2018年05月12日 UPDATE

白のインテリアで清潔感のある部屋に!気を付けるべきポイントは?

すっきり清潔感があり、圧迫感が少なく、狭い部屋にもおすすめしたいのが白のインテリア。気持ちを明るくポジティブにしてくれる白のインテリアを、ポイントを押さえて上手に取り入れられたら、あなたの部屋をもっとおしゃれにコーディネートできるかもしれません!

目次

  1. 大人気!白のインテリア。
  2. インテリアに迷ったら白を選ぼう
  3. 【白のインテリア】知っておこう!メリットとデメリット
  4. 【白のインテリア】メリット①.清潔感がある
  5. 【白のインテリア】メリット②.部屋を広く軽く感じさせる
  6. 【白のインテリア】メリット③.オールシーズン対応
  7. 【白のインテリア】メリット④.ホコリが目立ちにくい
  8. 【白のインテリア】メリット⑤.他の色のインテリアを目立たせる
  9. 【白のインテリア】デメリット①.落ち着きにくい
  10. 【白のインテリア】デメリット②.疲れさせる
  11. 【白のインテリア】デメリット③.汚れが目立ちやすい
  12. 【白のインテリア】コーディネートのコツ
  13. 【白のインテリア】コーディネートのコツ①.部屋に光はどれくらい入ってくるか
  14. 【白のインテリア】コーディネートのコツ②.すべて白で統一しない
  15. 【白のインテリア】コーディネートのコツ③.ナチュラルな家具を取り入れよう
  16. 【まとめ】白のインテリアは程よく取り入れて、おしゃれな部屋を楽しんで!

大人気!白のインテリア。

Rabhf2mzkwc9eygijk5r
引用: https://www.instagram.com/p/BinHCGiHyaS/?tagged=whiteroom
部屋のインテリアで高い人気を誇る色といえば白。神聖で新鮮さがあり、「新しさ」や「始まり」を感じさせますよね。今回は白のインテリアを部屋のコーディネートに取り入れる際に参考にして欲しいポイントを解説いたします。

インテリアに迷ったら白を選ぼう

Onwdrmkz0bmlonuabjhn
引用: https://www.instagram.com/p/BimrLN2g6Ds/?tagged=whiteroom
白のインテリアはおしゃれで華やかで部屋を綺麗に明るく見せるだけではなく、気持ちをポジティブに変えてくれる効果もあると言われています。「インテリアを変えたいな」と迷った時、または「部屋をおしゃれにコーディネートしたいな」という時は白のインテリアを選びましょう。「落ち込んだ気持ちをパッとさせたい」なんて時にもおすすめですよ。

関連記事

【白のインテリア】知っておこう!メリットとデメリット

Mqvdia6kn1cby1z6bnen
引用: https://www.instagram.com/p/BimfhZ5AjIQ/?tagged=whiteroom
白のインテリアは部屋を広く清潔に見せる効果があります。しかし「白」の取り入れ方を間違うと落ち着かず、なんだか疲れを感じやすい部屋になってしまうかもしれません。白のインテリアの特徴とポイントを押さえて、これまでとは違った印象の、あなたらしい素敵空間を作りましょう。

【白のインテリア】メリット①.清潔感がある

R5sqwpl7fgf7fvnbo38f
引用: https://www.instagram.com/p/BilsY7iBYD5/?tagged=whiteroom
汚れが付いていない綺麗な白のインテリアは清潔感があります。清潔感を保ちたいサニタリールームやベッドルーム、お手洗いなどのインテリアにおすすめです。

白のインテリアは掃除しやすいものを

Gpaznptjkohxlrwkuuda
引用: https://www.instagram.com/p/Bhq6XuFgOtm/?tagged=whiteroom
白のインテリアは汚れを目立たせるので、「清潔に保とう」という気持ちをキープしやすく、こまめに掃除する習慣を身につけることも期待できますね。そのために、汚れをサッと拭き取ることが容易にできる素材のインテリアを選ぶのもおすすめポイントの1つです。

【白のインテリア】メリット②.部屋を広く軽く感じさせる

Fxql2gh3s61xhtgpb5sj
引用: https://www.instagram.com/p/BihZVRyDC-m/?tagged=whiteroom
膨張色である白は、部屋を広く、そして軽く感じさせる効果があります。

