2018年04月22日 UPDATE

クローブの効能・使い方特集!ゴキブリなどの虫除けにも意味が…?

クローブって聞いたことありますか?クローブはスパイスとしての使い方だけではなく、様々な効能があることをご存知でしょうか。今回はそんなクローブがどんな効能を持っているのか、はたまた副作用はあるのかなど、使い方も含めて紹介していきます。

目次

  1. クローブってそんな効能まであるの?アロマ、ゴキブリ駆除、虫除けまで!!
  2. クローブってそもそも何?
  3. クローブの効能①胃の調子を整える
  4. クローブの効能②医学の使い方
  5. クローブの効能③メンタル
  6. クローブの使い方・効能①料理の香り
  7. クローブの使い方・効能②飲料に入れて香りつけと健康効能を!
  8. クローブの使い方・効能③アロマの効能
  9. クローブの使い方・効能④ゴキブリ、虫除け
  10. クローブの使い方・効能⑤虫歯などの痛み軽減の効能
  11. クローブの使い方・効能⑥口臭予防
  12. クローブに副作用ってあるの?どんな効果があるのかチェック!
  13. クローブの効能が発揮される注意
  14. ゴキブリ、虫除けなど、多くの効能をもたらしてくれるのがクローブ!!!

クローブってそんな効能まであるの?アロマ、ゴキブリ駆除、虫除けまで!!

Images?q=tbn:and9gcqe2w ju6ws952tkxflv7ts7wlf4fudqmb1qqpbn vfbfnv5iemda
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQE2W_JU6Ws952tKxfLV7ts7wlf4fuDQMb1qQpbn-vFbFnV5IEmDA
クローブって聞いたことありますか?おそらくカレーを作るときにスパイスの中にクローブってあったな?という感じではないでしょうか。しかし、このクローブはスパイスとしての使い方だけではなく、様々な効能があることをご存知でしょうか。あの苦手な人が多い、ゴキブリなどの虫除けの役割をしたり、アロマの役目をしたりと大活躍してくれるアイテムです。今回はそんなクローブがどんな効能を持っているのか、はたまた副作用はあるのかなど、使い方も含めて紹介していきます。
Images?q=tbn:and9gcqrclgbjjexkqnwit huymts  oqmlt0bil pgdh8xxl7wzgdrpnq
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQrcLGbJJExkQnwIt_hUymts__OQmLT0Bil_PGDh8xXl7WzgdrpnQ

クローブってそもそも何?

Images?q=tbn:and9gcrcdlo9j1kc9a8p6bootg1j3frj2hfgdvomd7fpp7b9zdupwe0
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRcdlo9J1kC9A8P6BOOtG1j3frj2HFgDvomd7fPp7b9ZDuPWE0
クローブは分類としては香辛料になります。スパイスの一種ということですよね。亜熱帯地方に生息しており、スパイスの中で特に強い香りを持っているスパイスとして知られています。しかし、このクローブにはそのような香りを持っている中にもバニラのような甘さも兼ね備えています。そのため、アロマにも使うことができるんですね。入っている成分としては、オイゲノール、カリオレフィン、メチルサリシレイト、ピネン、ケトンが入っています。ですので、副作用として抗菌防止作用などが働くようになっています。
Images?q=tbn:and9gcs aln8mtugn8q9jpmp2qibprdcn7zcphbkwpafc5btpzv9is3wqg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS-AlN8MTuGN8q9Jpmp2qIbprDcn7zcpHBkwpafc5bTPzV9is3Wqg

関連記事

クローブの効能①胃の調子を整える

Images?q=tbn:and9gctbidnnjhucd5sgqh2mntqsawa8uen2wwkk4tqmo9m1jlw29el6
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTBidnNjhucD5SGQh2MnTqSawA8Uen2wWkK4tQMO9M1JLw29el6
クローブには抗酸化作用があります。そのため、胃の調子を整えてくれる効能があります。さらに胃腸の消化を促してくれるのもこのクローブの効能です。胃腸の調子が良くなると、血行もよくなりますよね。そのため、動脈硬化や冷え性が改善されるという驚きの効果を表してくれます。
Images?q=tbn:and9gct4ozhhyjwxqorgrps3vewwowobexhcwzjlvni0wgd14fvfopvy
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT4OzHhYJwxQORGRPS3VeWWowObExhCWzJLVNi0WGd14fVfoPvY

クローブの効能②医学の使い方

Images?q=tbn:and9gctextgyrejryd16suum1woojpfhonhi8p4p1hcsctsmww acz4f
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTextgYRejryd16sUum1wOOjpfHONHi8p4p1HcScTsmWw-Acz4F
クローブの効能の一つとして、挙げられるのが鎮痛作用と、抗菌作用です。鎮痛作用を痛みを軽減してくれる作用ですよね。そのため、医療の対しても使うことができます。局部麻酔に使われることもあるのがこのクローブです。また、中国においては漢方においても使われています。医学的にも薬学としても使われています。

