Eqcc0vvn9gua2gqzyuaa

インテリア

CATEGORY | カテゴリー

寝室をおしゃれにレイアウト!6畳の部屋での布団の配置は【画像付き】

2018.07.31

寝室をおしゃれなレイアウトに!旅館やホテルのような安らぎつつもおしゃれな寝室を自宅で実現するためのレイアウトやインテリア選びのコツをご紹介します!あなたなら6畳というコンパクトな部屋で布団をどう配置しますか?画像付きでおしゃれなレイアウトを紹介します。

目次

  1. 寝室こそこだわった空間に!
  2. 寝室をおしゃれにレイアウトしよう!6畳のコンパクト空間をしっかり使うなら整理整頓!
  3. 寝室をおしゃれにレイアウトしよう!寝室が和室の場合、布団の配置をどうするか?
  4. 寝室をおしゃれにレイアウトしよう!おしゃれレイアウト①寝室としてのみ使う場合(和室編)
  5. 寝室をおしゃれにレイアウトしよう!おしゃれレイアウト②他の用途もある場合
  6. 寝室をおしゃれにレイアウトしよう!押入れの有無で変わる収納スペース
  7. 寝室をおしゃれにレイアウトしよう!壁面収納は和室にも合う!
  8. 寝室をおしゃれにレイアウトしよう!【番外】和室でも間接照明はアリ!
  9. おしゃれレイアウト(洋室編)洋室で布団を使うときのポイント!
  10. 寝室をおしゃれにレイアウトしよう!おしゃれ空間の参考に様々な本やサイトをチェック!
E55b3383332bd8c89798e99836f5f28b
引用: https://i.pinimg.com/564x/e5/5b/33/e55b3383332bd8c89798e99836f5f28b.jpg

レイアウト次第で寝心地も過ごしやすさも変わるかも

6a542ccf097521bdf8c1509247d8e458
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/54/2c/6a542ccf097521bdf8c1509247d8e458.jpg

寝る布団やベッドなどの質も大きく睡眠には影響するといわれていますが、「寝る空間」もとても睡眠には大切な要素です。寝室は寝る前にリラックスできてこそその役割を果たしているといっても過言ではなく、リラックスできる空間にぜひしておきたいところ。

落ち着いたインテリアの選択

9a4c23c4881bf318681419c57bd4e17f
引用: https://i.pinimg.com/564x/9a/4c/23/9a4c23c4881bf318681419c57bd4e17f.jpg

趣味に囲まれた空間で過ごしたい、という方も多いとは思いますが、寝る場所はその空間とできるだけ分けるのがベストです。できるだけ、身体が休まるよう、落ち着いた配色のインテリアや照明も大切であり、さらにその家具のレイアウトも大切です。できるだけ布団まわりは圧迫感のない配置にしたいところです。

関連記事

C5bc499a414c3e35767892c8bc0231ab
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/bc/49/c5bc499a414c3e35767892c8bc0231ab.jpg

寝室も別の部屋も共通で、物が少ない程レイアウトの自由さが出る

F44a7a9617d3cba81fcca2602d6be979
引用: https://i.pinimg.com/564x/f4/4a/7a/f44a7a9617d3cba81fcca2602d6be979.jpg

6畳というコンパクトな空間でありながらモノが多い空間の場合、インテリアの配置から布団の配置まで悩むことになると思います。家具の配置が電源の関係でここしか厳しい、などモノによって動かせないものが出てくると、配置する場所・レイアウトに大きな限りが出てしまいます。これは寝室に限った話ではないですが、スッキリした空間で眠りたい寝室ではなおさらの話です。

関連記事

75d4aec79b8a7bfb1e14f558ef57fdbe
引用: https://i.pinimg.com/564x/75/d4/ae/75d4aec79b8a7bfb1e14f558ef57fdbe.jpg

使用目的によってレイアウトが異なる

Be918ca5b5334efa331ffc697f86e84c
引用: https://i.pinimg.com/564x/be/91/8c/be918ca5b5334efa331ffc697f86e84c.jpg

寝室が和室の場合、こだわりたい布団の配置。6畳ほどのコンパクトな空間の場合、布団の配置でセンスが出るといっても過言ではありません。今後ご紹介しますが、ポイントとなるのが「部屋の役割」です。寝る空間という役割のみであれば注意するところも少なくなりますが、書斎などの役割などほかの役割も果たす空間であれば、レイアウトやインテリアの選択も大きく異なってきます。

1 / 4