白のインテリアは部屋を広く感じさせる

Rjl6tocphyygryjmbo9j
引用: https://www.instagram.com/p/BimTmxdlZax/?tagged=whiteroom
部屋のリフォームをする場合、壁紙や床、手すりや梁などを白にすると部屋全体が広く感じることができます。白は膨張色で光を反射し、明るく開放的な輝きを放ちます。簡単にリフォームなどはできないと思うので、お部屋のちょっとしたインテリアを白に変えていきながら、空間の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。床、壁、天井の順番で白を増やしていけば、より開放的な空間を演出することができますよ。

白のインテリアは部屋を軽く感じさせる

Bu868lxoca7zuuxx8ihf
引用: https://www.instagram.com/p/Bim4QDPBZGH/?tagged=whiteroom
部屋に白のインテリアを取り入れると、部屋全体が軽く感じられてスタイリッシュになります。広くない部屋に開放感をプラスさせたい時は、棚やソファなどを白にすると効果的ですよ。

【白のインテリア】メリット③.オールシーズン対応

R8gvweplenyp1aefuga0
引用: https://www.instagram.com/p/Bil9qgcBlAW/?tagged=whiteroom
季節によって、おすすめの色が存在します。例えば、青は涼しさを感じさせる色なので夏向け。逆に赤やオレンジは温かさを感じさせるので冬向け。しかし白は季節を問わず、オールシーズン対応できる幅広さを持っています。白は白でも、黄色寄りの白もあれば青よりの白もあります。白のバリエーションを上手に取り入れて、表情豊かな部屋のコーディネートを目指しましょう。

【白のインテリア】メリット④.ホコリが目立ちにくい

J7lqkhb0krrk1sg4s6sg
引用: https://www.instagram.com/p/Bilp4sWlxWd/?tagged=whiteroom
白いインテリアは光を反射するので、部屋を明るく華やかにする効果があるだけでなく、ホコリを目立たせないというメリットがあります。逆に髪の毛や黒っぽいホコリやゴミは目立ちやすいので、来客時には注意するべきポイントです。

【白のインテリア】メリット⑤.他の色のインテリアを目立たせる

P0ikgl2fzxtmr7nl5hjn
引用: https://www.instagram.com/p/BilWzUaH-Ix/?tagged=whiteroom
白をメインに部屋をコーディネートすると圧迫感を与えず、部屋を広く感じさせることができますが、どことなく殺風景に感じることもあるかもしれません。そんな時は観葉植物や白以外の置物、照明などを取り入れましょう。白のインテリアは他の色のインテリアを目立たせる効果があり、部屋のおしゃれを演出することが可能です。

【白のインテリア】デメリット①.落ち着きにくい

Zuuiichyqlrujpx5nrq8
引用: https://www.instagram.com/p/BilIbVSnqEy/?tagged=whiteroom
部屋を明るく、すっきりとした空間に見せてくれる白のインテリア。しかし日当たりの良い部屋に白のインテリアを多用しすぎると、日光を反射して眩しすぎると感じることがあるかもしれません。大きな窓と日当たりが魅力のリビングなどでは、逆に落ち着かなくなることがあるので注意が必要です。

【白のインテリア】デメリット②.疲れさせる

T5ghee2svzbspe0xk1wh
引用: https://www.instagram.com/p/BikBArOnWEC/?tagged=whiteroom
白のインテリアは明るく開放的で、清潔感があるので人気ですが、人を疲れさせるというデメリットがあります。白は反射色で、光の反射率は80パーセント近くあると言われています。部屋のコーディネートにおいて、壁や天井、その他の家具などをすべて白に統一してしまうと、光を反射しすぎて無機質でネガティブな気分にさせられることもあります。

体調に悪影響を及ぼすことも

Fayv9mwkbrgndwuqeqn9
引用: https://www.instagram.com/p/BeZwgbVnjbW/?tagged=%E6%97%A5%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A%E8%89%AF%E5%A5%BD
白のインテリアによる光の反射によっては、頭痛やイライラ、目の疲れを引き起こす場合mあるのだとか。白のインテリアはおしゃれでおすすめですが、使いすぎないように注意するのがポイントです。

汚してはいけない!というプレッシャー

V0ptcj36jdsila4h8drh
引用: https://www.instagram.com/p/BijNpYJB_pg/?tagged=whiteroom
汚れのない白のインテリアは美しく清潔感があるので、「汚してはいけない!」という意識が強まります。それが原因でよけいに疲れてしまう、といったケースもあるのだとか。白のインテリアを部屋のコーディネートに取り入れる時は、あまり神経質にならないようにしたいですね。