クローブの効能③メンタル

Images?q=tbn:and9gcsv7lyme00vpy9hjriphkmqf9cqyfj5eyuutrqr brtxidgkkw0qa
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSV7lYMe00VPY9hjRIPhKmqf9cqyFj5eYUuTRqr_bRTXIdgKkw0qA
クローブは心の安定ももたらしてくれる効能があります。クローブは、気分が落ちているときには意欲を高める成分があり、興奮しているときには気持ちを落ち着けてくれるという万能の役割をします。心の状態に対して万能に対応してくれていますよね。さらに記憶力を高めてくれる効果もあるので、勉強を行う学生にも効果を発揮してくれます。

クローブの使い方・効能①料理の香り

Images?q=tbn:and9gcsdg 58gu hdtphlgxsrrxconhdk5tnsctaje5ra7jarwm1jz2mxa
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSdG_58gu-HDtPhLgXSrrXconhDk5TnsCTAjE5ra7jarwM1jZ2mXA
クローブは強い香りを持っていることを特徴としているスパイスです。ですので、アロマに使うことができることも触れましたが有名なのはやはり、料理の香りつけではないでしょうか。肉の臭みを消すためにクローブはよく使われます。具体的な使い方としては、クローブに切り込みを入れて、肉にまぶして使うことで、香りの成分が良く出るようになります。また、肉の臭みを消すようなにおいを消す効果だけではなく、お酒に匂いを消すためにクローブを使って香りを楽しむような効果もあります。
Images?q=tbn:and9gcqbhknqwgahoz3zytj7wna0ahll3 gpeuphymejr4yppoqoklgxuw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQbhknqWgahOZ3ZyTJ7WnA0aHll3_gPEUphYmeJR4ypPoqoklGXuw

クローブの使い方・効能②飲料に入れて香りつけと健康効能を!

Images?q=tbn:and9gcro4iwpmue2fhnjhmotkeu5rzpltsaiypkbsdbhyohs01nf4jpq8w
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRO4iWpmUE2FhNJHmoTkeU5RzPlTSaiyPKBSDbHyoHS01nF4JPq8w
血行の効果があることにさきほど触れましたね。このような効能を持っているのがクローブなので、体に摂取する方法は存分に活用していきたいです。例えば、スープや紅茶に入れてみても良いでしょう。先ほどの肉の臭みを消すときと同じように、クローブに切り込みを入れて、布袋にいれます。その布袋をスープや紅茶に入れることで、抗酸化作用も伴ってクローブ活かすことができます。

クローブの使い方・効能③アロマの効能

Images?q=tbn:and9gcqrclgbjjexkqnwit huymts  oqmlt0bil pgdh8xxl7wzgdrpnq
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQrcLGbJJExkQnwIt_hUymts__OQmLT0Bil_PGDh8xXl7WzgdrpnQ
冒頭でも触れていましたが、アロマとしても使うことができるのがこのクローブの魅力の一つですよね。アロマとして楽しむには、クローブの精油を使います。その精油からの香りを楽しむことで心を落ち着かせることができるでしょう。さらにこのアロマは、ニキビや吹き出物に対して抗菌作用働く効果もあります。
Images?q=tbn:and9gcr1hhkc7lqjpvqkjhtd9oifuwjiugjvtj6vl nb8rve6wpnqcmk
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR1HHkC7LQjPVqkJhTd9OIfUWJiugjvTj6vL_Nb8RVE6wPNqCmK

クローブの使い方・効能④ゴキブリ、虫除け

Images?q=tbn:and9gctae0mngtxkwojdqmdklinw edupeejnc1ismur cigfmnymo7 ow
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTAE0mNGtXkwojDqMDkLInw-EDUPeEjnC1iSMuR_CIgfmNymO7-Ow
ゴキブリや虫除けにも役立つというのがこのクローブです。刺激的な香りはゴキブリや虫にとっては大きな天敵です。そのためゴキブリや虫除けになるんですね。シンプルなゴキブリ、虫除けとして使う場合は、スパイスで販売されているクローブをティッシュに乗せておくだけでもゴキブリ、虫除けになります。また、ヨーロッパでゴキブリ、虫除けとして扱われているものがあります。それがオレンジボマンダーです。オレンジボマンダーは香り玉のことを指してます。柑橘系のフルーツにクローブを指します。これで、オレンジボマンダーが完成なのですが、このクローブとフルーツの香りが3年も続くこともあるため、その間ゴキブリ、虫除けとして活躍してくれます。ゴキブリ、虫除けとしてもコスパを考えた時もこうした使い方が大いに役立つことでしょう。
Images?q=tbn:and9gcqc px7kmfpfqhmbs  nnfo7kvffbfjruz5rxphvtuwoiaufnyq
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQC_px7KmFpFqHmbS__nNFO7kvFFBfJrUZ5rXphVTuwOIaUfNYQ

