Vvstai9tazckcmbaik5x

トレーニング

CATEGORY | カテゴリー

サーフィン用筋トレがある!自宅やジムでのおすすめトレーニング方法!

2018.04.22

サーフィンは沖に出て波に乗り、帰りはまた陸地に戻っていくスポーツです。その際に使う筋肉もサーフィンならではといったところでサーフィン向けの筋トレもあることをご存知でしょうか。今回はサーフィン向けの筋トレ方法に焦点を当てて紹介します。

目次

  1. サーフィン用の筋トレ!水泳や自宅・ジムで行うトレーニング方法
  2. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレで鍛えるべき部位はパドリングで使う部分を!
  3. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!パドリングに使う筋肉「上腕三頭筋」
  4. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!パドリングに使う筋肉「三角筋」
  5. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!パドリングに使う筋肉「脊柱起立筋」
  6. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!パドリング力を上げるなら「水泳」
  7. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!パドリング力を上げるなら「水の中で立ち歩き水泳」
  8. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!パドリング力を上げるなら「チューブを使ったパドリングトレーニング」
  9. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!パドリング力を上げるなら「バランスボール」
  10. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!パドリング力だけでなく足も鍛えよう
  11. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!足には「スクワット」
  12. 自宅・ジムで行うサーフィンの筋トレ!足には「バランスボード」
  13. サーフィン用の筋トレならランニングなど持久力を上げる訓練も
  14. サーフィン用の筋トレ方法解説でした!
X1ollc9drjaihhkwyxom
引用: https://www.instagram.com/p/Bh1H5mWgVCD/?tagged=%E7%AD%8B%E3%83%88%E3%83%AC

海で波に乗るシンプルなスポーツであるサーフィンは見た目以上に過酷さを伴うスポーツとして知られています。慣れると楽しいスポーツですが、自宅・ジム用の筋トレーニングをしていなければすぐに疲労したりしてしまうものです。

またやり方を間違えたり無理をすると水泳が出来ずに息を吸えずそのまま亡くなってしまうなんてケースも・・・。

そんな過酷なイメージのあるサーフィンですが、実は自宅・ジムで行えるサーフィン用の筋力トレーニングがあることをご存知でしょうか。

今回はそんな自宅やジムで行える筋力トレーニングやサーフィンで大切な筋肉などを解説します。水泳やチューブを使ったトレーニングなどをしてサーフィンの体つくりをしましょう。

Q3bj7xjjgfvsejcy1cvk
引用: https://www.instagram.com/p/BhStxJfg6f8/?tagged=%E3%83%91%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

サーフィンは波に乗ることを楽しみとするスポーツですが、実は波に乗る時間以上に長い間しなければならないのが沖に出たり陸に上がりたいときにする「パドリング」という動作です。

このパドリングはサーフィンをするなら絶対に必要な動作であり、トレーニングすることでサーフィンを有意義に行うことが出来るようになります。

そんなパドリング力をつけることがサーフィンで疲労を抑えて楽しむコツということで、パドリングに使う筋力をトレーニングしていきましょう。

両腕の中でも肘から方にかけてある筋肉で二の腕を構成することになるのが上腕三頭筋です。パドリングでは両手を前に突き出して後ろ側に水をかきだすような動きをするわけですが、そのときに上腕三頭筋が刺激を受けます。

つまり上腕三頭筋こそパドリング力に直結する部分と言え、鍛えてなければすぐにバテて動きが滞ってしまう大切な部分です。

実際に腕を上げて水を背中側にかきだすような動作を繰り返し行ってみてください。恐らく二の腕部分が披露してくることがわかると思います。

風を切るだけでも疲労してくるわけですから水中でその動作を行えば疲れるのが当たり前ということがおわかりいただけるはずです。

肩当たりの筋肉を構成しているのが三角筋です。パドリングでいうと後ろに水をかいた後に再び前に腕を戻す動作をするときにちょうど使うことになります。

1 / 4