【白のインテリア】デメリット③.汚れが目立ちやすい

Pk19ho6u31yy5ehrnnmv
引用: https://www.instagram.com/p/BigdczpDlJA/?tagged=whiteroom
白のインテリアは汚れがつきやすく、特に手垢には要注意です。

手垢の汚れにはクレンザーを使って

T0hrw2ef7bn29iytgbom
引用: https://www.instagram.com/p/BhNxq-FlkU-/?tagged=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%BC
白のインテリアについた手垢は水拭きだけではなかなか取れにくいもの。そんな時はクリームクレンザーを使うと、比較的簡単に汚れを落とすことができるそうですよ。

【白のインテリア】コーディネートのコツ

Skkefmnqrrfy5kpqfgws
引用: https://www.instagram.com/p/BijJj_cgnWu/?tagged=whiteroom
白のインテリアにあるメリットとデメリットをお伝えしました。これからは、白のインテリアで部屋をよりおしゃれにコーディネートするためのコツをお伝えします。

【白のインテリア】コーディネートのコツ①.部屋に光はどれくらい入ってくるか

Lc9c99w6lfwphlzba4nq
引用: https://www.instagram.com/p/BiWTCEFH1fe/?tagged=%E6%97%A5%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A%E8%89%AF%E5%A5%BD
壁や床が白い場合、その部屋にはどれくらいの光が差し込んでくるかを確認するのがポイントです。窓が多く、光がたっぷり入ってくる部屋はそれだけで眩しいはず。眩しさを感じる部屋に白のインテリアを多用するとリラックスすることが難しくなる場合があるので注意が必要です。

アイボリーやオフホワイトがおすすめ

Rybcznumnmfxwn7kd2ad
引用: https://www.instagram.com/p/Bii7KWzl4xi/?tagged=whiteroom
鮮やかできらびやかな白よりは、黄色っぽいアイボリーや、限りなく白に近いグレーといったオフホワイト系のインテリアでコーディネートするのと、眩しさを軽減させることができます。それだけで目や脳に刺激を与えすぎることがないので、意識してみましょう。

【白のインテリア】コーディネートのコツ②.すべて白で統一しない

Qv35dvfaqwnoaa42thin
引用: https://www.instagram.com/p/Bii8j2bhLQh/?tagged=whiteroom
部屋のインテリアをすべて白に統一するのはおすすめしません。白以外の色を取り入れる方が、より一層「白」を際立たせることができるからです。ラグやカーペット、カーテンや照明などには落ち着いたブラウン系や深みのあるグリーン系の色を取り入れると効果的。明るく清潔で開放的な白のインテリアが目立ち、それでいて落ち着きを感じることができるようになるでしょう。

白で統一するインテリアコーデはハードルが高い

Qgg0u4acfueylzpmzf6a
引用: https://www.instagram.com/p/Binm1MPHG93/?tagged=whiteroom
おしゃれだからと言って、白のインテリアを多用してもなかなかおしゃれになりません。奥が深く、難しいものです。もし、どうしても白のインテリアで統一させたい場合は、プロのインテリアコーディネーターに相談することをおすすめします。

【白のインテリア】コーディネートのコツ③.ナチュラルな家具を取り入れよう

Kmbfmdm6ih2u6lwjnwy9
引用: https://www.instagram.com/p/BiijYm2hVcy/?tagged=whiteroom
古い家をリフォームした時も、新築の賃貸マンションに引っ越した時も、白のインテリアは部屋をおしゃれにするアイテムとして活躍してくれるはず。レトロな建物にも今っぽいお部屋にも白のインテリアを効果的に見せるには、ナチュラルな家具を取り入れると良いでしょう。白のインテリアをメインにコーディネートされた部屋にナチュラルな家具があるだけで、かなりおしゃれな部屋を演出することができるはずです。

関連記事

【まとめ】白のインテリアは程よく取り入れて、おしゃれな部屋を楽しんで!

白のインテリアでの部屋コーディネートは簡単そうで奥が深いもの。だからこそ楽しい白のインテリアコーデ!ぜひこの記事を参考に、自分らしい「ずっといたくなる部屋」を作り上げてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bil2lB6FqdV/?tagged=whiteroom