Mnwt2p3n188vafiyhred

器具

CATEGORY | カテゴリー

腹筋ローラーで下腹部を刺激。効かせ方や効果的な鍛え方はこれ。

2018.08.03

腹筋ローラーは、その名のとおり腹筋を中心に効果的に筋肉を鍛えることができる器具です。腹筋は男性の筋肉の象徴的な部位。ぽっこり膨らんでいる下腹部は早く無くしたいですね。腹筋ローラーの下腹部への効かせ方と効果的な鍛え方を紹介します。

目次

  1. 下腹部に効果のある効かせ方・鍛え方は?
  2. 腹筋ローラーを使った下腹部に効果のある効かせ方・鍛え方
  3. 腹筋ローラーを使った下腹部に効果のある効かせ方・鍛え方の注意点
  4. 腹筋ローラー以外の方法で下腹部に効果のある効かせ方・鍛え方①:ストレートレッグレイズ
  5. 腹筋ローラー以外の方法で下腹部に効果のある効かせ方・鍛え方②:リバースクランチ
  6. 腹筋ローラーを使った下腹部の鍛え方!まとめ
5325 1
引用: https://re-style.biz/diet/wp-content/uploads/2017/07/5325-1.jpg

筋トレを行っても、なかなか効果がみられないのが、下腹部のふくらみです。下腹部についた脂肪は落とすのが難しい部位のひとつです。腹筋ローラーは、おもに、腹直筋(腹)、脊柱起立筋・広背筋(背中)、上腕三頭筋(腕)、三角筋(肩)といった上半身の筋肉に効くトレーニング器具です。通常の使い方では、腹筋では、腹直筋(腹)上部が中心に鍛えられ、下部の腹筋への効果は少なくなりがちです。

腹直筋とは?

腹筋の中心となるのが腹直筋です。お腹の上部から下部まで広い範囲に上下に広がる筋肉は、男性らしさを強調するにはもってこいの筋肉で、鍛え上げると、6つのふくらみがあらわれます。帰路い範囲にわたる筋肉なので、上部と下部それぞれに効果がある筋トレメニューを行います。腹直筋の部位の中でも下腹部は、鍛えることが難しい部位のひとつです。

腹筋ローラーを使って効果的に下腹部を鍛えるためには、使い方を工夫するのがいいアイデアです。さらに下半身を鍛えるには、他の方法をプラスすると、刺激のバリエーションが増えて効果が増すでしょう。

関連記事

Images?q=tbn:and9gcqw9lpaal36fxxa8m2 zup91fws8xr69a1mzaoogopoue nsaev9q
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQw9LPaaL36FXXA8M2_ZUp91fWS8xr69A1MzAoOGOpOUE-NSaev9Q

腹筋ローラーを使った下腹部に効果のある効かせ方・鍛え方のひとつは、膝を立てた状態で腹直筋下部を意識しながら行うトレーニングです。まず、腹筋ローラーを両手で握ります。ポールは手首が下にならないように、上からしっかりと握りましょう。膝を立てた状態で背中をまっすぐに伸ばして、腹筋ローラーを床に着きます。スタートの時点では腹筋ローラーは膝の近くに置いて静止します。このとき背中が伸びて、腹直筋下部に意識が集中していることを確認しましょう。

Ahrozo0b1g52eptzjiii
引用: https://www.instagram.com/p/BiJwhkGnKbs/?tagged=%E8%85%B9%E7%AD%8B%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

姿勢を保ちながら、腹筋ローラーをゆっくりと前に転がしていきます。腕と背中が伸びきったところで、腹直筋下部に負荷を感じながら、5秒間静止します。5秒立ったら、ゆっくりと腹筋ローラーを戻して、スタートの姿勢まで腕を戻していきます。

1/3

続きを読む