ではリビングの主役的な存在となっていますが、最近では部屋の間取りなどによってソファなしで生活する方も増えてきています。またソファーをリビングに置けるのであれば、インテリアとしてまとめりくつろげる空間を作り出すことができます。そこで今回はソファなしにするメリットやデメリット、リビングのソファー配置方法などを詳しく解説していきたいと思います。

関連記事

【リビングのソファーをソファなしにするメリット】部屋を広々と使える

B7cb5f7d371f6d75c0d6172679446904
引用: https://i.pinimg.com/564x/b7/cb/5f/b7cb5f7d371f6d75c0d6172679446904.jpg

リビングをソファなしにするメリットの一つ目は、部屋を広々と使うことができます。ソファーがあればその分リビングのスペースが取られてしまいますが、ソファなしにすることで、その場所をクッションなどを置いて広々と使うことができるんです。

【リビングのソファーをソファなしにするメリット】部屋が広く見える

137449d650acf89ef934da6129c0abe1
引用: https://i.pinimg.com/564x/13/74/49/137449d650acf89ef934da6129c0abe1.jpg

また広々を使うことができるだけでなく、部屋が広く見えるメリットもあります。ソファーがあればその分リビングに圧迫感を与えてしまうこともありますが、ソファなしにすることでゆったりとした空間に見せることができます。

【リビングのソファーをソファなしにするデメリット】目線が低くなる

19d771cfb1136859e51fc0cf49f57c9e
引用: https://i.pinimg.com/564x/19/d7/71/19d771cfb1136859e51fc0cf49f57c9e.jpg

リビングのソファーをソファなしにする時にはメリットもありますが、デメリットもあるんです。そんなデメリットには、ソファなしにすることで目線が低くなることも考えられます。ソファーがあればそれだけ目線が高くなりますが、ソファなしであれば基本的に床に座ることなるので目線が低くなってしまうんです。

【リビングのソファーをソファなしにするデメリット】圧迫感が出ることもある

26fee37d7e7987dd23531b79f4743fe4
引用: https://i.pinimg.com/564x/26/fe/e3/26fee37d7e7987dd23531b79f4743fe4.jpg

またソファなしにすることで、圧迫感が逆に出ることもあります。例えばソファなしの状態で、背が高い家具などを設置してしまうと、目線が低いこともあってそれだけリビングに圧迫感を与えてしまうこともあるんです。

関連記事

リビングにソファーを置く際の注意点

36d1774f3f6847c85a05243dabe5411b
引用: https://i.pinimg.com/564x/36/d1/77/36d1774f3f6847c85a05243dabe5411b.jpg

リビングをソファなしにする際にはメリットやデメリットがありますが、それでもリビングにソファーを設置する場合には、注意するポイントがあります。こちらではそんなリビングにソファーを置く際に注意するポイントを以下に紹介していきたいと思います。

狭い間取りには無理して置かない

A71de14a051da101db5badfc29d8ed0d
引用: https://i.pinimg.com/564x/a7/1d/e1/a71de14a051da101db5badfc29d8ed0d.jpg

注意する一つ目のポイントは、無理に狭い間取り置かない事が大切です。無理に置いてしまうとそれだけスペースがなくなってしまい、狭い空間で過ごさなければいけなくなってしまいます。特にワンルームの場合は、ソファーを無理しておかない事をおすすめします。

背の高い家具を置かない

D567c431bc9364db00fe3301a0feb14f
引用: https://i.pinimg.com/564x/d5/67/c4/d567c431bc9364db00fe3301a0feb14f.jpg

またソファーをリビングに置く場合は、背の高い家具を一緒に設置しない事をおすすめします。先ほどもお伝えしたようにソファなしであっても、背の高い家具があれば圧迫感を与えてしまいますが、同じリビングに背の高い家具を置いてしまうと、一気に圧迫感が出てしまうこともあります。

ラグとクッションがおすすめ

9b7088a480261d75caf548974f3dd67d
引用: https://i.pinimg.com/564x/9b/70/88/9b7088a480261d75caf548974f3dd67d.jpg

もしソファーをリビングに置かないと決めた時は、大きめのラグとクッションを置くのもおすすめです。大きめのラグとクッションがあれば、ソファーと同じようにゆったりとしたくつろげる空間を作り出すことができます。またクッションはまくら代わりにしたり、インテリアとしてもおしゃれに演出することができます。その為クッションは一つだけではなく、おしゃれなクッションを多めに置く事をおすすめします。

【リビングのソファー配置方法を画像つきで紹介】直列配置

9c09bfe319b0323b64b7453617d1f60e
引用: https://i.pinimg.com/564x/9c/09/bf/9c09bfe319b0323b64b7453617d1f60e.jpg

そんなソファーをリビングに置く際には、様々なソファー配置方法があります。その一つ目の配置方法として、直列配置があります。この画像のように直列配置は細長い空間を利用することができる配置方法となっており、リビングがコンパクトでも配置することができます。