クローブの使い方・効能⑤虫歯などの痛み軽減の効能

Images?q=tbn:and9gcq8bygmx7joe1vpakw0uy3rus7l 0d1k5peoawr33d3b4z1bovu
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ8ByGMx7JoE1vPaKW0uy3rus7L_0D1k5PeoAWr33d3b4z1bovu
虫歯による歯の痛みは非常につらいものがありますよね。そういったときもクローブを使うことで痛みを和らげてくれる効果があります。虫歯に、正露丸を詰めて歯の痛みを対策していたという昔の知恵があります。正露丸の中にクローブがあります。そのため、クローブの持つ殺菌効果と鎮痛作用を利用して、虫歯に対して使うことができるのですね。

クローブの使い方・効能⑥口臭予防

Images?q=tbn:and9gctrzog6mudxvshc3pfypw3tk6srp2dfuqlj0lpwwc ko 1x0qcs
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTrzoG6MUdxVsHC3PFypw3tK6sRp2DfUqlj0LPwWC_Ko-1x0qcS
クローブはアロマのような香りに対しては絶対的に自信がありますよね。そのため、口臭に対しても効果を発揮してくれます。唾液の分泌を促し、殺菌作用と、抗酸化作用が胃腸の調子を整えてくれます。唾液の分泌と、整腸作用だけでも口臭に働いてくれます。さらに、舌の汚れの減少に効能を表してくれるなど、様々な効果があります。
Images?q=tbn:and9gcsfrr30tuuknm k94ud85wwoxe9ercr3nb2 329ucjaa07lmot22g
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSfrR30TuuKNm-K94uD85WWoXE9ercR3NB2_329ucjAa07LmOT22g

クローブに副作用ってあるの?どんな効果があるのかチェック!

Images?q=tbn:and9gcqaqf psckudiqjkzeoghn8niu8beqtuowtor0md4phlmnepe50dq
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQAqf-pScKUDiqjKZeOgHN8NIu8BEQTUowtOr0MD4PHlmnEpe50DQ
クローブの副作用として挙げられるのが下痢、吐き気の副作用です。また、ほかには動悸や痙攣の副作用を起こす可能性があるとされています。しかし、これらの副作用は、大量摂取した場合に起こる副作用ということを覚えておきましょう。基本的な使い方をしている場合は副作用が起こるほどのクローブを摂取することはないと考えて大丈夫かと思われます。ちなみにパウダー状のものを15g、一度の摂取すると、大量摂取に入ってきます。おそらく、普段料理をするときでもそれだけの量を使うことはないと考えられるので、副作用が起こることは考えにくいと思われます。

クローブの効能が発揮される注意

クローブは使うときの注意点を基本的なものも含めて紹介しておきます。まずはしっかりと天然由来であるかどうかに注意しましょう。オイルの香り付けをされただけの100円ショップのものでは、効能や香りの効果を期待することができないこともあります。また、幼児やアレルギーの方には扱わないようにしてください。これは念のための注意点です。クローブの安全性が100%確証されていないため、健康障害を起こす可能性を考慮したときに、危険性がある方にはクローブを使わないほうがよいでしょう。

関連記事

ゴキブリ、虫除けなど、多くの効能をもたらしてくれるのがクローブ!!!

Images?q=tbn:and9gcr5ekfjba7h3of2hysjwcpol8tum ufhex1teveyrpe1yopwzib
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR5EkfjbA7h3Of2HYSjWcpOL8TUm-uFhEX1tEVEYrPE1YoPwZIB
クローブは、スパイスとしてかなりの効果をもたらしてくれるものですよね。ゴキブリ、虫除けは特にゴキブリなどが嫌いな人にとっては強い味方になってくれますよね。また、アロマとしても使うことができるため、香りで自分の気持ちを整えながら、ゴキブリや虫除けに使うなどのハイブリッドな使い方ができますよね。また、大量摂取をしない前提ですが、副作用がないのも大きなポイントですよね。これだけ効能をもたらしてくれるアイテムは、副作用を持ちがちですが、このクローブは心配しなくていいため、使うことができる範囲で存分に使用していくことをおすすめします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTXy65uKdoEn_AkJBZ3u0mnemAlWeP4eXzob00bgc7HQSS0vSKT