Oziv2ywbmtyjzbu3tpvg

雑貨

CATEGORY | カテゴリー

ナイロンとポリエステルの素材の違いとは?特徴や洗濯方法を紹介!

2018.04.19

皆さんはナイロンとポリエステルの素材の違いをご存知ですか?新しい服を購入した際に選択するとき確認する方も多いと思いますが、ポリエステルとナイロンにはそれぞれ違い・特徴が存在します。今回はそのナイロンとポリエステルの素材の違いについてご紹介します。

目次

  1. ナイロンとポリエステルの素材の違いってあるの?
  2. ナイロン素材とは?
  3. ポリエステル素材とは?
  4. 【強度】素材「ナイロン」と「ポリエステル」の違い・特徴
  5. 【見た目】素材「ナイロン」と「ポリエステル」の違い・特徴
  6. 【洗濯方法】素材「ナイロン」と「ポリエステル」の違い・特徴
  7. 【吸汗性】素材「ナイロン」と「ポリエステル」の違い・特徴
  8. 【耐熱性】素材「ナイロン」と「ポリエステル」の違い・特徴
  9. 【伸縮性】素材「ナイロン」と「ポリエステル」の違い・特徴
  10. 【速乾性】素材「ナイロン」と「ポリエステル」の違い・特徴
  11. 【まとめ】用途に合わせて優れたものを選択するのが好ましい!
Article 000550
引用: http://shinshinyan.mods.jp/LP1/wp-content/uploads/2017/02/article_000550.jpg

ナイロンとポリエステルといえば、なんとなく違いが存在するように感じる方も多いと思いますが、明確な特徴、違いをご存知ですか?ナイロン生地やポリエステル生地は服や小物などに使われることが多く、ナイロンとポリエステルが合わさった生地もありますよね。今回はそのようなナイロンとポリエステルの違いについてご紹介していきたいと思います。

N02b
引用: http://gigaplus.makeshop.jp/cottonholly/itemimg/n02b.jpg

まず最初はナイロン素材についてご紹介したいと思います。ナイロン素材はアメリカの会社が1935年に開発した合成繊維となっています。ナイロンは万能性に優れており、撥水性が高いものが多く、日常的に使うものでナイロン素材の物は非常に多いです。ただし、熱に弱く、黄変しやすいという欠点が存在します。

Tn mrk 39972 001
引用: https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/image.rakuten.co.jp/rcmd/cabinet/tn03/tn-mrk-39972-001.jpg

ナイロン素材は上記の画像のようなどちらかというと小物などによく使われることが多いです。特にリュックやバッグにナイロン素材が採用されることが多く、先ほども少し触れたように撥水性が高いところが大きな魅力となっています。

0 0fc481b148f8e5b83f25c648f4d1ddd3 583x585
引用: https://media-01.creema.net/user/208150/exhibits/2580273/0_0fc481b148f8e5b83f25c648f4d1ddd3_583x585.jpg

次にご紹介するのはポリエステル素材です。ポリエステル素材もナイロンと同様に最近特に使われる頻度が高くなっているのですが、丈夫で扱いやすいと好評です。ポリエステル素材は1941年に開発された合成繊維なのですが、耐久性に長けていることからどのような素材としても使いやすいのが魅力とされています。

5088 5600 720x340
引用: https://tplant848.com/blog/wp-content/uploads/2015/09/5088_5600-720x340.jpg

ポリエステル素材は上記の画像のようなTシャツなどにも最近ではよく使用されています。ポリエステル素材は繊維だけで言うと世界で最も生産量が多い素材とされており、多種多様と様々な場面で使われます。大量に作られることから価格もリーズナブルなものが多いのも魅力の一つと言えます。

関連記事

45bc028c s
引用: http://monomax.tkj.jp/blogimg/tkj_monomax/imgs/4/5/45bc028c-s.jpg

次は実際に具体的に素材の違いについてご紹介したいと思います。上記の画像はナイロン素材の画像です。ナイロンはしっかりとした素材でできている印象が強いと思いますが、引張強さという点で見るとナイロン素材はポリエステル素材よりも優れているとされています。引っ張る力に対して強いので、何かに引っかかっても破けにくいのが特徴的です。

1 / 4