【リビングのソファー配置方法を画像つきで紹介】L字配置

075c59785e0c62ec0094cd04e4a17dbd
引用: https://i.pinimg.com/564x/07/5c/59/075c59785e0c62ec0094cd04e4a17dbd.jpg

次のソファー配置方法には、L字配置があります。L字配置は画像のように、直列配置よりもくつろげる空間を作り出せる配置方法です。例えば画像のようにソファーとソファーの間にサイドテーブルを置いたり、一つのソファーにクッションを置いたりすると、インテリア的にもおしゃれに演出することができます。

【リビングのソファー配置方法を画像つきで紹介】対向配置

D9783c2e1611b60875cc72451170478c
引用: https://i.pinimg.com/564x/d9/78/3c/d9783c2e1611b60875cc72451170478c.jpg

次のソファー配置方法には、対向配置があります。対向配置はコミュニケーションをとりやすい配置方法となっており、相手と向き合って会話をすることができます。またこのソファー配置方法で、画像のようにクッションなどを置いたりすると、インテリア的にもおしゃれに演出することができます。

【リビングのソファー配置方法を画像つきで紹介】センターテーブルを配置する場合は?

97c066e7b30f68bde44d7e5ae5fa63f2
引用: https://i.pinimg.com/564x/97/c0/66/97c066e7b30f68bde44d7e5ae5fa63f2.jpg

ソファーと一緒にセンターテーブルを置く際には、ソファーの配置も大切ですが、そのテーブルとの距離感も重要になってきます。テーブルとの距離感が狭いと、足を伸ばすことができないないので、ソファーとの距離は50cmほどにすることをおすすめします。またセンターテーブルで食事をする場合には、低めのテーブルよりもやや高めのテーブルを選んだほうがいいと思います。

リビングにソファーを置く際には視線を考えるのも大切

8b2cb309ff02bb7c6b537434a3955681
引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/2c/b3/8b2cb309ff02bb7c6b537434a3955681.jpg

リビングにソファーを置く時には、その座った時の目線も大切なポイントになります。視線を考えずにソファーを設置してしまうと、生活しにくい空間を作り出してしまうこともあるので、視線も考えて置く必要があります。こちらではそんなソファーを置く際に、視線で注意するポイントを以下に紹介していきます。

コミュニケーションがとれるか

E777b28e8b2b43b074b2a83022b89b54
引用: https://i.pinimg.com/564x/e7/77/b2/e777b28e8b2b43b074b2a83022b89b54.jpg

先ず一つ目のポイントとして、コミュニケーションが取りやすい場所に置いているか確認する必要があります。ソファーを設置したのに、コミュニケーションが取れない視線の場所に置いてしまうと、孤独な空間を作り出してしまう事もあるのです。

テレビが見やすいか

1d5df7ed8c971cec9b01b42018d51bad
引用: https://i.pinimg.com/564x/1d/5d/f7/1d5df7ed8c971cec9b01b42018d51bad.jpg

また基本的にソファーに座った時には、テレビを見ることが多いので、テレビが見やすい視線にソファーを置くことをおすすめします。テレビが見にくい場所にソファーを置いてしまうと、ソファーでくつろぎながらテレビを見ることができなくなってしまいます。

動きやすいか

22830be4b1fe077925d7c4f463b924a2
引用: https://i.pinimg.com/564x/22/83/0b/22830be4b1fe077925d7c4f463b924a2.jpg

またソファーを置く際には、その視線だけでなく動きやすさも大切なポイントです。せっかくソファーを置いたのに動きにくいリビングになってしまえば、暮らしやすい空間とは言えないので、生活していく中では動きやすさも大切です。

周りを見渡せるか

A3917b8662256208e675617e43ee8972
引用: https://i.pinimg.com/236x/a3/91/7b/a3917b8662256208e675617e43ee8972.jpg

コミュニケーションがしやすい視線の位置だけでなく、周りを見渡せる視線の場所にソファーを置くこともおすすめです。周りを見渡せる事によって、くつろぎながらも色々な情報を収集することができるので、出来るだけ周りを見渡せる場所にソファーを置いた方がいいと思います。

窓から良く見えるか

Ba7ebb0eac922d567f993c08989b8fe3
引用: https://i.pinimg.com/564x/ba/7e/bb/ba7ebb0eac922d567f993c08989b8fe3.jpg

ソファーを置いた時に、窓から良く見えるかも意識することをおすすめします。窓から見える視線の位置にソファーを置くことによって、外の景色を楽しみながらゆったりとすることもできます。

リビングのソファーはいる?ソファなしは?画像つきで徹底解説!のまとめ

5b71afdb5c279db744accf53cd19db93
引用: https://i.pinimg.com/564x/5b/71/af/5b71afdb5c279db744accf53cd19db93.jpg

リビングのソファー配置方法やソファなしのメリットとデメリットはいかがでしたか?今ではソファーは代表的なインテリア家具ではありますが、ソファなしの生活空間でも工夫次第でゆったりとした空間を作り出すことができます。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/82/89/df/8289dfb2ae859d2fdc0b4b002d0ccd8a.jpg